応用化学は、化学を基礎として、環境や生命に調和した新物質の創造や実用技術への応用を見いだす学問です。私たちを取り巻く自然界や社会は、さまざまな物質で成り立っています。応用化学科では、私たちの豊かな生活を持続可能のものとするため、物質の本質を正しく理解し、活用し、制御するための新たな人類の知恵の獲得を目指して、研究と教育に邁進しています。

応用化学科の3つの特徴

化学の基礎と応用を重視し、幅広い分野を学ぶ

化学の「基礎」と「応用」の両方を重視し、物理化学、無機化学、分析化学、材料化学、化学工学、環境工学、有機化学、高分子化学、分子生物学、生物化学などの、化学の幅広い分野・領域にわたる教育を行っています。化学の知識と技術が求められる、医療技術の開発、地球環境やエネルギー問題を解決し、明るい未来を建設するための課題に取り組む地力を身につけます。

人類の未来に貢献できる人材を育成

応用化学科では、化学の基礎と応用の両方を大切にしながら、幅広い化学の分野をカバーした研究と教育を推進しています。高い専門性を有しながら、広い視野に立って自分で考え、問題を提起し、それを解決できる柔軟で創造的な思考を持った研究者や技術者、同時にグローバルに活躍することで人類の未来に貢献できる人材を育成しています。

密で幅広いカリキュラムと実験を主体とした研究教育

化学を応用した分野を網羅した、密で幅広いカリキュラムを学習します。海外サマースクール参加を視野に入れた第3学年実験の4学期化や、インターンシップ活動の積極的評価を実施しています。第4学年で所属する研究室では、多様な分野の研究を展開。実社会で通用する知識と知恵を兼ね備えた研究者・技術者の育成を目指し、実験を主体にした研究教育を行っています。

応用化学科での学び方

豊かな未来社会の創出を目指す新しいマテリアルの研究者を育成

豊かな未来社会の創出を目指す新しいマテリアルの研究者を育成

ものづくりの基礎新たな時代のマテリアルデザイナーとしての基礎能力を身につけることができる分野の研究を行っています。人類の文明は新たなマテリアルの出現によって発展してきたといっても過言ではなく、人類の未来の行方にも新たなマテリアルの開発は大きな影響力を持っています。環境や自然と調和した豊かな人間生活をもたらすマテリアルの創出を目指します。

最先端の生物学や医学に資する研究者を育成

最先端の生物学や医学に資する研究者を育成

化学を重視しながら、最先端の生物学や医学に挑戦する研究者を育成します。細胞の機能と構造の解明、生命と有機化学を結びつけた生体機能分子の創製と化学の新しい潮流の創成、エコマテリアル(分解性ポリマー)の創製、バイオマテリアルの創製と生体組織工学へ展開する分野の研究をしています。新しい生命科学の創成には、分子レベルで生命現象を解明・制御する化学が必要です。

自然現象や生物現象を解明する有機化学の基礎を学ぶ

自然現象や生物現象を解明する有機化学の基礎を学ぶ

分子レベルでの自然現象の解明や、生理活性物質を合成するためのスキルや知恵を学ぶ機会を提供します。ユニークな生物現象がなぜ起こるのか、なぜ病気になるのか、なぜ薬で病気が治るのか、環境に優しく高い機能を持った材料は何か、生き物の生活を安全で豊かにする方法は何か、といった諸問題に対処するためには、有機化学についての基本的な知識が不可欠です。

地球環境の視点から幅広い分野に化学を応用する力を養成

地球環境の視点から幅広い分野に化学を応用する力を養成

グローバルな視点から地球環境システムを考える力を養い、持続可能な発展と環境保全を考慮したグリーン・サステイナブルケミストリーを視野に入れた技術者を育てます。地球環境の保全や将来を考える環境化学、化学物質が持つ優れた機能を利用した分析化学、豊かな生活を支える物質生産やエネルギー有効利用を担うプロセス工学を学びます。

在学生インタビュー Interview

昔から大好きだった化学。
毎日の研究を通して学んだこと、身につけたことが今とこれからの力となる。

詳しく見る

学習・教育目標

応用化学科は、化学の考え方を基本とし、様々な分野でリーダーシップのとれる人材、すなわち広い視野に立って自分で考え、問題を提起し、それを解決できる柔軟で独創的な思考を持った人材の育成を目標としています。

研究分野

  • マテリアルデザイン

 人類の文明は新たなマテリアルの出現によって発展してきたといっても過言ではありません。快適な生活を支えるエレクトロニクス、自動車などを代表とする工業製品はもとより、医療、エネルギー・環境技術など、それらのすべてにマテリアルは関わっています。そしてこれからの人類の未来の行方にも、新たなマテリアルの開発は大きな影響力を持っています。環境や自然と調和した豊かな人間生活をもたらすマテリアルの創出、それがマテリアルデザインです。この研究分野では、ものづくりの基礎、新たな時代のマテリアルデザイナーとしての基礎能力を身につけることができます。

  • 環境・分析・プロセス工学

 産業の急激な拡大をもたらした20世紀に代わり、21世紀は環境との調和を考慮した科学技術の展開が望まれています。地球環境の保全や将来を考える環境化学、化学物質が持つ優れた機能を利用した分析化学、そして豊かな生活を支える物質生産やエネルギー有効利用を担うプロセス工学。こうした知識を用いて、グローバルな視点から地球環境システムを考える力を養います。この研究分野では、新材料の創製と新技術の開発、反応メカニズムの探求などと共に、持続可能な発展と環境保全を考慮したグリーン・サステイナブルケミストリーを視野に入れた技術者を育てます。

