動画を絞り込む

#covid-19 #機械工学科 #電気情報工学科 #応用化学科 #物理情報工学科 #管理工学科 #数理科学科 #物理学科 #化学科 #システムデザイン工学科 #情報工学科 #生命情報学科 #学門A #学門B #学門C #学門D #学門E #受験生向け #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #人気 #新着 #AI・データサイエンス #医工連携 #English 全てのタグ

動画検索

Pre- KEIO TECHNO-MALL2021セミナーシリーズ(第5回)慶應義塾における共創の場形成による産学連携と医工連携の展開
#研究者向け #一般の方向け #企業の方向け #新着 #医工連携

Pre- KEIO TECHNO-MALL2021セミナーシリーズ(第5回)慶應義塾における共創の場形成による産学連携と医工連携の展開

More Information
Pre- KEIO TECHNO-MALL2021セミナーシリーズ(第5回)慶應義塾における共創の場形成による産学連携と医工連携の展開
#研究者向け #一般の方向け #企業の方向け #新着 #医工連携

本学は、科学技術振興機構による共創の場形成支援プログラムに採択されました。ヘルスコモンズセンターを設立し、①ウェルビーイングを実現する社会システムデザインの構築、②ウェルビーイングを共創するサイエンスナレッジ・データ基盤の整備、③一人ひとりに寄り添うメディカル、ヘルスケア、介護の実現を目指します。本セミナーでは、このセンターのコンセプトについて、プロジェクトリーダーの中村雅也(産学連携・イノベーション担当副医学部長)が講演し、続く総合討論では、サブリーダーの満倉靖恵(理工学部教授)と吉元良太(イノベーション推進本部特任教授)も加わり本拠点で推進する医工連携と産学連携について議論しました。

慶應義塾大学理工学部機械工学科尾上弘晃研究室 微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創生を目指して
#機械工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部機械工学科尾上弘晃研究室 微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創生を目指して

More Information
慶應義塾大学理工学部機械工学科尾上弘晃研究室 微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創生を目指して
#機械工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部機械工学科尾上弘晃研究室では、微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創生を目指した研究を行っています。

慶應義塾大学理工学部管理工学科中西美和研究室 「人間特性」を深く理解し、暮らしや仕事に貢献する
#管理工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部管理工学科中西美和研究室 「人間特性」を深く理解し、暮らしや仕事に貢献する

More Information
慶應義塾大学理工学部管理工学科中西美和研究室 「人間特性」を深く理解し、暮らしや仕事に貢献する
#管理工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部管理工学科中西美和研究室では、「人間特性」を深く理解し、暮らしや仕事に貢献する様々な調査・データ解析に取り組んでいます。

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科山下忠紘研究室 細胞が周辺形状を知覚しながら複雑な組織を作り上げる基本原理を追求
#システムデザイン工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科山下忠紘研究室 細胞が周辺形状を知覚しながら複雑な組織を作り上げる基本原理を追求

More Information
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科山下忠紘研究室 細胞が周辺形状を知覚しながら複雑な組織を作り上げる基本原理を追求
#システムデザイン工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科山下忠紘研究室では、細胞が周辺形状を知覚しながら複雑な組織を作り上げる基本原理の追求に取り組んでいます。

慶應義塾大学理工学部物理情報工学科清水智子研究室 表面・界面科学の研究
#物理情報工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部物理情報工学科清水智子研究室 表面・界面科学の研究

More Information
慶應義塾大学理工学部物理情報工学科清水智子研究室 表面・界面科学の研究
#物理情報工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部物理情報工学科清水智子研究室では、表面・界面科学の研究に取り組んでいます。

慶應義塾大学理工学部情報工学科松谷宏紀研究室 AI、IoT、Beyond5Gのための基盤システムの研究
#情報工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部情報工学科松谷宏紀研究室 AI、IoT、Beyond5Gのための基盤システムの研究

More Information
慶應義塾大学理工学部情報工学科松谷宏紀研究室 AI、IoT、Beyond5Gのための基盤システムの研究
#情報工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部情報工学科松谷宏紀研究室では、AI、IoT、Beyond5Gのための基盤システムの研究に取り組んでいます。

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科桂誠一郎研究室 「ヒューマンコピー」の創生に向けて
#システムデザイン工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科桂誠一郎研究室 「ヒューマンコピー」の創生に向けて

More Information
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科桂誠一郎研究室 「ヒューマンコピー」の創生に向けて
#システムデザイン工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科桂誠一郎研究室では、「ヒューマンコピー」の創生に向けて、動作データ抽出方法や機能的電気刺激に関する研究、ロボットハンドの開発などに取り組んでいます。

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科小池綾研究室 3Dプリンタ等の付加加工を応用した工作機械の開発
#システムデザイン工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科小池綾研究室 3Dプリンタ等の付加加工を応用した工作機械の開発

More Information
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科小池綾研究室 3Dプリンタ等の付加加工を応用した工作機械の開発
#システムデザイン工学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科小池綾研究室では、3Dプリンタ等の付加加工を応用した工作機械の開発に取り組んでいます。

慶應義塾大学理工学部応用化学科分析化学研究室 応用を目指した分析技術の開発
#応用化学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け

慶應義塾大学理工学部応用化学科分析化学研究室 応用を目指した分析技術の開発

More Information
慶應義塾大学理工学部応用化学科分析化学研究室 応用を目指した分析技術の開発
#応用化学科 #研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け

慶應義塾大学理工学部応用化学科分析化学研究室では、医療・バイオ分野への応用を目指した分析技術の開発に取り組んでいます。

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第4回)SDGsに貢献する有機素材の開発
#研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第4回)SDGsに貢献する有機素材の開発

More Information
Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第4回)SDGsに貢献する有機素材の開発
#研究者向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

2021年11月6日(土)にオンラインで開催しました。
【セミナー概要】
持続可能な社会の構築を掲げたSDGsを達成する上で、様々な機能をもつ素材の提供を通じて、モノづくりを実践的に行う化学の力は重要です。今回は、有機化学に焦点を当て、モノづくりの基礎となる有機反応の開発から、材料の設計と合成、さらにはケミカルバイオロジー、バイオテクノロジーの基礎技術まで、慶應初の取り組みについて、若い世代の理工学部教員が研究内容のみならず、その課題や展望を紹介し、社会実装の可能性についてディスカッションを行いました。

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第3回)理工学部が日本のジェンダー問題を考える
#受験生向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第3回)理工学部が日本のジェンダー問題を考える

More Information
Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第3回)理工学部が日本のジェンダー問題を考える
#受験生向け #一般の方向け #在学生向け #企業の方向け #新着

2021年10月20日にオンラインで開催しました。
【セミナー概要】
日本の大学における女子学生の割合は現在45%を超えており、大学進学における男女比は均等に近づきつつあります。しかし一方で、上場企業の役員における女性の占める割合は10%強であり、アメリカ・フランス・スウェーデンなどの欧米諸国(30-45%)やシンガポール・フィリピンなどのアジア諸国(35-50%)に比べても、低い割合に留まっています。この現象は一体何が原因なのでしょうか?未来の日本の成長戦略のために女性の能力活用はどのように進めて行けば良いのでしょうか?女性比率の向上のために、人材を育成・輩出すべき大学ができる事は何でしょうか?理工学部教員を中心としたパネラーによるディスカッションにより、ジェンダー問題を議論しました。

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021セミナーシリーズ(第2回)デジタル技術が切り開く新しいサイエンス~データ活用で医療・社会が変わる~(デジタルの日記念イベント文理融合型シンポジウム)
#研究者向け #企業の方向け #新着 #医工連携

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021セミナーシリーズ(第2回)デジタル技術が切り開く新しいサイエンス~データ活用で医療・社会が変わる~(デジタルの日記念イベント文理融合型シンポジウム)

More Information
Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021セミナーシリーズ(第2回)デジタル技術が切り開く新しいサイエンス~データ活用で医療・社会が変わる~(デジタルの日記念イベント文理融合型シンポジウム)
#研究者向け #企業の方向け #新着 #医工連携

2021年10月4日(月)にオンラインで開催しました。
Pre-KEIO TECHNO MALL 2021 セミナーシリーズの詳細については、以下のwebサイトをご覧ください。
http://www.kll.keio.ac.jp/ktm/preevent

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第1回)「Beyond5Gへの慶應の戦略」(デジタルの日記念イベント)
#研究者向け #一般の方向け #企業の方向け #新着

Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第1回)「Beyond5Gへの慶應の戦略」(デジタルの日記念イベント)

More Information
Pre- KEIO TECHNO-MALL 2021 セミナーシリーズ(第1回)「Beyond5Gへの慶應の戦略」(デジタルの日記念イベント)
#研究者向け #一般の方向け #企業の方向け #新着

【セミナー概要】日本では5Gの商用サービスが開始され、IoTや自動運転と言ったスマート社会のキーサービスが、まさに開始されようとしています。それは同時に、研究としてはBeyond5G、つまり6Gに向けた研究競争のスタートの合図でもあります。慶應義塾大学理工学部は、このBeyond5Gに向かい、戦略的にキー技術の研究を重点化させるとともに、オープンイノベーションを開始しようとしています。具体的には、デバイスからシステム、ネットワーク、アプリケーションを垂直統合するとともに、海外、企業とも水平に連携した研究センターを模索しています。

Development of terahertz spectroscopy system and its industrial applications
#物理学科 #企業の方向け #新着 #English

Development of terahertz spectroscopy system and its industrial applications

More Information
Development of terahertz spectroscopy system and its industrial applications
#物理学科 #企業の方向け #新着 #English

Development of terahertz spectroscopy system and its industrial applications: Exhibition at 21st. Keio Techno-MALL 2020 (online)

テラヘルツ分光装置の開発と産業応用展開
#物理学科 #企業の方向け #新着

テラヘルツ分光装置の開発と産業応用展開

More Information
テラヘルツ分光装置の開発と産業応用展開
#物理学科 #企業の方向け #新着

テラヘルツ分光装置の開発と産業応用展開:2020年度第21回慶應テクノモール出展ビデオ

慶應義塾大学 理工学部 模擬講義「慶應義塾の環境化学」(応用化学科 奥田 知明 教授)
#covid-19 #応用化学科 #学門E #受験生向け

慶應義塾大学 理工学部 模擬講義「慶應義塾の環境化学」(応用化学科 奥田 知明 教授)

More Information
慶應義塾大学 理工学部 模擬講義「慶應義塾の環境化学」(応用化学科 奥田 知明 教授)
#covid-19 #応用化学科 #学門E #受験生向け

慶應義塾大学理工学部応用化学科の奥田知明教授による、高校生・大学受験生を対象とした理工学部の模擬講義・学部紹介動画です。 新型コロナウイルス感染症対策の一環として奥田教授が行ってきた「マスクの粒子捕集効果の実験」や「オーケストラ演奏による飛沫の計測」などの研究に関する模擬講義を行うとともに、高校生の皆さんが「もの」づくりの基本骨格となる分野である化学を学ぶ意義をご説明します。 また、「学門制」を始めとする理工学部の特徴、大学における研究の魅力や研究室の様子もご紹介いたします。

第2回 K-MEDシンポジウム「コロナ禍で見えてきた本質 ~大学が守るべきこと、変えるべきこと~」(2021.3.1開催)
#covid-19 #一般の方向け #医工連携

第2回 K-MEDシンポジウム「コロナ禍で見えてきた本質 ~大学が守るべきこと、変えるべきこと~」(2021.3.1開催)

More Information
第2回 K-MEDシンポジウム「コロナ禍で見えてきた本質 ~大学が守るべきこと、変えるべきこと~」(2021.3.1開催)
#covid-19 #一般の方向け #医工連携

開会ご挨拶 竹村研治郎 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 教授 コロナ対策プロジェクトがもたらした成長 〜 リアルタイム換気モニタリングシステムの社会実装を通して 〜 小嶋洋至 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 石川 空 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 石上玄也 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 准教授 奥田知明 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授 コロナ後の国際的競争力のために今すべきこと 牧 兼充 早稲田大学ビジネススクール 准教授 UCSD Rady School of Management 客員助教授 総合討論「守るべきこと、変えるべきこと」 ・大学での学びの本質 ・コロナ時代の教授法と質の保証 ・大学の国際的競争力

