外国語・総合教育教室の3つの特徴

適合型英語教育

必修英語は、指定された時限に同時開講される10クラスの中から、学生が受講したいクラスを選択できる「クラス選択制」です。第1学年を対象に4月と学年末に英語統一テストを実施しますので、学生が各自の英語力に適した授業を履修できるようになっています。このように、学生の資質と個性に応じた語学力を身につけられる、きめ細かい英語教育を実現しています。

グローバルリーダーシップセミナー(GLS)

次世代のリーダーとして、国際的な場で求められる国際感覚、論理的思考力、討論力、言語力、自律性の必要性を肌で感じ、体得するプログラムです。英語そのものを学ぶのではなく、英語を使ってさまざまなテーマについて発表、議論、海外での実地研修を行います。参加学生の多様な価値観や異国の文化を理解することで、世界でリーダシップをとれるような国際感覚を養います。関連科目として長期休暇中に開催される「グローバルリーダシップセミナー(GLS)実地研修」があります。

総合教育

人間、社会、自然に対する深い洞察力と知力の養成を目的として、外国語や少人数のセミナー、人文・社会・自然科学系の約220の総合教育科目を設置しています。学生はこれらの多彩な科目群の中から、学部4年間にわたって自身の興味に応じて、自律的に科目を選択して履修することができます。総合教育科目の学びを通じて、科学技術者・研究者に求められる視野の広さや柔軟な思考力が育まれます。

外国語・総合教育教室での学び方

英語

英語

教養英語に加え、将来、理工学研究者・技術者に必要とされる英語力の養成を目指します。習熟度別にクラス分けされた1・2年次の必修英語では、学術的な文献を読解したり、英語論文を執筆したりする上で役立つよう、特にリーディングとライティングの能力の向上を図ります。また、内容別・レベル別で1年次から4年次までの一貫した教育プログラムに基づいて配置されている総合教育科目英語(選択英語)を、個々の関心に合わせて履修することにより、幅広い英語力を身につけると同時に、3・4年次になってからも英語力の維持・向上を図ることができます。

諸外国語

諸外国語

理工学部では、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、朝鮮語のうち一つを、選択必修科目として学びます。また総合教育科目諸外国語(選択諸外国語)として、上記の外国語に加えてアラビア語、イタリア語、スペイン語を学ぶことができます。

総合教育科目

総合教育科目

20世紀、科学は人類に豊かな恵みを与えるために未曾有の発展を続けてきました。その強大な力は、今や生命全体との調和を視野に入れるべき段階にまで達しています。21世紀は、科学技術を利用する人間の英知そのもののあり方が、深く問われる時代になると考えられます。したがって、これから理工学を志す者には、科学技術に対する高度な専門性のみならず、人間社会を含むグローバルな思考や深い洞察力、さらには豊かな人間性が強く求められることになります。総合教育では、こうした人間、社会および自然に対する深い洞察力や知力の養成を第一に考え、未来を担う理工学研究者・技術者を育成します。

学習・教育目標

英語
 ・必修英語—読み書きを中心とした、学術英語の習得
 ・総合教育科目英語(選択英語)—幅広い英語力の養成

諸外国語
 ・地域言語の習得と英語圏以外の地域に関する深い理解
 ・発信型の人材を育成
 ・言語能力、思考力の向上

総合教育科目
 ・人間、社会、自然に対する深い洞察力と知力の養成

教育内容

英語

  • 必修英語では、クラス選択制と習熟度別による授業を実施しています。

  • 1年次の4月と学年末に英語統一テストを実施し、その得点に基づいて習熟度を4段階に分けて示すことで、学生が各自の英語力に適したレベルを的確に選択できるようにしています。

  • 総合教育科目英語(選択英語)では、学生の多岐にわたる関心に対応するため、多様な内容とレベルから成るコースを設置しています。

諸外国語

  • 学部卒業までの4年間にわたって語学力を維持・向上できる授業体系と、少人数クラス制による密度の高い教育を提供します

  • 基礎学習を終了した学生を対象に、集中型学習のインテンシブ、セミ・インテンシブの2コースのほか、「話す」「書く」「読む」など目的別に設定された個別のコースが設置されています(設置クラスは語種によって異なります)

  • 選択必修科目とは別に設けられた初心者のためのコースを通じて、第3外国語、第4外国語として短期間に幅広く、世界の言語に触れることが可能です

  • 各外国語の技能検定試験に対応した授業のカリキュラムによって、希望者は資格取得のための準備をすることができます

総合教育科目

  • 約160の科目を設置し、学生は4年間の課程で、知識の深まりと成長に応じて自律的に科目を選択できます。

  • 自分の興味に合ったテーマの下、少人数で調査、討論、口頭発表などを行いながら、自ら問題を発見し自ら問題を解決する能力の養成を目指す、総合教育セミナーを設置しています。

ナビゲーションの始まり