  • オーガニックサイエンス

 自然にはたくさんの有機化合物が存在しています。生物のからだも主に有機化合物からなり、衣食住にも有機化合物が大変重要な役割を果たしています。ユニークな生物現象がなぜ起こるのか、なぜ病気になったり薬を飲めば病気が治ったりするのか、環境に優しく高い機能を持った材料は何か、生き物の生活を安全で豊かにする方法は何か、といった諸問題に対処できるようになるためには、有機化学についての基本的な知識が不可欠です。この研究分野では、他の分野とも深く関わり合いながら、分子レベルで自然環境や自然現象を解き明かすためのスキルと知恵を学ぶ機会を提供します。

  • バイオサイエンス

 今後の新しい生命科学の創生には、これまでの生物学や分子生物学に加えて、分子レベルで生命現象を解明・制御する化学が不可欠になってきています。そのため、化学から生物学へと展開するケミカルバイオロジーの知識が重要です。この研究分野では、細胞の機能と構造、さらには、生命と有機化学や無機化学と結びつけた化学の新しい潮流について学びます。また、生体関連物質、バイオマテリアル、エコマテリアルなどのデザインや再生生物学に関連する分野も取り上げます。化学を重視しながら、最先端の生物学や医学に接することがこの研究分野の大きな特徴です。

進路

最も歴史が長い学科なのでOBはすでに5,000人を超えています。卒業生の8割以上が大学院に進学し、より専門的な教育を受け、本格的な研究を行っています。就職状況も良好で、幅広い業種で活躍しています。

研究室

化学工学研究室

化学工学をベースとした微細な泡(ファインバブル)や微小反応器(マイクロリアクター)の基礎と応用について研究しています。

ファインバブルサイエンス、液滴、マイクロリアクター、CFD、化学工学

詳しく見る

環境化学研究室

化学に立脚した実験や理論的考察及び解析により地球環境の実態を明らかにし、環境問題の解決・対策に貢献することを目指します。

環境化学、地球環境動態、環境計測保全技術、大気化学、微粒子工学

詳しく見る

機能材料デザイン研究室

ユニークな液相合成技術を活用して0次元や2次元の形態を有するナノサイズの発光材料(蛍光体)を研究しています。

マテリアルサイエンス、コロイド化学、ナノ発光材料設計

詳しく見る

高分子化学研究室

自然のものづくりからヒントを得て、バイオ・医療、化粧品、食品、環境分野に向けた高分子マテリアルの創製に取り組んでいます。

分子化学、バイオマテリアル、ドラッグデリバリー、バイオミメティック、微粒子材料、高分子ゲル、有機無機ハイブリッド

詳しく見る

材料化学研究室

バイオミネラルに学び、ナノ~マクロでトータルにデザインされた、エネルギー・環境・生体に関連した機能材料を創製します。

生体模倣、結晶成長、ナノテクノロジー、自己組織化、高分子材料、低次元材料

詳しく見る

生物化学研究室

生化学を基本に、タンパク質の糖鎖修飾の解析、生理活性物質の標的同定、血管擬態の解明などを目的に研究しています。

生化学、糖質科学、生理活性物質、細胞培養、がん細胞学

詳しく見る

電気化学研究室

イオンのみからなるイオン液体を中心に、化学エネルギーと電気エネルギーを相互変換する電気化学分野の研究を展開しています。

電気化学、エネルギー貯蔵・変換

詳しく見る

天然物有機化学研究室

有機化合物の構造や反応に根ざした生物現象の解明、分子構造や生物活性が特徴的な天然有機化合物の合成に取り組んでいます。

有機化学、生物現象解明、天然物化学、有機合成

詳しく見る

分子生命化学研究室

人工生体機能分子の分子設計と細胞機能制御、有用生物活性物質の合成と開発、および環境調和型反応の開発と応用を行っています。

分子生命化学、ケミカルバイオロジー、有機合成化学、糖質科学、生体機能分子、環境調和型物質変換反応

詳しく見る

分子有機化学研究室

生物活性物質(例:抗がん剤)の人工合成など、有機合成化学を駆使したナノスケールのものづくりに取り組んでいます。

有機合成化学、計算化学、天然物化学

詳しく見る

分析化学研究室

医療、環境、食品、バイオ分野への応用を目指した新規バイオ・化学センサーの研究開発に取り組んでいます。

分析化学、化学物質センシング、医療・環境計測

詳しく見る

無機構造科学研究室

多種多様な無機合成化学に基づいて、ユニークな構造や革新的な機能を有するセラミックス材料の創製を目指しています。

機能性セラミックス、電子材料、光学材料、エネルギー変換材料、構造・物性制御

詳しく見る

有機機能材料化学研究室

パイ共役分子を中心に分子でつくる磁石、動く結晶、光る分子などの設計・合成・機能評価に取り組んでいます。

分子磁性、ラジカルの化学、錯体化学、クリスタルエンジニアリング、構造解析、分子軌道計算

詳しく見る

有機合成化学研究室

有用な生物活性や新しい骨格を有する天然有機化合物の全合成研究を,新しい合成反応の開発とともに行っています。

有機合成化学、天然物合成化学、有機反応化学

詳しく見る

有機物質化学研究室

生命体に発生しているのと同様なダイナミズム(動的挙動)を自発的に発生する非平衡な有機化学システムを研究しています。

非平衡系の自己組織化、自発的ダイナミズム、有機化学システム

詳しく見る

ナビゲーションの始まり