K-Med (KGRI共催) シンポジウム「コロナ危機を科学的に捉える」
#covid-19 #一般の方向け #医工連携

K-Med (KGRI共催) シンポジウム「コロナ危機を科学的に捉える」

More Information
K-Med (KGRI共催) シンポジウム「コロナ危機を科学的に捉える」
#covid-19 #一般の方向け #医工連携

【開催概要】
日時:2020年9月24日(木)17:30?19:30
開催方法:zoom
主催:慶應メドテックデザインプロジェクト
共催:慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート

【プログラム】
開会ご挨拶
 竹村研治郎 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 教授
危機を科学的に捉えるということ
 三木則尚 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 教授
 中西美和 慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 教授
飛沫の拡散とマスクの効果 ?環境化学の視点から?
 奥田知明 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授
緊急対応のものづくり ?フェイスシールドを大学病院に?
 石上玄也 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 准教授

慶應義塾大学 理工学部 模擬講義「人と共生するAI」(管理工学科 栗原 聡 教授)
#管理工学科 #学門C #学門D #受験生向け #AI・データサイエンス

慶應義塾大学 理工学部 模擬講義「人と共生するAI」(管理工学科 栗原 聡 教授)

More Information
慶應義塾大学 理工学部 模擬講義「人と共生するAI」(管理工学科 栗原 聡 教授)
#管理工学科 #学門C #学門D #受験生向け #AI・データサイエンス

慶應義塾大学理工学部管理工学科の栗原聡教授による、高校生・大学受験生を対象とした理工学部の模擬講義・学部紹介動画です。 効率化・無駄削減のように人が苦手な作業をサポートする従来型のAI研究ではなく、人間の得意な創造力をサポートする新しいAIの研究の一例として、AIが産み出したストーリーとキャラクター原案をブラッシュアップして作成された手塚治虫31年ぶりの新作漫画「ぱいどん」を題材とした模擬講義を行います。 また、模擬講義以外にも、高校生の皆さんが「世界共通言語」である数学を学ぶ意義をご説明するとともに、大学における研究の魅力や研究室の様子もご紹介いたします。

竹村研究室 - ロボット技術のブレークスルーを目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

竹村研究室 - ロボット技術のブレークスルーを目指して

More Information
竹村研究室 - ロボット技術のブレークスルーを目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 竹村 研治郎 研究室
「要素技術からロボット技術のブレークスルーを目指して」

「慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 竹村研治郎研究室ではロボット技術の応用先に目を向けるのではなく、要素技術を革新することによってロボット技術そのものをブレークスルーすることを目指しています。このために、次のような新たなアクチュエータやセンサ、設計法を研究しています。」

高野研究室 - 微細領域での計測による生活向上を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

高野研究室 - 微細領域での計測による生活向上を目指して

More Information
高野研究室 - 微細領域での計測による生活向上を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

高野研究室(慶大機械工学科)では計測不可能な微細領域での計算・シミュレーション技術の開発を行っています。
マイクロメカニクスやマルチスケールシミュレーションの長年の研究で培った計算技術を生体力学・先進材料の開発・マイクロマシンの設計といった幅広い分野で役立てています。そういった研究の一つに骨の医工連携研究があります。
骨や歯にかかる負荷をシミュレーションで計測する事によって、医療へ貢献していくのです。

三木研究室 - 人に役立つナノ・マイクロシステム
#機械工学科 #学門A #学門D

三木研究室 - 人に役立つナノ・マイクロシステム

More Information
三木研究室 - 人に役立つナノ・マイクロシステム
#機械工学科 #学門A #学門D

三木研究室(慶應義塾大学機械工学科)ではマイクロメートル、ナノメートルサイズの微小な構造を作る技術を用いて、これまでにない新しいコンセプトの人に役立つ機械の研究を行っています。
多岐にわたるナノ・マイクロ製作技術を駆使し、特に、ヒューマンインターフェース、医療、環境・エネルギー分野におけるイノベーションを目指しています。

堀田研究室 - ソフトマテリアルで機能性材料を創製する
#機械工学科 #学門A #学門D

堀田研究室 - ソフトマテリアルで機能性材料を創製する

More Information
堀田研究室 - ソフトマテリアルで機能性材料を創製する
#機械工学科 #学門A #学門D

慶応義塾大学 理工学部 機械工学科 堀田研究室

ここ堀田研究室ではソフトマテリアルの可能性を研究しています。
ソフトマテリアルとはその名の通り柔らかい材料の事を指します。
柔らかい材料のほとんどは長い分子である高分子を使います。高分子はポリマーとも呼ばれ、その分子構造を色々と変えてうまく調整することで、プラスチックのように固い材料から、ゴム・エラストマーのように弾性があり柔らかい材料、そして水分などを多く含んだひじょうに柔らかいゲルにまで、さまざまに性質を変化させる事が可能です。ポリマーの複合材料(コンポジット)の中には金属やセラミックス以上に固い材料もあります。

小尾研究室 - 理論・実験・シミュレーションで乱流現象を科学する
#機械工学科 #学門A #学門D

小尾研究室 - 理論・実験・シミュレーションで乱流現象を科学する

More Information
小尾研究室 - 理論・実験・シミュレーションで乱流現象を科学する
#機械工学科 #学門A #学門D

小尾研究室では、乱流現象の計測とモデリングを主なテーマとして、そこから派生する新たな計測手法やコンピュータシミュレーションなど様々なトピックについて研究を行っています。
我々の生活は水や空気をはじめとしてあらゆる場面で流体と接し、利用しています。なかでも乱流現象は運動が複雑で、一見するととても予測など不可能ではないかと思わせるものがありますが、理論は成熟しているし、工学的には加熱、冷却、物質の混合などの様々な場面でこれまで多くの経験が蓄積されており、高速計算機によるシミュレーションも様々な機器の設計に役立てられています。

小茂鳥研究室 - 構造用鋼のためのハイブリッド表面改質 生体・医療材料のための表面改質
#機械工学科 #学門A #学門D

小茂鳥研究室 - 構造用鋼のためのハイブリッド表面改質 生体・医療材料のための表面改質

More Information
小茂鳥研究室 - 構造用鋼のためのハイブリッド表面改質 生体・医療材料のための表面改質
#機械工学科 #学門A #学門D

近年,科学技術の進歩に伴い,機械や構造システムに利用される材料に対する要望も高まりつつあります。小茂鳥研究室では、材料の表面を改質する技術を開発し、耐食性、耐摩耗性や疲労特性に優れる材料の実現を目指し、研究を行っています。

松岡研究室 - あらゆるデザインを統合するデザイン科学の構築を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

松岡研究室 - あらゆるデザインを統合するデザイン科学の構築を目指して

More Information
松岡研究室 - あらゆるデザインを統合するデザイン科学の構築を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

「あらゆるデザインを統合するデザイン科学の構築を目指して」
慶應義塾大学 理工学部機械工学科
松岡 由幸

ここ松岡研究室ではデザイナが行うインダストリアルデザインと設計者が行うエンジニアリングデザインという両デザインを統合するデザインの理論や方法論を研究しています.
 この両デザインには共通となる基盤や土俵がないため,情報の共有や協調させる事が難しくなっています。
その問題を解決すべく,松岡研究室では両デザインを含むあらゆるデザインの基盤となり、それらを統合可能なデザイン科学の構築を目指しています.

泰岡研究室 - 分子動力学シミュレーション分野をリードする
#機械工学科 #学門A #学門D

泰岡研究室 - 分子動力学シミュレーション分野をリードする

More Information
泰岡研究室 - 分子動力学シミュレーション分野をリードする
#機械工学科 #学門A #学門D

泰岡研究室では、分子シミュレーションという方法を用いて 液体や液相などの ソフトマテリアルの原子や
分子の動きを追求する研究をおこなっています。
中でも力を入れているのが、分子動力学シミュレーションを使い 分子と分子、原子と原子の間に働く力を計算し、時々刻々と変化する分子・原子の運動を見る事です。
近年ナノテクノロジー技術の進歩により、目に見えない世界での もの作りが必要となってきました。
実験では、原子の状況が時間とともに変化するような場合を見る事は難しいですが、泰岡研究室ではそこをシミュレーションで計算する事によって 見る事を可能にします。

大宮研究室 - ナノストラクチャー構造制御による機能性薄膜の研究
#機械工学科 #学門A #学門D

大宮研究室 - ナノストラクチャー構造制御による機能性薄膜の研究

More Information
大宮研究室 - ナノストラクチャー構造制御による機能性薄膜の研究
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 大宮研究室では機械材料や材料力学の研究を進めています。中でも力を入れているのが、ナノスケールでの構造制御により光学的な特性や機械的特性を持たせた機能性薄膜の開発です。
ナノストラクチャー構造と呼ばれるこの構造は、基板を回転させてその上に真空蒸着法により材料分子を積層させて製作されます。

横森研究室 - 機能性物質の燃焼合成法の開発など
#機械工学科 #学門A #学門D

横森研究室 - 機能性物質の燃焼合成法の開発など"燃焼"の持つ可能性を追求

More Information
横森研究室 - 機能性物質の燃焼合成法の開発など"燃焼"の持つ可能性を追求
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学理工学部機械工学科 横森研究室では、"燃焼"というキーワードを柱に研究活動を行っています.
昨今,世界規模で懸念されている地球温暖化などの環境問題や化石エネルギー枯渇問題等の多くは"燃焼"に起因しているところが多く,燃焼関連技術の向上に対する研究は大変重要なものと言えます.また一方で,燃焼は古くから利用されている技術ですが,最近ではナノ物質等の機能性物質の燃焼合成といった新規な分野も開拓されつつあります.

松尾研究室 - 圧縮性流体とコンピュータシミュレーションによる解析
#機械工学科 #学門A #学門D

松尾研究室 - 圧縮性流体とコンピュータシミュレーションによる解析

More Information
松尾研究室 - 圧縮性流体とコンピュータシミュレーションによる解析
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学理工学部機械工学科 松尾研究室では,圧縮性流体に関わる現象を研究しています。コンピュータシミュレーションをすることによって、莫大な資金や巨大な装置がなくても、様々な実験をコンピュータ上で再現することができるようになります。松尾研究室では、これからもシミュレーション技術を高めることによって、航空宇宙や安全工学の発展に、積極的に貢献していきます。

安藤研究室 実験と数値解析を組み合わせたアプローチによるキャビテーションの微細構造解明を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

安藤研究室 実験と数値解析を組み合わせたアプローチによるキャビテーションの微細構造解明を目指して

More Information
安藤研究室 実験と数値解析を組み合わせたアプローチによるキャビテーションの微細構造解明を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

安藤研究室では、実験と理論・数値解析すべてのアプローチを駆使し、混相流の複雑な物理解明に向けて日々研究を行っています。特に、キャビテーションと呼ばれる気液二相流れに着目し、基礎ならびに応用研究に力を注いでいます。

竹村研究室 - アクチュエーション技術が革新する次世代メカトロニクス
#機械工学科 #学門A #学門D

竹村研究室 - アクチュエーション技術が革新する次世代メカトロニクス

More Information
竹村研究室 - アクチュエーション技術が革新する次世代メカトロニクス
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学 理工学部 竹村研究室では、ロボットを構成する要素技術に着目し研究開発をおこなっています。
なかでも電界共役流体や電気粘性流体、超音波振動といった要素技術の開発に力を入れ、メカトロニクス技術をブレークスルーし新たな応用分野への適用を目指しています。

