進学のステップ

「学門」別入学

  • 「学門」とは“学びの庭への入口”といった意味が込められた言葉です。
  • 5つの「学門」が設置されており、入試出願の時点でいずれかの「学門」を選択します。
  • 入学当初から学科に所属するのではなく、おおまかな「学門」というくくりの中で自分の関心領域を徐々に絞り込んでいけるようにするのが狙いです。
  • 各学門から進級できる学科については次の「学科選択」をご覧ください。

学科選択

  • 2学年に進級する時に学科を選択します。
  • 各学門から進級できる学科については以下の通りです。

学門1

物理学科 (20%)
物理情報工学科 (50%)
電子工学科 (20%)
機械工学科 (10%)

学門2

数理科学科 (35%)
管理工学科 (50%)
情報工学科 (15%)

学門3

化学科 (20%)
応用化学科 (55%)
生命情報学科 (15%)
物理情報工学科 (10%)

学門4

機械工学科 (50%)
システムデザイン工学科 (30%)
管理工学科 (10%)
応用化学科 (10%)

学門5

情報工学科 (35%)
電子工学科 (30%)
システムデザイン工学科 (25%)
生命情報学科 (10%)

  • 学科選択については原則的に本人の希望が優先されますが、定員を超えた場合は1学年の成績を基準に選考されます。
  • 希望学科調査に先立ち、学科説明会や見学会等じっくり検討する機会が設けられています。
  • 「どんな学科があるのか」については 各学科の紹介ページ をご覧ください。

日吉キャンパスから矢上キャンパスへ

  • 3学年に進級する時に学生生活の拠点を他学部と共存する日吉キャンパスから、理工学部だけの矢上キャンパスへと移します。
  • 各学科の専門科目が始まり、本格的な専門知識を修得します。
  • 内外の著名な学者や企業の第一線にたつ研究者・技術者による多数の特別講義も行なわれます。
  • 希望すれば大学院の設置科目も履修することが可能です。(4学年から)

飛び級入学

  • 第3学年修了後に修士課程に進むことが可能です。
  • 学部入学~後期博士課程修了までを最短6年で終えることが可能です。

研究室配属

  • 4学年に進級する時に所属する研究室を選択します。
  • 活動の舞台が「講義の場」から「研究の場」へと変わり、内容も「学ぶ作業から」「創造する作業」へと変化します。
  • 指導教員と共に研究活動に参加し、この研究室を拠点として「卒業研究」に取り組みます。
  • 「どんな研究室があるか」については教員プロフィールをご覧ください。

卒業

  • 学則に定められた合計138単位以上を取得した者を卒業とします。
  • 理工学部を卒業した学生の7割近くが大学院(修士課程)へ進学しています。
  • その進学者のほとんどが本学理工学研究科に進学しています。
  • 学部・大学院の卒業者の半数近い学生が大学の推薦制度を利用して就職し、就職率は毎年100%近くに達します。
  • 主な就職先については進路・資格をご覧ください。

ナビゲーションの始まり