慶應義塾は創立以来、「独立自尊」を体現する人材の育成を行ってきました。機械工学分野においても、この精神のもと、自らの力で世界を先導することのできる、創造性と総合力のある技術者や研究者の育成を目指しています。海外におけるトップレベルの大学との交換留学も盛んに実施されており、国際社会をリードする人材を数多く輩出しています。

機械工学科の3つの特徴

機械工学の未来と社会ニーズを視野に入れた研究分野

限りなく広がる機械工学の未来と社会二ーズを視野に入れながら、「ナノ・マイクロテクノロジー」「宇宙・地球環境科学」「ライフメカニクス」の3つの分野を柱に、独自の教育システムを導入。学生の皆さんの好奇心と探求心に応えるカリキュラムや精鋭の教員を擁し、各人の個性を豊かに伸ばし、自己実現の可能性を大きく拓く教育を進めています。

時代の要請に応える創造的な技術者や研究者を育成

「実体験の重視」「基本の重視」「個性の重視」「コミュニケーション能力の重視」という思想のもと、機械工学の基盤である力学体系を理解するとともに、技術者倫理を踏まえ、地球環境・社会環境も視野に入れた総合的な現象解明や、創造的な設計・ものづくりを遂行する能力を持つ技術者や研究者の育成を目標に設定。時代の要請に応える人材の育成を行っています。

メカニクスの本質とアイデアを実現する手段を学ぶ

将来のエンジニアとして活躍が期待される皆さんに身につけてほしいことは、「メカニクスの基本」と「自由な発想」の融合です。機械工学科のカリキュラムでは、メカニクスの本質を学ぶ「力学の基礎」科目と、学生個々の夢やアイデアを実現する手段を学ぶ実技・実習科目を用意し、基礎カ・探究心・創造性に溢れる人材の育成を行っています。

機械工学科での学び方

本学科では、必修科目と選択科目を新しい考え方で編成し、 個々の学生の興味や将来の目標に合わせた履修ができるよう配慮しています。 1〜2学年には、機械工学の基本的な考え方を身に付けるための力学系を中心とした基礎科目が配置され、 機械工学創造演習などの実技科目で発想の具体化を体得できるようにしています。
また、2年生の2・3月には(3年生の春学期科目)必修科目として東京近郊や日本・世界各地において実施される工場見学が用意されています。2010年度からは韓国の大学との国際交流も含めた韓国および日本での工場見学を実施しています。
3〜4学年では、ハードウェア・エンジニアリングの基本となる実習系科目が必修科目ですが、 その他ほとんどの科目は選択科目であり、 個々の将来や進路に沿った自主的な履修ができます。 もちろんこの時、本学科の全教員から進路や履修について適切なアドバイスを受けられます。4学年では、全員がいずれかの研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。個性や自分独自の発想、 特性などが大いに発揮できる場です。 研究テーマは、最先端技術から基礎技術まで、 個人の希望に従って自由に選択できます。

マイクロ、ナノという微小な世界へ踏み込んだ研究

マイクロ、ナノという微小な世界へ踏み込んだ研究

近年、工学研究の対象は、マイクロスケール、さらにはナノスケールヘと、微小な世界ヘ踏み込んで大きな成果を上げています。機械工学科では、分子の動きのシミュレーション、ナノスケールの材料表面改質、結晶成長シミュレーション、マイクロ・ナノスケールの構造製作技術、MEMS(マイクロマシン)など、さまざまなナノ・マイクロテクノロジーの研究を行っています。

地球環境保全や宇宙という未知の世界に着目した研究分野

地球環境保全や宇宙という未知の世界に着目した研究分野

きれいで人が暮らしやすい「地球環境」を守ることと、「宇宙」という未知の世界への挑戦を目指しています。一例として、超音速で飛行するスペースプレーンに発生するさまざまな現象をコンピュータシミュレーションにより解析し、最適な設計を研究しています。また、新しいエネルギー源として期待されているメタンハイドレートの精製技術に関する研究も行っています。