閻研究室 - 限りなく高い付加価値への挑戦:ナノメートルスケールの最先端加工技術
#機械工学科 #学門A #学門D

閻研究室 - 限りなく高い付加価値への挑戦:ナノメートルスケールの最先端加工技術

More Information
閻研究室 - 限りなく高い付加価値への挑戦:ナノメートルスケールの最先端加工技術
#機械工学科 #学門A #学門D

天文望遠鏡から家庭用カメラまで、航空機から携帯端末まで、半導体デバイスから医療機器まで、あらゆる光学・機械・電子製品は精密な加工技術によって作られています。
加工の精密さは、マイクロメートルからサブマイクロメートルへ、そして最近ではナノメートルスケールに向けて進んできており、近い将来には個々原子の加減によるものづくりまで到達すると考えられています。
慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 閻研究室では、そんなナノスケールそして原子レベルでの材料除去・変形および物性制御に基づく超精密加工技術を研究しています。
精密ナノ加工を行うことで素材の特性を最大限に引き出すこと、そして素材自身の特性を超えるような全く新しい機能を持たせることを目標に置き、工業製品の付加価値の最大化を目指しています。

鈴木研究室 - ダイヤモンドライクカーボン(DLC)の更なる応用を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

鈴木研究室 - ダイヤモンドライクカーボン(DLC)の更なる応用を目指して

More Information
鈴木研究室 - ダイヤモンドライクカーボン(DLC)の更なる応用を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学理工学部 機械工学科 鈴木研究室では、"ナノマテリアル"をキーワードに、高機能薄膜材料の開発や原子レベルでの材料解析に取り組んでいます。中でも、ダイヤモンドライクカーボン、略してDLCという炭素を素材として、様々な分野への応用を目的に研究しています。

DLCは、ダイヤモンドに近い性質を持つ非晶質の炭素膜で、硬度、平滑性、ガスバリア性、生体適合性において優れた特性を持ちます。すでにペットボトルや自動車部品など幅広く活用されています。

杉浦研究室 - 超電導、超音波、マイクロバブルと機械力学
#機械工学科 #学門A #学門D

杉浦研究室 - 超電導、超音波、マイクロバブルと機械力学

More Information
杉浦研究室 - 超電導、超音波、マイクロバブルと機械力学
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学理工学部機械工学科杉浦研究室では、電磁気学と機械力学の連成現象や非線形動力学の現象について、解析と実験による解明に取り組んでおり、現在は大きく3つのテーマに力を入れています。一つ目は、超電導磁気浮上系の非線形振動の研究です。超電導磁気浮上系は、物体を非接触で浮上させることから、摩擦によるエネルギー損失が極めて少なく、エネルギー効率の高い機構への応用が期待されています。

尾上研究室 - 微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創成を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

尾上研究室 - 微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創成を目指して

More Information
尾上研究室 - 微細加工技術を使った様々な材料の統合による新システム創成を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学理工学部機械工学科 尾上(おのえ)弘晃研究室は,マイクロナノスケールの微細加工技術を基盤技術として、機能性分子素子、ハイドロゲルなどの高分子材料、また細胞や組織に代表される生体材料など、様々なスケールの素材を幅広く統合する物作りの構築法や、それにより創り出される新たなシステムの研究を行っています。

深潟研究室 - 流れの制御による環境負荷の低減を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

深潟研究室 - 流れの制御による環境負荷の低減を目指して

More Information
深潟研究室 - 流れの制御による環境負荷の低減を目指して
#機械工学科 #学門A #学門D

慶應義塾大学理工学部機械工学科 深潟(ふかがた)研究室では、流体の流れの自在な制御を通じて、環境負荷の低減に寄与する基礎技術の研究を行っています。具体的には、壁に沿う乱流の摩擦抵抗の低減による「空力抵抗の低減」、および、物体から放出される渦の抑制による「流体騒音の低減」に関する研究に力を入れています。

加藤研究室 - 製品設計・デザインのための効率化ツールの開発
#機械工学科 #学門A #学門D

加藤研究室 - 製品設計・デザインのための効率化ツールの開発

More Information
加藤研究室 - 製品設計・デザインのための効率化ツールの開発
#機械工学科 #学門A #学門D

加藤研究室
慶應義塾大学理工学部 機械工学科


製品設計・デザインのための効率化ツールの開発


慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 加藤研究室では、ものづくりに欠かせない設計・デザインを効果的・効率的に行うための理論や方法論と、それを応用したものづくりに関する研究を行っています。

神成研究室 - 青色半導体レーザー励起 プラセオジム マルチカラーレーザー
#電気情報工学科 #学門A #学門B

神成研究室 - 青色半導体レーザー励起 プラセオジム マルチカラーレーザー

More Information
神成研究室 - 青色半導体レーザー励起 プラセオジム マルチカラーレーザー
#電気情報工学科 #学門A #学門B

神成研究室は、2009年12月に行われた慶應科学技術展(KEIO TECHNO-MALL)において、青色の半導体レーザーを励起光源とし、Pr(プラセオジウム)イオンを含んだ結晶をレーザー媒質としたレーザー装置を展示しました。

斎木研究室 - 近接場光学で究極的な光源を目指す
#電気情報工学科 #学門A #学門B

斎木研究室 - 近接場光学で究極的な光源を目指す

More Information
斎木研究室 - 近接場光学で究極的な光源を目指す
#電気情報工学科 #学門A #学門B

斎木研究室では近接場光学の研究をおこなっています。
レンズを使うと太陽の光を小さな点に集めることができることはよく知られています。レーザー光の場合さらに小さな点に絞られますが、その点の大きさは1ミクロン程度が限界で、それ以上小さくすることは決してできません。これは光の回折限界とよばれ、レンズを使う限り乗り越えることのできない原理的な壁です。光学顕微鏡の解像度や光ディスクの容量、あるいは光リソグラフィーの加工サイズなど、これらはすべて光の回折限界によってその性能が制限されています。この壁を打ち破る技術を扱うのが近接場光学とよばれる研究分野です。

中野研究室 - 脳の仕組みをしるLSIチップを設計する
#電気情報工学科 #学門A #学門B

中野研究室 - 脳の仕組みをしるLSIチップを設計する

More Information
中野研究室 - 脳の仕組みをしるLSIチップを設計する
#電気情報工学科 #学門A #学門B

脳の仕組みをしるLSIチップを設計する」
慶應義塾大学 理工学部 電子工学科 中野研究室

 現在、脳で考えただけでスイッチの切り替え、コンピュータのカーソルを動かす事などができます。
それを可能にするのがブレインマシンインターフェース、ブレインコンピュータインターフェースという技術です。
しかし、現在の技術では私たちの生活に取り入れるためには多くの問題を解決しなくてはなりません。

津田研究室 - 光で世界を結ぶ:フォトニックネットワークの構築を目指して
#電気情報工学科 #学門A #学門B

津田研究室 - 光で世界を結ぶ:フォトニックネットワークの構築を目指して

More Information
津田研究室 - 光で世界を結ぶ:フォトニックネットワークの構築を目指して
#電気情報工学科 #学門A #学門B

現在の生活に欠かせなくなったインターネットは、情報量及び伝送距離あたりの通信コストを劇的に低減できる「光通信技術」の発展によって実現されました。次世代のインターネット、来るべきユビキタス環境を支えるインフラとして、今まで以上に光通信技術の進展が要求されています。津田研究室では、「通信の光化」をキャッチフレーズに、光機能回路、フォトニックネットワーク、超高速光信号処理などの研究を進め、さらなるネットワークインフラの発展を目指しています。

津田研究室では、「光導波路」を利用した各種光機能回路に着眼しています。光導波路とは、基板の上に光の通り道をつくり、光を閉じ込めたり、中で曲げたり、二つに分割することができます。中でも石英ガラスを用いた「石英光導波路」は、波長の異なる光信号を分割したり結合したりするデバイスとして注目を集めています。

岡田研究室 - 光を用いた生体機能の測定
#電気情報工学科 #学門A #学門B

岡田研究室 - 光を用いた生体機能の測定

More Information
岡田研究室 - 光を用いた生体機能の測定
#電気情報工学科 #学門A #学門B

健康の良し悪しを顔色、つまり体内の血液量で見ることが出来るように、体内の血液量の変化を調べることで、活動している生体の働きを測ることが出来ます。岡田研究室では、可視光よりも波長の長い近赤外線が身体の中を透過して血液で吸収される性質を利用し、刻々と変化する脳内の血液量といった生体の機能を測定する技術についての研究を行っています。

田邉研究室 - 微小光共振器を利用した究極の省エネルギー化を目指して
#電気情報工学科 #学門A #学門B

田邉研究室 - 微小光共振器を利用した究極の省エネルギー化を目指して

More Information
田邉研究室 - 微小光共振器を利用した究極の省エネルギー化を目指して
#電気情報工学科 #学門A #学門B

慶応義塾大学 理工学部 電子工学科 田邉研究室では光を利用した究極的な省エネルギーを目指し、光を閉じ込める容器である微小光共振器の研究開発を進めています。
通常電気を利用した信号処理では配線に抵抗があるので電流が流れた時にはジュール熱が発生しエネルギーが外に逃げ出してしまいますが、微小光共振器では光を閉じ込めその光で信号処理をおこなうためエネルギーロスをなくし究極的な省エネルギー化を実現する事が出来ます。

青木研究室 - 慶應発!画像センシング技術の実用化を目指して
#電気情報工学科 #学門A #学門B

青木研究室 - 慶應発!画像センシング技術の実用化を目指して

More Information
青木研究室 - 慶應発!画像センシング技術の実用化を目指して
#電気情報工学科 #学門A #学門B

慶應義塾大学 理工学部 青木研究室では、視覚センサから得られる画像情報を対象としたセンシング技術や、得られたセンシング結果を統合しより深い事象の理解を目指すメディア理解技術について、人間の認知機構や感性といった側面をも考慮しながら様々な研究を展開しています。

寺川研究室 - レーザーと物質の相互作用を探求・活用して、工業、バイオ、医療に貢献する
#電気情報工学科 #学門A #学門B

寺川研究室 - レーザーと物質の相互作用を探求・活用して、工業、バイオ、医療に貢献する

More Information
寺川研究室 - レーザーと物質の相互作用を探求・活用して、工業、バイオ、医療に貢献する
#電気情報工学科 #学門A #学門B

慶應義塾大学理工学部電子工学科 寺川研究室では、レーザーと物質の相互作用を探求・活用して、工業、バイオ、医療に貢献する技術の研究を行っています。


研究の大きな柱となっているのが、レーザー加工、微細構造、そしてレーザーの医療及びバイオへの応用です。特に、現在広く産業応用がされているレーザーよりはるかに微細な加工ができるフェムト秒レーザーを用いた加工に力を入れています。

久保研究室 - 人と環境にやさしいネットワーク社会の実現と制御システム
#電気情報工学科 #学門A #学門B

久保研究室 - 人と環境にやさしいネットワーク社会の実現と制御システム

More Information
久保研究室 - 人と環境にやさしいネットワーク社会の実現と制御システム
#電気情報工学科 #学門A #学門B

慶應義塾大学理工学部 電子工学科 久保亮吾研究室では、インフラサービスの観点から人と環境にやさしい社会の実現を目指しています。
研究室では対象を自由自在に操作するための制御工学と複数の対象をネットワークで繋ぐ情報通信工学の学問領域で研究が行われています。

湯川研究室 - 数理モデル選択と適応学習を一体化した新アプローチの応用展開
#電気情報工学科 #学門A #学門B

湯川研究室 - 数理モデル選択と適応学習を一体化した新アプローチの応用展開

More Information
湯川研究室 - 数理モデル選択と適応学習を一体化した新アプローチの応用展開
#電気情報工学科 #学門A #学門B

慶應義塾大学理工学部 電子工学科 湯川研究室では、電子産業の心臓部に当たる基盤技術であり、また情報化社会に欠かせない要素技術である信号処理工学に数理的なアプローチで取り組んでいます。森羅万象に潜む信号から有益な情報を取り出すことで新しいものを生み出すことを目指す信号処理工学は、近年産業界で注目されているビッグデータ解析やブレインマシンインターフェースなどの源泉となる技術としても利用されています。

村田研究室 - ロボットから人の知能の謎を解き明かす
#電気情報工学科 #学門A #学門B

村田研究室 - ロボットから人の知能の謎を解き明かす

More Information
村田研究室 - ロボットから人の知能の謎を解き明かす
#電気情報工学科 #学門A #学門B

慶應義塾大学 理工学部 電気情報工学科 村田研究室では認知神経科学・ロボティクス・機械学習等,様々な研究分野の知識を統合することで「認知ロボティクス」の研究を行なっています.また,そこで得られた知見を発展させた「ロボット学習」や「計算論的精神医学」の研究も行なっています.認知ロボティクスの研究では特に,連続的な感覚・運動経験を学習し構造化することで獲得される,知覚・行動・注意といった人間の認知機能を実現する計算メカニズムの構成論的理解を目指しています.ロボット学習の研究では特に,他者(人間やロボット)との協調が可能な知能ロボットの実現を目指しています.計算論的精神医学の研究では特に,自閉スペクトラム症や統合失調症等の精神障害をもたらす計算メカニズムの構成論的理解を目指しています.

