コンピュータとバーチャルリアリティへの情熱

幼い頃、家にテレビがなかったという杉本さん。
その反動か、中学時代からコンピュータの魅力に取りつかれ、
大学ではバーチャルリアリティの学生コンテストで活躍。
趣味もCGデザインと、コンピュータへの情熱は止まらない。
好きを研究に結びつけてきた杉本さんの姿は、
学生たちが共感できる存在でもあるのだろう。研究室は若い活気に溢れている。

Profile

杉本 麻樹 / Maki Sugimoto

情報工学科

長野県飯田高等学校卒業。電気通信大学大学院電気通信学研究科 博士課程修了。東京大学大学院情報学環研究補佐員、NTT コミュニケーション科学基礎研究所客員研究員、日本学術振興会 特別研究員、MIT CSAIL 客員研究員(Visiting Scholar) などを経て、2008 年、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特別研究講師。2011 年より慶應義塾大学理工学部情報工学科専任講師。博士(工学)。

中学生になってコンピュータに興味をもつ

長野県飯田市のご出身ということですが、どんな子ども時代だったのでしょうか?

両親は美大の出身で、父と母は東京のインダストリアルデザインの会社に勤めていたのですが、あるとき、田舎で自給自足の生活をしたいと東京から長野へ。のびのびと自然豊かな環境の中で子どもを育てたいという両親の教育方針もあって、小学校の高学年くらいまでテレビのない暮らしをしていました。幼い頃はそれこそ、毎日、野山を駆け回って遊んでいましたね。

では、あまり勉強はしなかったのですか?

母は長野では塾の先生をしていたこともあって、熱心に英語や数学を教えてくれました。ただ、直接に親から教わるのは抵抗があって、いつも逃げ回っていました(笑)。
テレビがなかった反動か、中学からはコンピュータにとても興味をもつようになりました。小学校の高学年のときに、従兄弟の家に遊びに行った際、MSXという初心者向けのコンピュータがあって、それに触れたのが私のコンピュータとの最初の出合いです。以来、まだコンピュータも持っていないうちから、コンピュータ雑誌を毎月買っては、熱心に読みふけるようになりました。
実際に自分のパーソナルコンピュータを手に入れたのは、高校に入学してからです。私のコンピュータ熱を見かねた父が、志望高に合格したお祝いとして買ってくれました。
高校のサークルでは物理班に所属して、放課後に仲間と自習でプログラムを組んだり。オリジナルのマークアップ言語を定義して、今で言うパワーポイントのようなテキストとイラストを用いてプレゼンテーションをする機能をもったソフトを開発して、文化祭で発表する資料として活用したり……。ちゃんとアニメーション機能もサポートしていました。コンピュータを手に入れてからは、ますます情報学の面白さに魅せられて可逆圧縮の専門書が高校時代の愛読書だったりも。ちなみに、父に買ってもらったコンピュータは今でも大切に持っています。

大学1年で参加したコンテストをきっかけに
研究者を目指す

研究者になろうと思ったきっかけは?

学部1年のときに、当時、東京大学にいらした舘暲(たちすすむ)先生(現・慶應義塾大学特任教授/東京大学名誉教授)らが主宰していたIVRC(国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト)という大学生向けのコンテストに出場したのがきっかけです。
大学入学と同時に入ったサークルの先輩たちが、前年度にこのコンテストで優勝していたことから興味を持ちました。
先輩たちが手がけたのは、「バーチャルボブスレー」という装置です。ちょうど長野オリンピックが開催される直前のことで、ボブスレーコースの模型をつくって、バーチャルにボブスレーが体感できるという本格的なものでした。実を言うと、先輩たちは前年度にがんばりすぎたせいか、もう出たくないと言っていたのですが、そこを説得してチームで出場に漕ぎ着けました。
大学1年のときに最初に手がけたのは、水槽の中にある操作対象に自己投射した感覚をつくりだすテレイグジスタンス(遠隔臨場感)のシステムでした。初挑戦でしたが、日本バーチャルリアリティ学会奨励賞を受賞しました。翌年以降も多くの仲間や、その後に卒論でお世話になる先生方の助けを借りながら出場し、3年目には、3次元空間として表現したコンピュータの記憶装置のフォルダ構造の中を自由に歩き回れるシステムを制作し、奨励賞と技術賞を獲得しました。特に技術賞はそれまで、優れたメカを開発することで有名な東京工業大学ロボット技術研究会のチームが独占していたので、自分たちが受賞したときはとても嬉しかったですね。
このコンテストを通じて、修士課程修了後にお世話になった前田太郎先生・安藤英由樹先生(現・大阪大学)、博士課程の恩師である稲見昌彦先生(現・慶應義塾大学)など、最先端のヒューマンインタフェース研究者と一緒に研究する機会を得たことで、研究の面白さを実感するようになりました。
特に博士課程の研究のなかで、稲見先生と時空間分割多重による光計測の技術を手がけていたときに、自分が考案した輝度勾配指標(光の濃度の指標)を用いて光学素子の位置をリアルタイムに計測するという基本的な考え方を発展させることができたのは有意義でした。SIGGRAPH Emerging Technologies など、最先端の学会で好評を得たことが自信となり、研究を続けていきたいと強く思うようになりました。

