【重要】キャンパス閉鎖期間中のお問い合わせについて

(2020/4/30更新)NEW
政府より4月8日付で「緊急事態宣言」が発出されたことを受け、当初の学内施設の閉鎖期間を、5月6日(水)までと変更いたしました。しかしながら、現時点での新型コロナウイルス感染症の感染状況をふまえ、学内施設の閉鎖を以下のとおり変更いたします。
期間:4月7日(火)~当面の間(当初予定では5月6日(水)まで)
お急ぎの際は、引き続き本ページに記載のお問い合わせ先までメールでご連絡ください。
「緊急事態宣言」にともなう学内施設の閉鎖期間の変更について(第2報)

また、学内施設閉鎖期間中は証明書自動発行機を利用することはできません。在学生、教職員、関係者の健康と安全を守り、感染拡大の防止を最優先に考えて、やむを得ずこのような決定に至りました。
「慶應義塾大学における証明書発行について」(証明書の提出を求めている各企業、団体責任者様へ)
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

(2020/4/8更新)
政府の「緊急事態宣言」を受け、新型コロナウイルス感染症拡大にともなう学内閉鎖期間が以下のとおり変更となりました。
期間:4月7日(火)~5月6日(水)
お急ぎの際は、引き続き本ページ記載のお問い合わせ先までメールでご連絡ください。
延長によりさらにご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
「緊急事態宣言」にともなう学内施設の閉鎖期間の変更について

(2020/4/6更新)
新型コロナウイルス感染症拡大にともなう学内施設閉鎖により、理工学部学生課キャリア支援窓口も閉室いたします。
期間:4月7日(火)~4月20日(月)(予定)
上記期間中、電話でのお問い合わせはお受けできません。お急ぎの際は本ページに記載のお問い合わせ先までメールでご連絡ください。ただし内容によっては対応できない場合や、 対応に時間を要する場合がありますので、ご了承ください。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう学内施設の閉鎖について

ご挨拶

理工学部長 大学院理工学研究科委員長  岡田 英史

 慶應義塾大学理工学部の卒業生ならびに大学院理工学研究科修了生の就職につきまして、かねてより格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 慶應義塾大学理工学部では、入学段階では学科による専門を決めずに、5つの学門という広い枠組みで、将来の専門教育へ向けた基礎的な共通教育を受けます。その後、2年進級時に11学科のいずれかに配属され、学科毎に特色があるカリキュラムによって専門性を高める教育を受けた後、4年次に卒業研究を行います。理工学部では、毎年約1000名の学生が卒業しますが、そのうち70%を超える学生が大学院修士課程に進学します。大学院では、3つの専攻(基礎理工学専攻、総合デザイン工学専攻、開放環境科学専攻)のいずれかに入学し、専門分野を横断した柔軟な教育・研究体制の中、指導教員のもとで最先端研究に従事します。このように、慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科では、学部入学から大学院進学まで、学生がそれまでに得た知識と経験に応じて、自分自身で進路を選択するステップを設けています。このような独自の教育システムにより、確かな基礎に立脚した専門知識を修得し、分野横断的な視点で物事をとらえる能力を有する人材を育成しています。

 一方、急速に進むグローバル化に対応して、大学を卒業し、あるいは大学院を修了した後に、世界を舞台に様々な分野で中心的な役割を担って活躍することができる国際力豊かな人材の育成を重視しています。慶應義塾大学理工学部・理工学研究科では、世界に通じる国際人材育成を目的として、学部1・2年生を対象としたグローバルリーダーシップセミナーの開講、学科専門教育課程における4学期制の導入による短期国外留学や国外インターンシップ等への参加の機会提供、大学院修士課程におけるダブルディグリー制度による海外大学院での学位取得などのプログラム拡充を行っています。2015年4月の「国際人材育英基金」設立を機に、学生の国外での活動を支援するための資金をさらに充実し、将来的には、すべての理工学部生が何らかの形でこれらの国際プログラムに参加できることを目指しています。また、優秀な留学生の受け入れについても精力的に取り組んでいます。例えば、大学院においては、英語で受講して学位の取得が可能な先端科学技術国際コースを設置し、さらに欧州を中心に国外大学とのダブルディグリー制度の提携を行うことで、多くの留学生が理工学研究科に在籍するようになり、キャンパスの国際化が進んでいます。

 このような教育成果の出口である就職支援につきましては、経済状況に関わりなく、おかげさまで多くの求人をいただいておりますが、それに甘えることなく、毎年見直しを行っています。詳細につきましては、別途案内をご参照ください。科学技術に対する専門知識を有し、社会環境のグローバル化や多様化に柔軟に対応できる学生を育成し世に送り出すべく、今後も継続的な努力を進めてまいります。今後とも、ご支援とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

理工学部・理工学研究科 就職関連情報のご案内

理工学部・理工学研究科 就職担当委員長 今井 宏明

本学卒業生の就職に関し、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。2020年度(2020年9月、2021年3月)卒業・修了予定学生に係る就職支援の基本方針と皆様の採用活動に必要な情報を、以下にご案内します。
また、学生には無理や無駄のない、温かい就職支援を心がけております。お気づきの点、ご要望等がありましたら遠慮なくご連絡ください。

1.2018年3月卒業・修了学生の進路概要と
2019年3月卒業・修了予定学生の学校推薦利用率

2018年度学部卒業学生の73%が修士課程に進学し、25%が就職しました。大学院修士修了学生の6%が博士課程に進学し、89%が就職しました。就職活動における学校推薦の利用率は、2018および2019年度のいずれにおいても、学部卒業学生(含む予定者)の約2割、修士修了学生(含む予定者)の約4割となっています。