松久研究室 - ストレッチャブルエレクトロニクス?
#電気情報工学科 #学門A #学門B

松久研究室 - ストレッチャブルエレクトロニクス?

More Information
松久研究室 - ストレッチャブルエレクトロニクス?
#電気情報工学科 #学門A #学門B

理工学部電気情報工学科松久研究室では、次世代ウェアラブルデバイス・ロボティクス・ヒューマンコンピュータインターフェースのために伸縮性エレクトロニクスを材料から応用まで追求します。

Website: https://www.naojimatsuhisa.com/
Twitter: @naoji_keio (https://twitter.com/naoji_keio)
Google scholar: https://scholar.google.com/citations?...

材料化学研究室(今井宏明教授) - バイオミネラルに学ぶ優しく高機能なマテリアルを目指して
#応用化学科 #学門E

材料化学研究室(今井宏明教授) - バイオミネラルに学ぶ優しく高機能なマテリアルを目指して

More Information
材料化学研究室(今井宏明教授) - バイオミネラルに学ぶ優しく高機能なマテリアルを目指して
#応用化学科 #学門E

今井研究室では、貝殻や骨などの生体がつくる鉱物であるバイオミネラルに関する研究を行っています。

現代の生活は、金属、半導体、プラスチックなどを中心とする物質文明に支えられており、大量のエネルギーや廃棄物が環境に負担をかけています。一方、生物は、常温・常圧の水の中という温和な条件で環境に負荷をかけることなく精緻で高機能なさまざまな材料を作り上げています。

有機機能材料化学研究室(吉岡直樹教授) - スピンをもった分子の化学
#応用化学科 #学門E

有機機能材料化学研究室(吉岡直樹教授) - スピンをもった分子の化学

More Information
有機機能材料化学研究室(吉岡直樹教授) - スピンをもった分子の化学
#応用化学科 #学門E

スピンをもった分子の化学:有機磁石、新しい電池の開発を目指して

吉岡研究室では、有機磁性体の研究を行っています。

磁性は金属元素に固有の性質であり、有機物とは無縁の機能であると思われてきましたが、近年、比重も軽く柔らかい有機材料で磁石ができるのではないかということがわかってきました。

磁石どうしが引きつけ合ったり、反発したりする性質の起源を追求していくと、電子のスピン磁気モーメントにたどりつきます。この孤立した電子は、不対電子と呼ばれており、ミニ磁石としての性質を示します。しかし1つの分子のもつ磁性の性質は非常に微弱なので、個々の分子を分子間で揃える技術が必要です。

化学工学研究室(寺坂宏一教授) - マイクロバブルで環境に優しい未来を
#応用化学科 #学門E

化学工学研究室(寺坂宏一教授) - マイクロバブルで環境に優しい未来を

More Information
化学工学研究室(寺坂宏一教授) - マイクロバブルで環境に優しい未来を
#応用化学科 #学門E

2009年12月、東京国際フォーラムで開催された第10回慶應科学技術展 慶應テクノモールにおいて、寺坂研究室のブースではマイクロバブルによる研究の成果をご来場の方に見て頂きました。
マイクロバブルは直径数十ミクロンの小さな泡で、液体中において通常の気泡とは違った挙動を示す事から様々な用途に活かす事が出来ると大きな期待が持たれています。

機能材料デザイン研究室(磯部徹彦教授) - 光エネルギー変換ナノ蛍光体の基盤構築を目指して
#応用化学科 #学門E

機能材料デザイン研究室(磯部徹彦教授) - 光エネルギー変換ナノ蛍光体の基盤構築を目指して

More Information
機能材料デザイン研究室(磯部徹彦教授) - 光エネルギー変換ナノ蛍光体の基盤構築を目指して
#応用化学科 #学門E

ディスプレイや照明など、私達の身の回りには様々な"光"が関わっています。
最近では省エネルギーの照明としてLEDがクローズアップされていますが、そのLEDの中には発光する材料「蛍光体」が利用されています。
慶應義塾大学理工学部 応用化学科 磯部研究室では、そんな発光体の研究開発を進めています。

生物化学研究室(清水史郎教授) - ケミカルバイオロジーによる転移関連分子の理解と制御
#応用化学科 #学門E

生物化学研究室(清水史郎教授) - ケミカルバイオロジーによる転移関連分子の理解と制御

More Information
生物化学研究室(清水史郎教授) - ケミカルバイオロジーによる転移関連分子の理解と制御
#応用化学科 #学門E

慶應義塾大学理工学部応用化学科 清水研究室では、がん細胞の転移メカニズムを理解し、そして制御することを目的に研究を進めています。その手法として行なっているのは、天然化合物や合成化合物を使用して、癌の転移を抑制するケミカル・バイオロジーの研究、もうひとつは、タンパク質に結合している糖鎖に焦点を当て、翻訳後修飾の生合成遺伝子と機能解析などの研究です。

有機合成化学研究室(高尾賢一教授) - 有機化合物の化学反応から生み出される新規有用物質の開発
#応用化学科 #学門E

有機合成化学研究室(高尾賢一教授) - 有機化合物の化学反応から生み出される新規有用物質の開発

More Information
有機合成化学研究室(高尾賢一教授) - 有機化合物の化学反応から生み出される新規有用物質の開発
#応用化学科 #学門E

慶應義塾大学理工学部応用化学科高尾研究室では従来、天然物から取り出してきた様々な有機化合物を人間の力で作りだすための研究開発をしています。

"天然物はまさしく名の通り、天然にある化合物のことですが、と言ってもワカメやそこら辺の昆布ではなくて、人類はこれまでに多くの医薬品を始めとした人類にとって有用な物質を天然から見出しています。私達もそのような人類にとって良い働きをする化合物を生物に頼らず僕達が化学反応を使って、合成する。もう一つのテーマとしては合成反応の開発を二つの柱の一つに掲げています。"

天然物有機化学研究室(犀川陽子准教授) - ユニークな構造と機能を持つ天然有機化合物の探索と合成
#応用化学科 #学門E

天然物有機化学研究室(犀川陽子准教授) - ユニークな構造と機能を持つ天然有機化合物の探索と合成

More Information
天然物有機化学研究室(犀川陽子准教授) - ユニークな構造と機能を持つ天然有機化合物の探索と合成
#応用化学科 #学門E

慶應義塾大学理工学部 応用化学科 中田・犀川研究室では天然物有機化学の研究を進めています。自然界には私達の思いつかない不思議な現象や精巧なトリックがたくさんあります。挑戦状のような複雑な構造の化合物を自分達の手で合成したり、あるいはまだ解明されていない不思議な生物現象を分子レベルで解き明かす事により、新しい化合物や、化合物の新しい性質、新しい有機化学反応を見つける事ができると考えています。

分析化学研究室(チッテリオ,ダニエル教授) - 幅広い医療への応用に向けた新たなセンシング材料と化学センサー開発
#応用化学科 #学門E

分析化学研究室(チッテリオ,ダニエル教授) - 幅広い医療への応用に向けた新たなセンシング材料と化学センサー開発

More Information
分析化学研究室(チッテリオ,ダニエル教授) - 幅広い医療への応用に向けた新たなセンシング材料と化学センサー開発
#応用化学科 #学門E

慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 チッテリオ研究室は、新たなセンシング材料と化学センサー開発を中心とした研究に取り組んでいます。
専門とする分析化学だけではなく、有機化学,無機化学,生物化学などの様々な分野を融合した研究から,実用性の高い化学センサー開発を行っています。

化学工学研究室(寺坂宏一教授) - 理論と応用を考えるファインバブルサイエンスの構築
#応用化学科 #学門E

化学工学研究室(寺坂宏一教授) - 理論と応用を考えるファインバブルサイエンスの構築

More Information
化学工学研究室(寺坂宏一教授) - 理論と応用を考えるファインバブルサイエンスの構築
#応用化学科 #学門E

寺坂研究室
慶應義塾大学理工学部応用化学科


「理論と応用を考えるファインバブルサイエンスの構築」

慶應義塾大学理工学部 応用化学科 寺坂研究室では化学工学をベースとした知識をもとに、極めて微細な気泡に関する理論と応用を考えるファインバブルサイエンスの構築に取り組んでいます。
新しい分野であるファインバブルは特殊な発生装置を使うことで液中に微細な気泡を作り出します。
この微細気泡「ファインバブル」は直径100マイクロナノメーターより小さな気泡「マイクロバブル」と直径1マイクロメーターよりも小さな泡「ウルトラファインバブル」の2種類に分けられます。

山本研究室 - 量子力学の基礎理論から量子情報技術までを見据えて
#物理情報工学科 #学門A #学門B

山本研究室 - 量子力学の基礎理論から量子情報技術までを見据えて

More Information
山本研究室 - 量子力学の基礎理論から量子情報技術までを見据えて
#物理情報工学科 #学門A #学門B

山本直樹研究室では、量子力学の基礎理論から、その究極の応用である量子情報技術まで、「量子系を制御する」という一貫したコンセプトのもとで研究を行っています。
量子力学とは、古典力学で説明しきれない電子や原子核などの間の現象を説明するために開発された理論で、これらの理論が提案された20世紀初頭にはその解釈をめぐって大論争が展開されました。
初期量子論の確立に多大な貢献をしたアインシュタインでさえ、その正当性を疑い、「神はサイコロを振らない」という有名な言葉が象徴するように、確率論的に振舞うとする量子力学自体について懐疑的な立場をとりました。

的場研究室 - 強相関電子材料の設計による創発的で新しい電子世界の開拓
#物理情報工学科 #学門A #学門B

的場研究室 - 強相関電子材料の設計による創発的で新しい電子世界の開拓

More Information
的場研究室 - 強相関電子材料の設計による創発的で新しい電子世界の開拓
#物理情報工学科 #学門A #学門B

的場研究室では、半導体・環境エネルギー問題を解決できるような新しい強相関電子材料の設計に取り組んでいます。コンピューターやエネルギー分野にとって欠かせない半導体材料は、私たちの日々の生活を大きく支えています。的場研究室では、より高機能な電子材料の創製を目指し、研究を続けています。

足立研究室 - ダイナミックシステムのモデリングと制御
#物理情報工学科 #学門A #学門B

足立研究室 - ダイナミックシステムのモデリングと制御

More Information
足立研究室 - ダイナミックシステムのモデリングと制御
#物理情報工学科 #学門A #学門B

足立研究室では「モデリングと制御」に関する研究を行っています。

制御とは,対象のダイナミクスを望みどおりにアクティブに変化させるもので,われわれの日常生活のさまざまな場面で活躍しています。

松本研究室 - 集積回路技術
#物理情報工学科 #学門A #学門B

松本研究室 - 集積回路技術

More Information
松本研究室 - 集積回路技術
#物理情報工学科 #学門A #学門B

松本佳宣研究室では、集積化マイクロシステムの研究を行っています。

集積化マイクロシステムは、人間の五感に相当するセンシング部品と神経・頭脳に相当するシリコン集積回路を数cm角に集積化したシステムです。

センサをつくるためには、ミクロン程度の精度で微細加工するリソグラフィー技術が必要であり、研究室内にマスク製造装置、露光装置を整備して学生が自分のアイデアをすぐに実現して評価できる環境が整っています。