機械工学で人の生活をサポートするための幅広い技術研究

機械工学で人の生活をサポートするための幅広い技術研究

福祉機器開発や、遠隔操作・人工現実感のためのロボットハンド、人間の直感をコンピュータによりサポートするデザイン手法など、ライフメカニクスは機械工学の中で非常に重要な分野といえます。高齢化社会を支える介助者養成用動作訓練ダミーや安楽姿勢保持のためのリクライニング車椅子、自動車の車体特性を解析するためのシミュレーションなど、幅広い研究が行われています。

在学生インタビュー Interview

困難に直面しても諦めずに挑戦すれば、道は拓ける。
大学で学んだことを活かし憧れの“モノづくり”の世界へ。

詳しく見る

教育方針

創造性は、個性あふれる発想が出会い、交わることで喚起されます。 本学科では、人間と人間とのふれあいを基本とする新しい機械工学教育を目差しています。 一人一人の個性の尊重と育成。教員と学生、学生同士のコミュニケーションを重視した少人数の講義。 目で見て、手で触れながら理解を深める実体験重視の実技科目。 これらをとおして機械工学におけるモノ創りと現象解明の基礎を身に付けます。 そして、実体験とコミュニケーションを通して個性と創造性を身につけた学生は、 どんな未知の分野にも独自の視点で立ち向かえるような、 夢と広がりのあるエンジニアとなって社会に巣立ってゆきます。

教育内容

  • 力学の基礎をしっかりと身につけます。

 「材料力学の基礎」「機械力学の基礎」「流体力学の基礎」「熱力学の基礎」

  • ハードウエアの企画・設計・製作を実体験します。

 「図形情報処理」「形状情報の表現」「プロダクションエンジニアリング」

  • 学生一人ひとりが自らの意思で独自の課題を立案して実行し、創造力を磨きます。

 「機械工学創造演習」

  • 3年次の専門科目はほとんどが選択科目となっており、各自の多様な志向に応じて幅広い分野の勉強を行えます。

  • 激変する地球環境と社会環境の中で、これからのプロフェッショナルエンジニアがどのような価値観・倫理観を持つべきかを学びます。

 「創造と倫理」 世界にひとつしかない自分の研究を通して、未知の課題を解決する力を身につけます。

  • 「卒業研究」 技術士1次試験(国家試験)免除

 機械工学科は、 日本技術者教育認定機構(JABEE : Japan Accreditation Board for Engineering Education) のプログラム認定を受けており、卒業生全員が技術士1次試験(国家試験)を免除されます。