2.採用選考活動日程の遵守

大学および大学院の学生として本来の実力を高めるために勉学と研究の時間の確保は極めて重要です。採用活動にあたりましては、本学の学事日程をご考慮の上、学生の教育・研究活動に影響を与えないようにご配慮ください。基本的には、政府によって要請されている採用選考活動日程の遵守をお願いいたします。求人票等の採用情報は2020年3月1日以降に学生に公開いたします。

3.企業別・系別の学校推薦と自由応募の選択と併用禁止

本学卒業・修了予定者の採用にあたっては、系(※)ごとに学校推薦と自由応募のどちらか一方を選択していただき、同じ系の中での併用はご遠慮いただいています。すなわち、学校推薦枠のある系所属の学生を、自由応募で受け付けることはできせん。ただし、推薦枠の設定は、職種別、学部卒業予定者・大学院修了予定者別の設定が可能です。また、学校推薦か自由応募のいずれかによる採用を完全に終了した後、追加募集で応募形態を変更することは可能です。

※学部生・大学院生ともに、研究室の指導教員が所属する学科ごとに就職支援を行います。大学院生は学科に所属していないため、本学ではこのグループを「系」と呼んでいます。

4.学校推薦制度の厳格な運用

学校推薦制度は企業と大学との信頼関係に支えられています。この信頼関係を維持するために、理工学部・理工学研究科では、厳格かつ誠実な学校推薦制度の運用を行っています。学内面接を経た学校推薦決定者は他のいかなる進路も閉ざして選考に臨んでいることをご承知おきください。信頼関係に裏打ちされた学校推薦制度での採用をご希望の場合は、後述の学校推薦求人お申込み手順をご確認ください。

5.学内広報活動や先輩リクルーター来訪に係る制約

学内での採用広報活動や先輩リクルーターの来訪に際しては、学内の教育・研究環境を平静に保つため、教室・会議室等の授業・校務に使用するスペースの利用を禁止しています。また、機材の貸し出や掲示・広報等もいたしかねます。学生との談話には、学生コミュニケーションルーム(14棟1階)や学生ラウンジ(34棟2階)等のフリースペースをご利用ください。ただし、大人数での利用や大声での説明など、利用者に迷惑を掛けることが無いようにご配慮ください。趣旨をご理解の上、ご協力をお願い申し上げます。

6.知的財産権保護

理工学部・理工学研究科における研究内容は知財権保護の観点から非公開扱いにすることがあります。面談・面接などでは学生の守秘義務へのご理解をお願いいたします。

ご求人について

自由応募のご求人について

・キャリタスUCによる求人情報の掲載
本学では、(株)ディスコによって運営・管理されているインターネットを活用した【学校向け求人情報配信システム(キャリタスUC)】を利用し、インターネット上において貴社・貴団体の本学への求人情報を学生に公開しております。お手数ではございますが、自由応募の求人情報についてはキャリタスUCからの申し込みをお願いいたします。

・お申し込み方法
キャリタスUC のIDとパスワードを取得されていない企業・団体様は、登録サイト( https://uc.career-tasu.jp/corp/ )から新規IDとパスワードの取得申請をお願いいたします。
IDとパスワードを取得済みの企業・団体様は、ログイン画面よりID・パスワードを入力し本学を指定のうえ送信してください。
なお、ID・パスワード照会は、本学ではなく、キャリタスUCを運営する(株)ディスコの問い合わせ窓口にて行ってください。

学校推薦のご求人について

学校推薦求人のお申込み方法
学校推薦求人をご希望の企業様には、お申込み手続きのご案内を個別にお送りいたします。下記お問い合わせ先までご請求ください。

・学校推薦求人票について
本学所定用紙によるご作成をお願いしております。 用紙は下記よりダウンロードいただけます。
2020年度(2020年9月、2021年3月)卒業・修了見込み者向け 学校推薦用求人票
※必ず裏面の記載もお願いいたします。
※自由応募の場合は本学所定用紙の求人票は不要です。

・お問い合わせ先・求人票ご送付先
〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3丁目14番1号
慶應義塾大学 理工学部 学生課 キャリア支援窓口
TEL045-566-1465
E-mailplacement-yagami*adst.keio.ac.jp
(メールを送る際は*を@に変換してお送りください。)

学校推薦状の発行について

学校推薦状は、『学校推薦』のご求人枠に限り、理工学部長(大学院理工学研究科委員長)と大学長名で、7月以降に発行いたします。『自由応募』のご求人に関しましては、発行できません。

健康診断証明書の発行について

健康診断証明書の発行は6月中旬以降となります。

キャリア支援担当事務局への資料送付・お問合せ先について

ご求人・会社説明・インターンシップ関連の資料について

ご送付いただく資料はA4サイズで2部までとさせて頂いております。
※場所に限りがございますので、大量に送付頂いても処理いたしかねます。
※冊子等を箱でご送付頂く場合は必ず事前にご確認下さい。

就職情報会社様の資料について

・就職情報誌等の郵便物、宅配物をご送付頂く際には事前にご連絡をお願いいたします。特に弊学からの発注依頼がない限り、冊子体等の送付部数は20部までとさせていただきます。 宜しくご理解の程お願い申し上げます。
・ご来訪頂く際には事前にご連絡下さい。
・構内で、資料やチラシ等の配布はご遠慮いただいております。

資料送付・お問い合わせ先

〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3丁目14番1号
慶應義塾大学 理工学部 学生課 キャリア支援窓口
TEL045-566-1465
E-mailplacement-yagami*adst.keio.ac.jp
(メールを送る際は*を@に変換してお送りください。)
矢上キャンパスマップ: https://www.keio.ac.jp/ja/maps/yagami.html

本学学生の就職活動に係る各種データ

ナビゲーションの始まり