集積回路に関しては、サブミクロンCMOS集積回路の設計をしており、外部ファウンダリーで試作した後、評価を行っています。

石榑研究室 - 次世代の情報処理社会、光インターコネクションデバイスの開発
#物理情報工学科 #学門A #学門B

石榑研究室 - 次世代の情報処理社会、光インターコネクションデバイスの開発

More Information
石榑研究室 - 次世代の情報処理社会、光インターコネクションデバイスの開発
#物理情報工学科 #学門A #学門B

石榑研究室では、プラスチック材料による光インターコネクションデバイスの開発を進めています。未だ電気信号を主力としているコンピューターに光通信を導入し、次世代コンピューターシステムの実現を目指しています。

牧研究室 - ナノ材料のデバイス化による新たな物性発現と機能デバイス開発
#物理情報工学科 #学門A #学門B

牧研究室 - ナノ材料のデバイス化による新たな物性発現と機能デバイス開発

More Information
牧研究室 - ナノ材料のデバイス化による新たな物性発現と機能デバイス開発
#物理情報工学科 #学門A #学門B

「ナノ材料のデバイス化による新たな物性発現と機能デバイス開発」
慶応義塾大学 理工学部 物理情報工学科 牧研究室

 牧研究室では、いずれ限界となる微細化していくデバイスの未来を切り開くテクノロジーとして、
ナノデバイスに注目し新たな物性の探索と、それを用いた機能デバイスの開発を行っています。
その中でも、牧研究室がナノ材料として注目してきたのが、カーボンナノチューブです。
このカーボンナノチューブは、鉛筆の芯などに使われるグラファイトのシートを、円筒状に丸めた構造になっており、直径は1ナノメートル程度、長さがマイクロメートル以上の一次元構造を有したナノ材料ですが、シートの巻き方により半導体にも金属にもなるという、ユニークな物性を持っています。
このような物性を持つカーボンナノチューブはデバイス化する事によって、様々な用途への応用が期待されています。

二瓶研究室 - 「光」が創る次世代の情報化社会
#物理情報工学科 #学門A #学門B

二瓶研究室 - 「光」が創る次世代の情報化社会

More Information
二瓶研究室 - 「光」が創る次世代の情報化社会
#物理情報工学科 #学門A #学門B

今や日本のインターネット人口は9000万人を超え、自由に希望の情報にアクセスできる高度な情報化社会が現実のものとなり始めています。
そのインターネット回線の基幹を担う光ファイバー網、そしてその情報を私たちの目に見えるように可視化するディスプレイなど、二瓶研究室では、情報化社会を「光」という観点から見つめ、様々な方法で光を操る素子の研究を進めています。

光を出す素子として、二瓶研究室では近年、ディスプレイへの利用でも注目を浴びている有機ELの研究に加え、【Electro Chemi Luminescence】エレクトロケミルミネセンスと呼ばれる有機ECLの実現を目指しています。有機ECLは、化学反応により発光する新しい方式で、有機ELが素材に固体を使っているのに対し、有機ECLは、液体を透明な電極で挟み込むというとてもシンプルな構造を採っています。そのため、有機ELが持つ大画面化、長寿命化が難しいという問題を解決するものとしても期待されています。しかし、研究中である有機ECLには、当然課題も残されています。

神原研究室 - 新しい高温超伝導体による究極の送電線の開発
#物理情報工学科 #学門A #学門B

神原研究室 - 新しい高温超伝導体による究極の送電線の開発

More Information
神原研究室 - 新しい高温超伝導体による究極の送電線の開発
#物理情報工学科 #学門A #学門B

神原研究室では新しい高温超伝導体の探索と、それを利用した超伝導体のケーブル化、すなわち線材化に取り組んでいます。現代社会で実用化されている銅、アルミなどの普通の金属は、電流を流すとジュール熱という電気の無駄が発生し、使用可能な電力が小さくなりを失います。

早瀬研究室 - 量子力学的性質を自由自在に制御する情報通信技術の開拓
#物理情報工学科 #学門A #学門B

早瀬研究室 - 量子力学的性質を自由自在に制御する情報通信技術の開拓

More Information
早瀬研究室 - 量子力学的性質を自由自在に制御する情報通信技術の開拓
#物理情報工学科 #学門A #学門B

早瀬研究室では、光と半導体の量子力学的性質を自由自在に制御する新しい概念や実験手法の開拓と、その可能性を最大限に利用した次世代の情報通信技術について、研究を行っています。

伊藤研究室 - 【究極の超感度磁気センサ】不可能を可能にする
#物理情報工学科 #学門A #学門B

伊藤研究室 - 【究極の超感度磁気センサ】不可能を可能にする"量子計測"の実現を目指して

More Information
伊藤研究室 - 【究極の超感度磁気センサ】不可能を可能にする"量子計測"の実現を目指して
#物理情報工学科 #学門A #学門B

慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 伊藤研究室では同学科の早瀬研究室と共同で、「量子計測」いわゆる従来の古典的な計測では測れないようなものを量子力学の法則を使って計測するという、不可能を可能にする計測に取り組んでいます。
中でも力をいれているのが、ダイヤモンドの中にたった一個の電子をおいて、その電子の量子力学的な性質を使ってその近くにあるものから出てくる磁場を測る「ダイヤモンドによる単一の原子核スピン磁気共鳴センシング」の研究です。

鈴木研究室 - サービス品質・顧客満足度の向上のためのデータ解析
#管理工学科 #学門C #学門D

鈴木研究室 - サービス品質・顧客満足度の向上のためのデータ解析

More Information
鈴木研究室 - サービス品質・顧客満足度の向上のためのデータ解析
#管理工学科 #学門C #学門D

鈴木研究室では統計手法の開発、品質管理やマーケティングの応用研究、さらに統計的品質管理、顧客関係管理、消費者行動分析、スポーツ経営に関する調査研究など、データ解析をベースに幅広く研究を進めています。

大門研究室 - 高度な道路交通システムを目指して
#管理工学科 #学門C #学門D

大門研究室 - 高度な道路交通システムを目指して

More Information
大門研究室 - 高度な道路交通システムを目指して
#管理工学科 #学門C #学門D

大門研究室では、ヒューマンインタフェースの設計や評価に関する研究を行っています。現在、私たちの社会では、情報・通信技術の発展に伴い、あらゆる場面で、安全性や安心感の向上のための「人と情報の関わり」が重要になっています。

増田研究室 - 理工学の道具を使って、経営・経済の問題にチャレンジする
#管理工学科 #学門C #学門D

増田研究室 - 理工学の道具を使って、経営・経済の問題にチャレンジする

More Information
増田研究室 - 理工学の道具を使って、経営・経済の問題にチャレンジする
#管理工学科 #学門C #学門D

「理工学の道具を使って、経営・経済の問題にチャレンジする」
慶應義塾大学 理工学部 管理工学科
増田 靖

 近年、複雑化・不確実性化が進む経営や経済。
ここ増田研究室では、ミクロ経済学の考え方や経営科学の手法をベースに、
特に価格設定を中心とした研究に取り組んでいます。

田中研究室 - オペレーションズ・リサーチを応用した社会システムのモデリングと最適化
#管理工学科 #学門C #学門D

田中研究室 - オペレーションズ・リサーチを応用した社会システムのモデリングと最適化

More Information
田中研究室 - オペレーションズ・リサーチを応用した社会システムのモデリングと最適化
#管理工学科 #学門C #学門D

田中研究室
慶應義塾大学理工学部管理工学科


「オペレーションズ・リサーチを応用した社会システムのモデリングと最適化」


慶應義塾大学理工学部管理工学科 田中究室では、社会のさまざまな問題に着目し、数学的な手法を用いて、システムの望ましい運用方法の研究や最適な計画案の設計を行っています。なかでも、ORの数理モデリング手法を駆使して都市工学上の幅広い問題に取り組んでいます。

KIF研究紹介 山口高平 - 実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践
#管理工学科 #学門C #学門D #企業の方向け

KIF研究紹介 山口高平 - 実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践

More Information
KIF研究紹介 山口高平 - 実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践
#管理工学科 #学門C #学門D #企業の方向け

慶應義塾イノベーションファウンダリー(KIF)研究プロジェクト紹介
管理工学科教授 山口 高平


研究プロジェクトの一つに管理工学科の山口高平教授が代表をつとめる「実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践」のプロジェクトがあります。

坂内研究室 - 整数論の問題を幾何学的な直感を使って解く数論幾何の世界
#数理科学科 #学門C

坂内研究室 - 整数論の問題を幾何学的な直感を使って解く数論幾何の世界

More Information
坂内研究室 - 整数論の問題を幾何学的な直感を使って解く数論幾何の世界
#数理科学科 #学門C

慶應義塾大学理工学部数理科学科 坂内研究室では数学の中でも整数の性質を解き明かす整数論についての研究をおこなっております。「数学の女王」と呼ばれる整数論の中でも、坂内研究所では数論幾何を中心に研究を進めています。
数論幾何は代数幾何学の手法や結果を利用し、単純に数式を扱うだけではなく、代数方程式で与えられた図形の幾何学的性質から、もとの代数方程式の整数論的な性質を調べようとする分野です。

南研究室 - データから情報を取り出す方法を科学する「統計科学」の研究
#数理科学科 #学門C

南研究室 - データから情報を取り出す方法を科学する「統計科学」の研究

More Information
南研究室 - データから情報を取り出す方法を科学する「統計科学」の研究
#数理科学科 #学門C

慶應義塾大学 理工学部 数理科学科 南研究室ではデータから情報を取り出す方法を科学する統計科学の研究を進めています。統計科学では、データを収集しデータから情報を取り出すデータ解析、そのための統計モデルや基礎理論の研究、解析結果の表現方法など、データに関して多岐にわたる研究が進められます。

太田研究室 - 図が持つ性質を探求するグラフ理論の研究
#数理科学科 #学門C

太田研究室 - 図が持つ性質を探求するグラフ理論の研究

More Information
太田研究室 - 図が持つ性質を探求するグラフ理論の研究
#数理科学科 #学門C

慶應義塾大学 理工学部数理科学科 太田研究室では組合せ論の研究をおこなっています。有限集合が作る様々な構造について議論する組合せ論の中でも、太田研究室では頂点とそれを結ぶいくつかの辺からなる図が持つ性質を探求するグラフ理論を主に研究対象としています。
グラフは私達の生活にも密接に関係しています。

坂川研究室 - 統計力学に由来する諸問題を確率論の問題として捉える
#数理科学科 #学門C

坂川研究室 - 統計力学に由来する諸問題を確率論の問題として捉える

More Information
坂川研究室 - 統計力学に由来する諸問題を確率論の問題として捉える
#数理科学科 #学門C

慶應義塾大学理工学部数理科学科 坂川研究室では、統計力学に動機付けを持つ確率論の諸問題についての研究をおこなっております。
確率論は例えばコインやサイコロを繰り返し投げるといったたくさんのでたらめに起こる現象の中から,一定の規則性を見つけ数学的に解析するということを大きな目標としています.
一方で統計力学における目標として,実際に我々の目で観測されるマクロなレベルの現象を,ある意味ででたらめに動いている膨大な数の分子・原子といったミクロなレベルから説明するということが挙げられます.
こういった考え方において確率論と統計力学は非常に相性がよく, 統計力学に由来するさまざまな問題が確率論の問題として数学的に考えられてきました。

田村研究室 - 社会への応用を見据えた
#数理科学科 #学門C

田村研究室 - 社会への応用を見据えた"最適化理論"の研究

More Information
田村研究室 - 社会への応用を見据えた"最適化理論"の研究
#数理科学科 #学門C

幾つかの制約を満たしつつ、指定した目的を最適に達成する解を求める問題を最適化問題といいます.
田村研究室では、目的や制約を関数や等式・不等式などを用いて最適化問題を数理的にモデル化し、問題が包含する構造の解析や解を求めるアルゴリズムの開発を目指す分野である数理計画の研究を進めています。

