管理工学とはさまざまな技術を統合し、人間の諸活動を含めたシステム全体の設計やコントロール、新たな管理技法の開発などを目指す理論および技術体系です。管理工学科では、経済学や心理学なども含めた学科目を幅広く設置し学生の視野を広げるとともに、複雑な現実社会の中から問題点を抽出し、解決を図る能力を持つ技術者の養成を心がけています。

管理工学科の3つの特徴

管理工学の4本柱
「人間」「もの」「情報」「金」

管理工学科では「人間」「もの」「情報」「金」の4つをキーワードとして、さまざまな視点や発想から科学技術とマネジメントを考えます。そのため理工学の基礎知識に加えて、管理工学の基礎となる統計解析や情報処理、システム解析、インダストリアル・エンジニアリング、人間工学、経営管理、オペレーションズ・リサーチなどの教育を行っています。

視野が広く、特定分野に造詣が深い管理技術者の育成を目指す

視野の広い技術者の育成を目指す管理工学科では、「逆T字型」の技術者、つまリ底辺が幅広くかつ特定の分野において造詣の深い管理技術者を理想としています。そのために多角的な科目編成を行っているだけではなく、学生が自ら考えて理解をより一層深めていけるような自主的・自律的な勉強態度を養うことも重視しています。

4つの領域を柱に多彩なカリキュラムを提供

理工学の基礎知識や数理的要素を土台として、さらに人文・社会科学系の科目により人間や社会についての理解を図り、企業トップなどが必要とする統合的な判断力を育てることを目的としています。これに基づき「システムと人間」「応用統計と最適化」「コンピュータと情報処理」「経営と経済」の4つの領域を柱としたカリキュラムを組んでいます。

管理工学科での学び方

人間と機械の特質を捉えたシステムを構築する

人間と機械の特質を捉えたシステムを構築する

ほとんどのシステムは人間が使うことが前提であったり、人間そのものがそのシステムの一部であったりします。そこで、人間の行動や心理、機械やコンピュータの特質を捉え、相互がスムーズに働くシステムを考えます。インダストリアル・エンジニアリング、生産工学や人間工学、システム工学などがこれに対応し、ヒューマンエラー、高度道路交通システム、ICタグを利用する生産物流システムなどの研究が行われています。

現実問題を反映した数理モデルを考案する

現実問題を反映した数理モデルを考案する

データから状況を把握•分析し、さらにそれを数理モデル化して最も効率的な解を導き出すための手法を学びます。データを収集した上で、そこから役立つ知識を得るための統計解析、ものづくりで力を発揮する品質管理や品質工学、現実問題を反映した数理モデルの構築、数学的手法で経営戦略などを研究するオペレーションズ・リサーチなどがあります。

人工知能を中心とした先端情報処理技術を習得する

人工知能を中心とした先端情報処理技術を習得する

プログラミング、アルゴリズム、ソフトウェア工学、パターン認識、人工知能など、実践的な情報システム技術を習得します。「ビッグデータに内在する知識を発見するための機械学習」「言葉の意味を機械に理解させるオントロジーと知能ロボットヘの応用」「人の行動をシミュレートし支援するエージェント技術と災害避難への応用」「人間の認知過程をコンピュータ上で再現しようとする認知情報処理」の研究も行われています。

経営•経済に関する諸問題を工学的に解決する

経営•経済に関する諸問題を工学的に解決する

企業経営に必要となる経営や経済に関する問題を、工学的・数学的に解決する方法を学びます。経営管理論・財務諸表などの経営計算、企業経営の最適化を研究する経営工学、経済分析や企業の意思決定メカニズムを考える決定理論などが対象となります。天候リスクを伴う商品へ保険を提供する天候デリバティブや、資金運用のための金融工学などの研究も行われています。

在学生インタビュー Interview

数学的な素養を活かし社会と関わっていく。
金融工学の最先端で見つけた自分の道。

詳しく見る

学習・教育目標

管理工学科は、従来の理工学のようなハードウェアを直接の対象にはしませんが、1)理工学の基礎的素養を備え、2)科学的・工学的な問題解決の考え方とアプローチを身につけ、3)旺盛な問題意識と異質な諸要素への関心に支えられた総合的な視野を持つ人材を教育し社会に送り出しています。

教育内容

  • 以下に挙げる4つの領域に教育の重点をおいたカリキュラムを組んでいます。(カッコ内に示すものは各領域における研究分野の例です)

  • システムと人間:人、機械、情報などから構成されたシステムをとりあげ、各構成要素の特性やそれらの間の関係について原則や法則を見つけ、システムとして分析、設計する方法を扱う。(IE、経済性工学、人間工学、システムエ学)

  • 応用統計と最適化:数学・数理統計学の基礎の上に、データ処理の手法、諸分野における統計的手法の応用、モデル化の基礎、最適化の数学的手法を扱う。(品質管理、多変量解析、数理モデルの構造、OR)