進路

卒業生は、電気、機械、精密、自動車、情報・コミュニケーション、サービス、大学・研究所、官公庁、ベンチャー起業など、幅広い分野で活躍しています。

研究室

安藤研究室

気泡・液滴流れの力学を解析するための実験および数値解析手法を提案し、混相流現象の物理解明に取り組んでいる。

キャビテーション、音響、物質移動

詳しく見る

石上研究室

月惑星探査、無人化施工、農業支援、火山観測などを応用先としたフィールドロボティクスに関する研究に取り組んでいます。

移動ロボット、テラメカニクス、宇宙工学

詳しく見る

植田研究室

エネルギー環境の視点から重要なエンジンや反応器などに見みられる反応系の熱流体挙動に関する基礎研究を行っています。

反応系の熱流体力学,非定常現象,非線形現象,移動現象

詳しく見る

大宮研究室

自動車車体構造、電子デバイス、スポーツ障害など、様々な破壊現象を分析・科学し、安全な材料・構造設計指針を提案しています。

http://www.oomiya.mech.keio.ac.jp/

詳しく見る

大村研究室

クラスレート水和物の物性を熱力学・熱工学に基づいて活用し,エネルギー・環境問題に対応する新規技術を開発します。

クラスレート水和物

詳しく見る

小川研究室

複雑体内部をMRIにより計測し、熱や物質の輸送現象を捉える研究をしています。装置の最適設計・制御・省エネを目指します。

伝熱計測、MRI計測、燃料電池

詳しく見る

荻原研究室

ヒトの運動機能と身体構造の進化メカニズムを力学的に明らかにし、製品設計や医療分野などへ応用することを目指しています。

バイオメカニクス

詳しく見る

尾上研究室

マイクロ・ナノ微細加工技術を基盤とし,自律型マイクロソフトロボティクス・情報デバイス・再生医療分野への展開を目指す。

マイクロナノシステム、バイオファブリケーション

詳しく見る

小尾研究室

乱流モデルの性能向上を目指した実験、数値解析と渦法による数値シミュレーションの高精度・高速化に力を入れています。

流体工学、乱流モデル

詳しく見る

加藤研究室

当研究室では、製品開発の効率化や製品機能の向上を実現するための設計方法と、それを用いた製品設計について研究しています。

設計工学、ロバスト設計、人間工学設計

詳しく見る

小茂鳥研究室

新しい金属系生体材料を開発するために表面改質法に関する研究に取り組んでいます。

マテリアルデザイン

詳しく見る

澤田研究室

磁性流体やMR流体という磁性と流動性を併せ持つ磁気機能性流体に関して、基礎研究や工学的な応用を目指した研究をしている。

磁気機能性流体

詳しく見る

志澤研究室

ポリマに対する分子鎖すべりモデルおよびクレイズ進展・成長停止モデルを提案し大変形 FEM 解析に取り組んでいる。

非線形固体力学

詳しく見る

杉浦研究室

超電導磁気浮上、超音波非破壊探傷、マイクロバブル等の非線形動力学現象について、解析、数値計算、実験による解明に取組む。

ダイナミクス、電磁力応用

詳しく見る

鈴木研究室

研究対象はダイヤモンド、カーボン、セラミックなどの機能性薄膜である。ナノレベルで現象を把握し、製品開発・実用化を進める。

材料科学

詳しく見る

高野研究室

繊維強化プラスチックなどの先端材料や金属3D積層造形の確率的マルチスケールシミュレーションを中心に計算力学の研究を行う。

計算力学、CAE、有限要素法、確率的マルチスケールシミュレーション、先端材料、複合材料、3D積層造形、生体力学

詳しく見る

竹村研究室

超音波や機能性流体によるアクチュエーション技術を基盤として、細胞工学、触力覚、ソフトロボットなどの研究を展開しています。

細胞培養システム、触覚インタフェース、ソフトロボット

詳しく見る

深潟研究室

航空機翼周りの乱流など様々な流れの制御に関する研究や、流体力学と人工知能の融合に関する研究を行っています。

流体力学、流れの制御、乱流

詳しく見る

堀田研究室

高分子科学(ソフトマテリアル、ポリマー、ゲル)の研究。ナノ・バイオ・エコマテリアルと複合材料(コンポジット)の研究。

ソフトマテリアル、ポリマー

詳しく見る

松尾研究室

航空宇宙推進工学・超音速燃焼現象・爆発現象に関する研究を圧縮性流体のコンピュータシミュレーションにより取り組んでいます。

高速流体力学

詳しく見る

松岡研究室

デザイン科学、デザイン理論・方法論、設計工学、プロダクトデザイン、人間工学を研究対象としている。

デザイン科学・設計論

詳しく見る

三木研究室

三木研究室では、人工腎臓や脳波計測電極、触覚入出力装置など、バイオ医療、ICT分野へマイクロ・ナノ工学を活用しています。

マイクロ・ナノ工学

詳しく見る

宮田研究室

力学的刺激など機械工学的なアプローチを用いて生体外で骨や神経組織などの臓器や生体組織を再生する技術を開発しています。

再生医工学、バイオメカニクス

詳しく見る

村松研究室

金属、高分子、セラミックを対象に、複数の現象や階層の特徴を組み合わせたマルチフィジックスシミュレーションを行っています。

固体力学、マルチフィジックスシミュレーション

詳しく見る

森田研究室

人間や環境とインタラクションを行うことで、有機的な振るまいを発現するメカニズムに興味を持っている。

インテグレーション工学、ヒューマノイド

詳しく見る

泰岡研究室

分子シミュレーションにより相変化過程、クラスレート水和物、タンパク質、ソフトマター等に関する研究をしています。

分子動力学

詳しく見る

閻研究室

ナノメートルスケールの材料除去、変形および物性制御に基づく高精度、高効率、省エネ、省資源の最先端加工技術を創出する。

超精密加工

詳しく見る

横森研究室

機能性物質の燃焼反応合成、高効率内燃機関の開発、燃焼計測法の開発など先進的な燃焼技術に関する研究を行っています。

燃焼工学、反応性熱流体力学

詳しく見る

ナビゲーションの始まり