井口研究室 - 偏微分方程式の数学的解析による自然現象の理解を目指して
#数理科学科 #学門C

井口研究室 - 偏微分方程式の数学的解析による自然現象の理解を目指して

More Information
井口研究室 - 偏微分方程式の数学的解析による自然現象の理解を目指して
#数理科学科 #学門C

慶應義塾大学 理工学部 数理科学科 井口研究室では、流体力学において現れる様々な非線形偏微分方程式の解の性質を数学的に厳密に調べ、自然現象をより正しく理解することを目指しています。

勝良研究室 - 不思議で奥が深い『無限』の数学と作用素環論の研究
#数理科学科 #学門C

勝良研究室 - 不思議で奥が深い『無限』の数学と作用素環論の研究

More Information
勝良研究室 - 不思議で奥が深い『無限』の数学と作用素環論の研究
#数理科学科 #学門C

何百年、何千年もの歴史を持っている分野も多い数学の世界。勝良研究室の研究対象となる作用素環論はそれに比べ歴史が浅く1929年、20世紀科学史における最重要人物の一人であるフォン・ノイマンによって、量子力学を数学的に記述するという目的のために生み出されました。

服部研究室 - 多様体のもつ『美しい』微分幾何学的構造の解析と手法の探求
#数理科学科 #学門C

服部研究室 - 多様体のもつ『美しい』微分幾何学的構造の解析と手法の探求

More Information
服部研究室 - 多様体のもつ『美しい』微分幾何学的構造の解析と手法の探求
#数理科学科 #学門C

服部研究室
慶應義塾大学理工学部数理科学科


多様体のもつ『美しい』微分幾何学的構造の解析と手法の探求


慶應義塾大学理工学部 数理科学科の服部研究室では、幾何学の研究対象である多様体を、微分幾何学的に研究をしています。

白石研究室 - 統計科学を用いた金融リスクの定量化
#数理科学科 #学門C

白石研究室 - 統計科学を用いた金融リスクの定量化

More Information
白石研究室 - 統計科学を用いた金融リスクの定量化
#数理科学科 #学門C

白石研究室
慶應義塾大学理工学部数理科学科


統計科学を用いた金融リスクの定量化


慶應義塾大学理工学部数理科学科 白石研究室では、統計科学を経済データに適用し、金融機関が保有する様々なリスクを定量化するための研究を行っています。その様々なリスクを定量化するためにはデータ、確率モデル、リスク、この3つの要素が必要となります。

栗原研究室 - 整数の世界と数学的自然界を探求する
#数理科学科 #学門C

栗原研究室 - 整数の世界と数学的自然界を探求する

More Information
栗原研究室 - 整数の世界と数学的自然界を探求する
#数理科学科 #学門C

栗原研究室
慶應義塾大学理工学部数理科学科


「整数の世界と数学的自然界を探求する」


慶應義塾大学数理科学科 栗原研究室では整数論の研究を行っています。整数論は、4000年以上の歴史を持つ学問ですが、現在でも活発な研究が行われ、近年では、暗号理論や符号理論などに応用されたり、フェルマーの最終定理や岩澤主予想が証明されるなど、今でも日々新しい成果が得られる重要な分野です。

JEMARO video (English version)
#在学生向け #English

JEMARO video (English version)

More Information
JEMARO video (English version)
#在学生向け #English

This is an promotion video for JEMARO (Japan-Europe Master on Advanced Robotics) by Keio University. JEMARO is the first joint Japan-Europe programme offering high-level academic and industrial training across the whole span of robotics with the technological specialization of the associated industrial partners. https://jemaro.ec-nantes.fr/

JEMARO 紹介動画 (日本語バージョン)
#在学生向け

JEMARO 紹介動画 (日本語バージョン)

More Information
JEMARO 紹介動画 (日本語バージョン)
#在学生向け

JEMARO 紹介動画です。JEMARO(Japan-EU高度ロボティクスマスタプログラム)は、慶應義塾大学大学院理工学研究科と欧州の三大学の連携で設定されたロボティクスに関する修士課程のダブルディグリープログラム(Double Degree Program)です。https://jemaro.st.keio.ac.jp/

KRH 2019/09:Keita Ando, ultrasound28kHz
#機械工学科 #研究者向け #在学生向け #English

KRH 2019/09:Keita Ando, ultrasound28kHz

More Information
KRH 2019/09:Keita Ando, ultrasound28kHz
#機械工学科 #研究者向け #在学生向け #English

Visualization of acoustic and hydrodynamic phenomena in a 28-kHz ultrasonic cleaning bath. The motion of cavitation bubbles and oxygen-supersaturated water (seeded with fluorescent particles) in the bath is captured by green and red light scattering.

表面化学研究室(栄長泰明教授) - 近未来に活躍する機能材料を作る
#化学科 #学門E

表面化学研究室(栄長泰明教授) - 近未来に活躍する機能材料を作る

More Information
表面化学研究室(栄長泰明教授) - 近未来に活躍する機能材料を作る
#化学科 #学門E

栄長研究室では、主なテーマとして「光で磁性をコントロールできる材料」と「センサーになるダイヤモンド」の研究を行っています。

「光エネルギー」は、格段に速いスイッチング、記録等を可能にするため、将来の高速・高密度のデバイス開発にきわめて重要です。

例えば、光を照射することで磁石の磁性を可逆にコントロールできる材料が実現できれば、これまでにはない超高速・高密度の次世代の記録材料として期待できます。

表面化学研究室(近藤寛教授) - 物質表面の化学現象の理解を目指して
#化学科 #学門E

表面化学研究室(近藤寛教授) - 物質表面の化学現象の理解を目指して

More Information
表面化学研究室(近藤寛教授) - 物質表面の化学現象の理解を目指して
#化学科 #学門E

「物質表面の化学現象の理解を目指して -放射光で切り拓く表面科学のフロンティア-」
應義塾大学 理工学部 化学科 近藤 寛

 近藤研究室では、放射光と呼ばれる、光の速度近くまで加速された電子が出すX線を使って物質表面の化学現象の理解を深めるための新しいアプローチの開発や、そのメカニズムを理解する研究を行っています。

天然物化学研究室(末永聖武教授) - 海洋生物由来から医療や生命現象の解明に役立つ新物質の発見を目指して
#化学科 #学門E

天然物化学研究室(末永聖武教授) - 海洋生物由来から医療や生命現象の解明に役立つ新物質の発見を目指して

More Information
天然物化学研究室(末永聖武教授) - 海洋生物由来から医療や生命現象の解明に役立つ新物質の発見を目指して
#化学科 #学門E

現在広く使用されている医薬品の中には、天然に存在する物質やそれをヒントに作られたものが多く存在します。
慶應義塾大学理工学部化学科 末永研究室では、このような天然物質を化学的に研究する「天然物化学」を進めています。中でも末永研究室では、海洋生物の一種である、光合成をする細菌"海洋シアノバクテリア"の研究に力を入れています。

生命機構化学研究室(古川良明准教授) - タンパク質と銅イオン:その密接な関係を解き明かす
#化学科 #学門E

生命機構化学研究室(古川良明准教授) - タンパク質と銅イオン:その密接な関係を解き明かす

More Information
生命機構化学研究室(古川良明准教授) - タンパク質と銅イオン:その密接な関係を解き明かす
#化学科 #学門E

慶應義塾大学理工学部化学科 古川研究室では、タンパク質と金属イオンとの関係を明らかにしようと研究を進めています。金属と聞くと固いものをイメージするかもしれませんが、タンパク質はそういった金属をイオンとして自身の複雑な構造の中に取り込んで、タンパク質の様々な生理機能の中枢に関わる役割を担っています。

有機金属化学研究室(垣内史敏教授) - 有機金属化合物でエコロジカルな持続可能社会の形成を
#化学科 #学門E

有機金属化学研究室(垣内史敏教授) - 有機金属化合物でエコロジカルな持続可能社会の形成を

More Information
有機金属化学研究室(垣内史敏教授) - 有機金属化合物でエコロジカルな持続可能社会の形成を
#化学科 #学門E

慶應義塾大学理工学部化学科 垣内研究室では有機化合物が金属と結合を形成して生じる有機金属化合物の特性を利用して、有機合成化学の新しい方法論の開発や新物質の創製、ならびに新機能をもつ有用有機化合物の新合成手法の開発を目指して研究を行っています。

白濱研究室 - 自然の謎を解き明かす低温物理学
#物理学科 #学門A

白濱研究室 - 自然の謎を解き明かす低温物理学

More Information
白濱研究室 - 自然の謎を解き明かす低温物理学
#物理学科 #学門A

白濱研究室では、物質を摂氏マイナス273℃といった非常に低い温度に冷やしてその性質を調べる、「低温物理学」の研究を行っています。
素粒子や原子のようなミクロな世界の現象は、「量子力学」によって支配されます。量子力学とは、粒子は、「粒子性」と同時に、波としての「波動性」も併せ持つという考え方が基礎になっています。原子/分子の集団である物質を極低温に冷やすと、高い温度下では熱に隠されて見えなかった「波動性」という性質が顕著に表れるようになります。

能崎研究室 - 共鳴現象を利用したスピンダイナミクスの微視的理論解明を
#物理学科 #学門A

能崎研究室 - 共鳴現象を利用したスピンダイナミクスの微視的理論解明を

More Information
能崎研究室 - 共鳴現象を利用したスピンダイナミクスの微視的理論解明を
#物理学科 #学門A

慶應義塾大学 能崎研究室では強磁性体の磁性を担う電子スピンのダイナミクスを研究しています。

電子の角運動量のひとつである電子スピンは、磁場中に置かれると重力場中の駒の様に歳差運動と呼ばれる首振り運動をします。ただし、磁化が磁場と異なる方向を向く状態は磁気エネルギーが高いため時間の経過とともにエネルギーが散逸し最終的には歳差運動が収束します。磁化の歳差運動の緩和時間は1ナノ秒すなわち10億分の1秒程度ですが、動作速度が緩和速度より早い次世代磁気デバイスではこの歳差運動が大きな影響を及ぼします。
そこで能崎研究室では磁化をエネルギー効率良く、しかも高速に反転させるため『磁化の共振・共鳴現象』に着目しマイクロ波を利用した新しい磁化反転の研究を進めています。

大橋研究室 - 室温超伝導現象の理論的解明でエネルギー問題解決への応用を目ざして
#物理学科 #学門A

大橋研究室 - 室温超伝導現象の理論的解明でエネルギー問題解決への応用を目ざして

More Information
大橋研究室 - 室温超伝導現象の理論的解明でエネルギー問題解決への応用を目ざして
#物理学科 #学門A

慶應義塾大学理工学部物理学科理論研究室 大橋グループでは凝縮系物理理論の研究、中でも超伝導や超流動現象の理論的研究を進めています。
金属の電気抵抗が完全にゼロとなる超伝導状態では電力ロスなしで送電が可能となり、科学技術のみならず私達の生活に革新的な進歩をもたらす事が期待されています。
ただ現状では非常に低温でしか超伝導現象を発生させる事が出来ません。

渡邉研究室 - テラヘルツ光の超高精度計測技術を開発し物質科学をリード
#物理学科 #学門A

渡邉研究室 - テラヘルツ光の超高精度計測技術を開発し物質科学をリード

More Information
渡邉研究室 - テラヘルツ光の超高精度計測技術を開発し物質科学をリード
#物理学科 #学門A

慶應義塾大学理工学部物理学科 渡邉研究室では光を用いて物質のミクロな性質を理解したり、光で生み出される新しい物質状態を創り出すことを目指して研究開発を行っています。
中でも力を入れているのが、テラヘルツ光を用いた研究です。
我々が目にする事が出来る可視光に比べ100分の1から1000分の1程度の低い周波数であるテラヘルツ光は、量子ナノ物質から超伝導物質、さらに生体分子に至るまで、まだ解明が難しいとされる数多くの物質における新しいエネルギースケールの現象を、調べたり操作したりするうえで重要なエネルギーをもつ新光源として注目を集めています。
渡邉研究室ではテラヘルツ光の振幅、位相、偏光、周波数情報の超高精度計測技術を開発し、物質の観察や操作に活かすことで次世代の物質科学をリード出来ればと考えています。