  • 情報処理:人間や組織体を対象にして、さまざまな分野でコンピュータを有効に利用した情報処理を行うための新たな方法論と理論を開発すること、およびその実践。(ソフトウェア工学、プログラミング理論、アルゴリズム論、情報システム、人工知能)

  • 経営と経済:組織体の経営活動を有効に計画・運営するために必要となる経営管理のしくみ、有効な経営計画のたて方、経営成果の計算と評価の方法を扱い、さらに経営活動をとりまく国、システムの経済分析を扱う。(経営管理論、経営計算、経営工学、数理経済学、経済分析、決定理論)

進路

卒業研究を仕上げた4年生のうちの約5割が大学院に進学します。社会での二一ズが高い学科なので、学部・大学院共に企業等からの求人数が学生定員を大幅に上回っている状態が続いています。卒業生がメーカーにとどまらず、商社、金融、公共企業体等の幅広い分野で活動していることが本学科の特徴です。また、理工系のみならず文科系の分野をも含む学際的な領域で活発に研究活動をしている卒業生をたくさん輩出しています。

研究室

飯島研究室

センサーと知的エージェント技術を活用したヒトと社会組織に役立つ活動支援

知的エージェント、生体情報計測、空間情報活用、ビジネスプロセス管理、セキュリティ、シミュレーション、ソフトウェア工学

詳しく見る

稲田研究室

インダストリアル・エンジニアリング理論に基づくワークシステムの改善と管理

インダストリアル・エンジニアリング、生産システムマネジメント、経済性工学

詳しく見る

今井研究室

金融リスクのモデリングとリスク・マネジメントのための数値計算技術の開発/リアルオプション分析による投資評価

リアルオプション分析、コンピューテーショナル・ファイナンス、デリバティブの評価、金融リスクモデリング

詳しく見る

岡田研究室

安全管理・サービス管理、イノベーション管理に関する、ヒューマンファクターズ

ヒューマンファクターズ、安全管理、技術経営

詳しく見る

小澤研究室

社会で生じる様々なマネジメント上における問題の数学モデルへの定式化とその解法の創出

数学モデル、最適化理論、意思決定問題

栗田研究室

人間行動に基づく都市・建築空間の最適設計論ならびに社会現象の数理解析

都市解析、地域モデル分析、オペレーションズ・リサーチ

詳しく見る

志田研究室

モノづくりにおける課題について実用的な問題解決を目指したインダストリアル・エンジニアリングに関する研究

インダストリアル・エンジニアリング、生産情報システム

詳しく見る

篠沢研究室

機械学習によるパターン認識技術および認知情報処理技術の確立とその社会的応用

機械学習、パターン認識、認知情報処理

詳しく見る

鈴木研究室

先進的データ解析に関する研究-顧客満足度と品質の数値化、POS・医療・スポーツ等のデータ解析-

応用統計解析、品質管理、マーケティング調査

詳しく見る

田中研究室

オペレーションズ・リサーチを応用した社会システムのモデリングと最適化

オペレーションズ・リサーチ、システム最適化、都市空間解析、地理情報の可視化、施設配置問題

詳しく見る

大門研究室

自動運転システムや高度道路交通システムの人間工学と配車配送計画問題のメタヒューリスティック解法

人間工学、ヒューマン・マシン・インタフェース、ドライバー行動、自動運転、高度道路交通システム、配車配送計画

詳しく見る

中西研究室

人間の身体・認知・心理特性に基づく製品企画・評価手法の開発と、社会技術システムにおける安全管理及び教育・訓練手法の開発

ヒューマンファクターズ、人間工学、ユーザエクスペリエンス(UX)、安全管理システム(SMS)

詳しく見る

枇々木研究室

資産運用・金融リスク管理・ファイナンシャルプランニング等に関する金融工学モデリングとデータ分析

金融工学、資産運用、金融リスク管理、ファイナンシャルプランニング、ポートフォリオ最適化、最適執行戦略

詳しく見る

増田研究室

ミクロ経済学、経営科学、確率解析による経営問題の解決

経済分析、経営科学、情報経済学

詳しく見る

松浦研究室

多変量解析や品質管理における統計学的手法の開発を中心とした統計学の理論と応用に関する研究

多変量解析、応用統計学、統計的品質管理

松川研究室

工学的手法を用いた生産と物流に関連する諸問題の解決方法に関する研究

生産在庫管理、SCM、スケジューリング、プロジェクトマネジメント

詳しく見る

松林研究室

ゲーム理論をはじめとする経済学的アプローチによる経営上の戦略的意思決定問題の分析

応用ゲーム理論、ビジネス・エコノミクス、ネットワーク形成

詳しく見る

山口研究室

知識推論、機械学習、音声対話、画像センシング、動作計画を統合したユーザ指向AIツール、知能ロボット

みんなのAIツール、総合知能アプリケーション、ロボット喫茶店、授業支援ロボット

詳しく見る

山田研究室

顧客満足実現をねらいとする実験データの収集とその解析方法及び組織的な推進

品質管理、実験計画法、データ解析

詳しく見る

 


 
 
 

 
 

ナビゲーションの始まり