現在はIVRCの運営を手がけていらっしゃるのですね。

大学4年からは運営側に回るようになり、現在は実行委員として運営をサポートしています。IVRCの開催は今年でちょうど20年になりますが、技術の進歩とともにその内容も非常に多彩になりつつあります。自分を含めて、これまでも数多くのVR、ARの研究者を輩出してきました。とても有意義な試みなので、研究室の学生たちにも積極的に参加を勧めています。今後も、ぜひ、多くの研究者の卵たちに参加してほしいですね。
ちなみに現在は私の手を離れていますが、IVRCのWebページをデザインしていたことも。というのも、研究の息抜きというか、趣味でもCGデザインを手がけているのです。学生時代には、数カ月分の生活費を投げ打って、とても高価だった3D CGのソフトウェアを購入したほど。当時はまさに清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。最近は、教育機関だと無料で使える高機能なソフトウェアが多数出ているので、今の学生さんたちがうらやましいです。
息抜きで作ったCGは、実は研究の説明資料やWebなどに活用しているので、趣味と実益を兼ねています。先日、博士課程時代に国立天文台からの依頼で制作した人工衛星「ひので(Solar-B)」のCGモデルがNASAのWebに掲載されているのを見つけました。自分の作ったCGが多くの方の目に触れる機会があるというのはとても嬉しいことですね。
最近では、CGデザインの応用として、三次元造形装置「3Dプリンタ」を研究室に導入しています。研究に使用する装置の固定具などもCGモデルとして設計して、その場で作ることができます。趣味のデザインが研究の上でも実際に役立っていて、嬉しい限りです。
もっとも、研究でも趣味でもコンピュータばかりというわけではありません。3〜4年前から、富士スピードウェイを軽自動車で走行する「エコラン」に研究者仲間のチームと出場しています。自宅には液晶プロジェクタによる130インチ画面のホームシアターがあり、SF映画やアニメをよく見ています。学期の終わりには、学生たちを呼んでは、映画鑑賞をしつつ飲み会をすることもあります。とくに好きなのは、新海誠さんの作品です。幼い頃にテレビがなかった反動かもしれません(笑)。

何でも「自分の問題」として実践してほしい

今、研究室には何名の学生さんがいらっしゃるのですか?

学部生が4名、大学院生が6名の計10名です。皆、育ちがよく素直で、とても教え甲斐があります。ちなみに、まだこの理工学部での卒業生は1回しか出していないのですが、広告代理店など、メディア系に就職した人も。今後はますますARがメディアとして活用されるようになっていくということかもしれませんね。
それから慶應義塾大学は、研究者が学外の研究活動でもとてもアクティブで、学会運営を通じて、学科の先生方と関わりをもつことがあったり、さまざまな刺激を受けています。分野や領域を越えた交流も多く、研究・教育両面で、とてもいい環境だと思います。
ただ、大学の授業は受け身で聞いているだけではほとんど身につかないものです。学生たちには、興味のある分野に関連した趣味を持って、何でも「自分の問題」として実践してみてほしいと思っています。とくに、情報学の分野は、コンピュータと情熱さえあれば、すぐに自分のアイデアを形にすることができます。ぜひ、身近なところから実践することで有意義な学生生活を送ってもらいたいですね。

 

どうもありがとうございました。

 

 

◎ちょっと一言◎

学生さんから
●何か相談すると、いつも学生側の目線に立って、親身になって答えてくださる、とてもやさしい先生です。フランクに何でも言い合える雰囲気なので、研究室はいつも和気あいあいとしています。

(取材・構成 田井中麻都佳)

ナビゲーションの始まり