岡研究室 - 宇宙電波分光観測に基づいた星間物理学、銀河中心の活動性
#物理学科 #学門A

岡研究室 - 宇宙電波分光観測に基づいた星間物理学、銀河中心の活動性

More Information
岡研究室 - 宇宙電波分光観測に基づいた星間物理学、銀河中心の活動性
#物理学科 #学門A

慶應義塾大学理工学部物理学科 岡研究室は、慶應義塾大学唯一の実験系宇宙物理学研究室であり、国内外の電波望遠鏡を使用したスペクトル線観測に基づいて、銀河中心の活動性と星間物質の進化について研究しています。

江藤研究室 - ナノの世界の物性物理の解明と量子ドットの応用を目指して
#物理学科 #学門A

江藤研究室 - ナノの世界の物性物理の解明と量子ドットの応用を目指して

More Information
江藤研究室 - ナノの世界の物性物理の解明と量子ドットの応用を目指して
#物理学科 #学門A

慶應義塾大学理工学部 江藤研究室では、金属や半導体、磁性体、超伝導体等の様々な物質が示す諸現象を明らかにする物性物理学の研究を進めています。
なかでも江藤研究室で力を入れているのが、半導体をナノメートル・スケールまで微細加工した時に現れる新しい物理現象についてです。

ナノの世界は、原子・分子のミクロな世界(0.1nm)と我々が日常生活をしているマクロな世界(1m)の中間に位置し、メゾスコピック系と呼ばれます。

山本研究室 - 素粒子の性質から超新星爆発の起源を解明する新たな輸送理論の構築
#物理学科 #学門A

山本研究室 - 素粒子の性質から超新星爆発の起源を解明する新たな輸送理論の構築

More Information
山本研究室 - 素粒子の性質から超新星爆発の起源を解明する新たな輸送理論の構築
#物理学科 #学門A

山本研究室
慶應義塾大学理工学部物理学科


素粒子の性質から超新星爆発の起源を解明する新たな輸送理論の構築


慶應義塾大学 理工学部 物理学科 山本研究室ではクォークやニュートリノなどの素粒子・原子核物理学や、初期宇宙、超新星爆発などの宇宙物理学を理論的に研究しています。
現代の物理学では、物質を構成する最小の構成要素として、クォークやニュートリノと呼ばれる素粒子があり、その性質は現在でも多くの問題を抱えています。

KIF研究紹介 渡邉紳一 - 可搬式テラヘルツ・ポーラリメータの開発と産業応用展開
#物理学科 #学門A #企業の方向け

KIF研究紹介 渡邉紳一 - 可搬式テラヘルツ・ポーラリメータの開発と産業応用展開

More Information
KIF研究紹介 渡邉紳一 - 可搬式テラヘルツ・ポーラリメータの開発と産業応用展開
#物理学科 #学門A #企業の方向け

慶應義塾イノベーションファウンダリー(KIF)研究プロジェクト紹介 物理学科准教授 渡邉紳一 研究プロジェクトの一つに、物理学科の渡邉紳一准教授が代表を務める、テラヘルツ光の偏光情報を用いることでポリマー素材の歪みや配向を非破壊で計測できる装置開発を目指す、研究「可搬式テラヘルツ・ポーラリメータの開発と産業応用展開」があります。

須藤研究室 - 工学的な視点による再生医療を
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

須藤研究室 - 工学的な視点による再生医療を

More Information
須藤研究室 - 工学的な視点による再生医療を
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

須藤研究室(慶大システムデザイン工学科)ではシステムデザイン工学のコンセプトを生命システムに適用することで再生医療への貢献を目指しています。
日頃何気なく利用しているシステム、例えば車といった機械的なシステムは色々な部品が組合わさる事により一つの部品ではなし得なかった機能を発揮します。
須藤研究室では生命システムを同じく60兆個の細胞というパーツから組合わさる事により組織・臓器となり最終的に人や生命として活動すると考え、工学的な視点から生命システムを解明しようと研究を進めています。

三田研究室 - 生きている建築を目指して:ロボットと共生する建築
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

三田研究室 - 生きている建築を目指して:ロボットと共生する建築

More Information
三田研究室 - 生きている建築を目指して:ロボットと共生する建築
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

三田研究室では、居住空間を取り巻く環境情報を取得するためのロボットを含むスマートセンサネットワークとその診断手法に関する研究を行っています。

将来的には、建築空間をより快適・安全なものとする為に、ロボットを用いて建築空間を生命化し、その空間を次の世代に残すために、建築空間の情報を遺伝情報(DNA)として残すシステムの構築も目指しています。

柿沼研究室 - 機能性材料を駆使した次世代のシステムデザイン
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

柿沼研究室 - 機能性材料を駆使した次世代のシステムデザイン

More Information
柿沼研究室 - 機能性材料を駆使した次世代のシステムデザイン
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

2009年12月に開催された第10回慶應テクノモールにおいて、青山・柿沼研究室では、生産工学を基盤としたナノマイクロマシニングと電気粘着エラストマに関する出展を行いました。ナノマイクロの加工技術の分野では、極低温冷却切削でのマイクロ流体チップの作製を提案しています。
粘弾性高分子材料は、従来の常温切削による加工では、溝を作る事が出来ませんでした。青山・柿沼研究室では、極低温での切削によって切りくずを確認出来るほどの精度の高い微細溝の形成に成功しました。
また、こうしたチップをつくる装置自体の開発にも挑戦しており、近年、これまで外部センサでモニタリングされていた加工中の切削力を、工作機械の内部センサのみで推定・モニタリングするシステムの開発にも成功しています。

小檜山研究室 - 耐震技術と人々のコミュニケーションが地震に強い社会を作る
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

小檜山研究室 - 耐震技術と人々のコミュニケーションが地震に強い社会を作る

More Information
小檜山研究室 - 耐震技術と人々のコミュニケーションが地震に強い社会を作る
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

小檜山研究室では、建築物の構造設計技術の高度化、地震被害の予測推定、建物性能の把握に関する研究を行っています。地震大国である日本において、建物の安全性を確保するためには技術の向上と共に、設計者と使い手のコミュニケーションが必要と考えています。

大森研究室 - 適応制御の開発とその工学的応用を目指して
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

大森研究室 - 適応制御の開発とその工学的応用を目指して

More Information
大森研究室 - 適応制御の開発とその工学的応用を目指して
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

私たちは普段、自動車やエアコン、冷蔵庫、パソコンといった身の回りの機械のおかげでとても快適に暮らしています。このような「機械」を動かすためには、そのアルゴリズムを電子装置に組み込む必要があります。大森研究室では、そういったプログラムの開発と、その応用について研究を行っています。

村上研究室 - 人に優しい機械システム制御
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

村上研究室 - 人に優しい機械システム制御

More Information
村上研究室 - 人に優しい機械システム制御
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

近年,ロボットは産業システムへの応用のみならず,我々の生活空間においても身近な存在となりつつあります.人への直接的な作用による動作支援や動作教示が行える機械システムは,我々の生活空間において安全・安心を向上させるシステムとして、また将来的な高齢者支援につながるものとして大きな期待が寄せられています。
村上研究室では,人に関わる機械システム制御、人に優しい制御の研究に取り組み、機械システム・人・環境、それらの相互作用を見直した新たな制御手法を提案しています.

滑川研究室 - システム制御理論とエネルギーマネージメントの構築に関する研究
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

滑川研究室 - システム制御理論とエネルギーマネージメントの構築に関する研究

More Information
滑川研究室 - システム制御理論とエネルギーマネージメントの構築に関する研究
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

慶應義塾大学 理工学部 滑川研究室では、システム制御理論と,それを応用したエネルギーマネジメントシステムの構築に関する研究を行っています.
最近では分散制御理論,予測推定理論に関する基礎研究と,電力ネットワーク制御や,エネルギーマネジメントへの応用展開に関して,国際的にも先駆的な研究教育活動を行っています.

髙橋研究室 - モデルベース制御で人や社会に役立つシステムをデザインする
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

髙橋研究室 - モデルベース制御で人や社会に役立つシステムをデザインする

More Information
髙橋研究室 - モデルベース制御で人や社会に役立つシステムをデザインする
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

慶應義塾大学理工学部 システムデザイン工学科 高橋研究室では、モデルベース制御というアプローチで社会に役立つ製品やシステムの開発を目指した研究を行っています。


モデルベース制御とは、宇宙機や自動車、ロボットなど制御したいシステムを数学でモデル化して、そのモデルに対して制御技術を開発していく手法です。この手法はシミュレーションを行いながら制御技術を詰めていけるというメリットがある一方、モデルの精度が悪かったり動作環境が実際と違っているとシミュレーション通りに動かない場合があるため、動作環境を想定した正確なモデル化と環境の変化などに対応できるロバスト性の高い設計が重要になります。

伊香賀研究室 - 建築と都市を対象とした持続可能性工学
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

伊香賀研究室 - 建築と都市を対象とした持続可能性工学

More Information
伊香賀研究室 - 建築と都市を対象とした持続可能性工学
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 伊香賀研究室では、私たちの生活基盤である建築・都市のサステナブルデザインを軸に、快適で健康を増進させる居住空間の実現方法から地球温暖化の対策まで幅広い研究を行っています。現在はその中でも健康、知的生産性、低炭素という大きな三つの枠組に力を入れています。

滑川研究室 - 分散協調制御理論とネットワーク制御システムへの応用展開
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

滑川研究室 - 分散協調制御理論とネットワーク制御システムへの応用展開

More Information
滑川研究室 - 分散協調制御理論とネットワーク制御システムへの応用展開
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D

慶應義塾大学理工学部 システムデザイン工学科 滑川研究室は、分散制御と協調制御の理論研究と、そのネットワークシステムへの社会応用に関する研究を行っています。応用研究としてはネットワーク結合した大規模複雑システムの分散協調制御,無人飛行エージェントのフォーメーション制御,電力ネットワークのエネルギーマネジメントについて世界的にも先駆的な研究を行っています。

KIF研究紹介 須藤亮 - ライフサイエンス研究に役立つマイクロ熱流体デバイスの開発
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D #企業の方向け

KIF研究紹介 須藤亮 - ライフサイエンス研究に役立つマイクロ熱流体デバイスの開発

More Information
KIF研究紹介 須藤亮 - ライフサイエンス研究に役立つマイクロ熱流体デバイスの開発
#システムデザイン工学科 #学門B #学門D #企業の方向け

慶應義塾イノベーションファウンダリー(KIF)研究プロジェクト紹介 システムデザイン工学科 須藤亮准教授 研究プロジェクトの一つにシステムデザイン工学科の須藤亮が代表をつとめる「ライフサイエンス研究に役立つマイクロ熱流体デバイスの開発」があります。生体工学・BioMEMSの立場から開発してきた三次元臓器再生のためのマイクロ培養デバイスに、熱工学・Optical MEMSに基づく検出系を融合させることで、ライフサイエンス研究に役立つマイクロ熱流体デバイスの開発に取り組んでいます。

杉本研究室 - 実環境と情報環境を融合した拡張現実感環境の構築を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C

杉本研究室 - 実環境と情報環境を融合した拡張現実感環境の構築を目指して

More Information
杉本研究室 - 実環境と情報環境を融合した拡張現実感環境の構築を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C

慶應義塾大学 理工学部 杉本研究室では、ユーザーの認知や実環境の操作対象の状態を考慮したインタラクションを実現する拡張現実感環境の研究を行っています。拡張現実感環境を構成する上では,実環境のセンシング技術がキーテクノロジーです。杉本研究室では、プロジェクタから投影する輝度パターンと光センサを用いたDisplay-Based Computingという考え方に基づく位置・姿勢の計測システムや距離画像カメラを用いた実環境のモデル化を行う計測システムを構築しています。可視光領域と赤外などの不可視領域を活用することで、高い精度での位置合わせを行った動的なプロジェクションによる拡張現実感環境の構築が可能となっています。また、拡張現実感環境での位置・姿勢計測技術を用いて小型ロボットにプロジェクタなどの画像提示装置から映像を投影し実世界指向のゲーム環境を構築する研究や、実環境にあるディスプレイの位置に応じて、医療用の画像を任意の断層で表示するシステム、また未来の状態を把握しながら操作を行う事ができる距離画像カメラ搭載ロボットの遠隔操作インタフェースなど、様々な研究開発をおこなっています。

河野研究室 - 新しいシステムソフトウェアを求めて
#情報工学科 #学門B #学門C

河野研究室 - 新しいシステムソフトウェアを求めて

More Information
河野研究室 - 新しいシステムソフトウェアを求めて
#情報工学科 #学門B #学門C

慶應義塾大学理工学部情報工学科河野研究室は、システムソフトウェアの研究を行っています。システムソフトウェアとは,オペレーティングシステムなどの,他のアプリケーションが動くための土台となるソフトウェアの総称です.皆さんが利用しているインターネット上の検索エンジンやショッピングサイト,それに自動車のエンジンまで,あらゆるものが最先端のシステムソフトウェアの研究成果から成り立っています。

慶應義塾大学理工学部情報工学科紹介
#情報工学科 #学門B #学門C

慶應義塾大学理工学部情報工学科紹介

More Information
慶應義塾大学理工学部情報工学科紹介
#情報工学科 #学門B #学門C

慶應義塾大学理工学部情報工学科の紹介ビデオです。
ウェブページもご覧下さい。
http://www.ics.keio.ac.jp/

超高速フォトニックネットワークの構築を目指して:山中研究室
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

超高速フォトニックネットワークの構築を目指して:山中研究室

More Information
超高速フォトニックネットワークの構築を目指して:山中研究室
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

「超高速フォトニックネットワークの構築を目指して」 慶應義塾大学理工学部 情報工学科 山中 直明 山中研修室では光通信の技術を使った次世代のネットワーク構築やシステム、アプリケーションの研究・開発に取り組んでいます。 また同時にエンドユーザーが将来どのようなサービスを受ける事が可能になるかという研究を通じて、より快適なネットワーク環境の実現を目指しています。

山﨑研究室 - 組込みリアルタイムシステムプロジェクト
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

山﨑研究室 - 組込みリアルタイムシステムプロジェクト

More Information
山﨑研究室 - 組込みリアルタイムシステムプロジェクト
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

山﨑研究室では、組み込みリアルタイムシステムを構築するためのマイクロプロセッサのアーキテクチャやオペレーティングシステム、その上に載るミドルウェア、さらにそれらを利用したロボットのアーキテクチャに至るまで、つまりLSIからロボットに至るまでを一式作っています。

松谷研究室 - ビッグデータ利活用のための計算機アーキテクチャ
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

松谷研究室 - ビッグデータ利活用のための計算機アーキテクチャ

More Information
松谷研究室 - ビッグデータ利活用のための計算機アーキテクチャ
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

慶應義塾大学理工学部情報工学科 松谷研究室では、データセンター、クラウド、ビッグデータ向けの大規模ネットワークから、チップ内ネットワークのような微細なネットワークまで、様々なスケールのネットワークを研究しています。

藤代研究室 CGによる森羅万象の視覚化を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

藤代研究室 CGによる森羅万象の視覚化を目指して

More Information
藤代研究室 CGによる森羅万象の視覚化を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

コンピュータグラフィックス。 今日、私達の日常にはありとあらゆる場面においてコンピュータによって生成された画像 に触れる機会が多くなっています。 慶應義塾大学理工学部情報工学科 藤代研究室ではそんなコンピュータグラフィックスを 自己表現の基本ツールとして捉え、研究を進めています。

寺岡研究室:新しいインターネットと分散システム
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

寺岡研究室:新しいインターネットと分散システム

More Information
寺岡研究室:新しいインターネットと分散システム
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

インターネットは40年以上前に設計されて以来、現在では世界中がネットワークで繋がるようになりました。その中でセキュリティや移動通信の問題を解決するためファイヤーウォールやMobile IPといった様々な改良技術が導入されてきましたが、これらはいわばパッチワークのように貼り合わせた形なので元々のインターネット基本設計には整合しないためいずれは破綻を迎えると言われています。
寺岡研究室ではインターネットの基本設計を見直し、来るべき新しいインターネットと分散システムについての研究をおこなっています。

高田研究室 - 高品質のソフトウェアを簡単に作れる世界の実現に向けて
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

高田研究室 - 高品質のソフトウェアを簡単に作れる世界の実現に向けて

More Information
高田研究室 - 高品質のソフトウェアを簡単に作れる世界の実現に向けて
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

慶應義塾大学情報工学科高田研究室では「高品質のソフトウェアを簡単に作れる世界の実現に向けて」をモットーに「ソフトウェア工学」の分野の研究を行っています。テーマは大きくソフトウェア設計・ソフトウェアテスト・サービス指向コンピューティングの三つの柱からなっています。その中でも 高田教授が特に注力しているのが「ソフトウェア・テスト」です。

杉本研究室 実環境と情報環境を融合した拡張現実環境の構築を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

杉本研究室 実環境と情報環境を融合した拡張現実環境の構築を目指して

More Information
杉本研究室 実環境と情報環境を融合した拡張現実環境の構築を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

慶應義塾大学 理工学部 杉本研究室では、ユーザーの認知や実環境の操作対象の状態を考慮したインタラクションを実現する拡張現実環境の研究を行っています。 拡張現実環境を構成する上では,実環境のセンシング技術がキーテクノロジーです。 杉本研究室では、プロジェクタから投影する輝度パターンと光センサを用いたDisplay-Based Computingという考え方に基づく位置・姿勢の計測システムや距離画像カメラを用いた実環境のモデル化を行う計測システムを構築しています。 可視光領域と赤外などの不可視領域を活用することで,高い精度での位置合わせを行った動的なプロジェクションによる拡張現実環境の構築が可能となっています。 また、拡張現実環境での位置・姿勢計測技術を用いて小型ロボットにプロジェクタなどの画像提示装置から映像を投影し実世界指向のゲーム環境を構築する研究や、実環境にあるディスプレイの位置に応じて、医療用の画像を任意の断層で表示するシステム、また未来の状態を把握しながら操作を行う事ができる距離画像カメラ搭載ロボットの遠隔操作インタフェースなど、様々な研究開発をおこなっています。

P2Pネットワークにおける新ファイル交換の実現手法とユーザの信頼性評価
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

P2Pネットワークにおける新ファイル交換の実現手法とユーザの信頼性評価

More Information
P2Pネットワークにおける新ファイル交換の実現手法とユーザの信頼性評価
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

重野研究室は、2009年12月に行われた慶應科学技術展(KEIO TECHNO-MALL)において、P2P(Peer-to-Peer)ネットワークにおける新ファイル交換の実現手法とユーザの信頼性評価に関する展示を行いました。 P2Pとは、クライアント・サーバ方式のネットワークに対して、各ノードが対等で相互にやりとりを行う方式のことです。 つまりピアと呼ばれる各コンピュータは状況に応じてサーバの役割もクライアントの立場も演じることになり、これを有効的に利用すれば効率的なデータ送受信が可能となり、新しいコンテンツ流通基盤として注目されています。

笹瀬研究室 - コミュニケーション基盤技術
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

笹瀬研究室 - コミュニケーション基盤技術

More Information
笹瀬研究室 - コミュニケーション基盤技術
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

笹瀬研究室では、利用シーンに応じて最適な無線システムやサービスを選ぶことができ、周波数帯域や電力などのリソースを有効活用しつつ、経済的で柔軟なシームレスサービスが享受できるコミュニケーション基盤技術の潮流創生と技術先導をめざしています。 現在、笹瀬研究室には学生25名中7名の留学生が在籍しており、国際性豊かな研究室です。

斎藤研究室 - コンピュータービジョンによる新しい映像メディアの開発
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

斎藤研究室 - コンピュータービジョンによる新しい映像メディアの開発

More Information
斎藤研究室 - コンピュータービジョンによる新しい映像メディアの開発
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

斎藤研究室ではコンピュータービジョンとよばれる、コンピューターによる次世代の視覚情報処理の研究に取り組んでいます。普段、人間が視覚からの情報を頭で処理しているように、コンピューターでも三次元の画像認識を可能にし、それを駆使した新しい映像メディアの実現を目指しています。

河野研究室:誰もが安心して使えるインターネットを目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

河野研究室:誰もが安心して使えるインターネットを目指して

More Information
河野研究室:誰もが安心して使えるインターネットを目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

普段何気なく利用するインターネットの裏側では必ずシステムソフトウェアが稼働しています。 windowsやmac OSといったオペレーティングシステムやインターネットサーバがその代表格ですが、それらにはまだまだ脆弱な部分も多く、現在インターネット上では不正攻撃による個人情報の流出やシステム障害による公共サービスの停止といった問題が次々と起きています。 河野研究室ではそういった問題を解決すべく、コンピューターの根幹となるシステムソフトウェアを見直し誰もが安心して使えるインターネットを構築しようと日々研究を進めています。

金子研究室 - アプリケーションの視点から次世代ネットワーク環境の構築を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

金子研究室 - アプリケーションの視点から次世代ネットワーク環境の構築を目指して

More Information
金子研究室 - アプリケーションの視点から次世代ネットワーク環境の構築を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

現在のネットワーク技術ではネットワークの効率性をいかに上げていくかといったところに注目した研究が広く行われていますが、慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 金子研究室ではアプリケーションの視点から次世代ネットワーク環境を築くための研究を行っています。

大槻研究室 - 通信技術に基づく自由かつ安心安全な社会を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

大槻研究室 - 通信技術に基づく自由かつ安心安全な社会を目指して

More Information
大槻研究室 - 通信技術に基づく自由かつ安心安全な社会を目指して
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

通信技術に基づく自由かつ安心安全な社会を目指して:慶大理工学部 大槻研究室 近年、私たちの暮らしでは携帯電話の急速な普及に見られるように,無線通信が身近なものになっています。 しかし,使用できる周波数が限られているため光ファイバより伝送速度が遅く、通話品質に変動があり、盗聴の危険性などもあります。 大槻研究室ではそのような問題を解決すべき情報理論・信号処理に基づく通信技術の開発を行っています。

天野研究室 - 低電力で高速処理が可能なプロセッサーを
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

天野研究室 - 低電力で高速処理が可能なプロセッサーを

More Information
天野研究室 - 低電力で高速処理が可能なプロセッサーを
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #在学生向け

天野研究室(慶應情報工学科 )では、より低電力で高い性能を出すコンピューターの実現を目指し研究をおこなっています。こういった開発には、動的リコンフィギャラブルという技術を応用しています。これは解こうとする問題に応じてハードウェアの構造を変化させ、瞬間瞬間に問題に応じて最適な構造に変化させより高速な計算を可能にするというものです。天野研究室ではこの技術によって低電力で大きな計算処理が可能なプロセッサー「マクラ3」の開発に成功しました。

Research Frontiers:
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #English

Research Frontiers: "Global Smart Society Creation Project Research"

More Information
Research Frontiers: "Global Smart Society Creation Project Research"
#情報工学科 #学門B #学門C #研究者向け #English

Naoaki Yamanaka is a professor at the Keio University Faculty of Science and Technology and head of the Smart Society Creation Project. “Our project is on 5G network technology and goes by the name of “smart and connected community,” says Yamanaka.

佐藤研究室 - 糖鎖機能を解析して新たな機能性分子の開発に挑戦する
#生命情報学科 #学門C #学門E

佐藤研究室 - 糖鎖機能を解析して新たな機能性分子の開発に挑戦する

More Information
佐藤研究室 - 糖鎖機能を解析して新たな機能性分子の開発に挑戦する
#生命情報学科 #学門C #学門E

佐藤研究室では、オリゴ糖鎖の作製と糖鎖機能の利用技術の研究に取り組んでいます。現在、糖鎖は細胞機能の発現や細胞間相互作用に 重要な役目を果たしていることが解明されており、佐藤研究室ではあらゆる糖鎖の認識機能を理解し、目的の糖鎖を新たに合成、また阻害剤の開発など、基礎研究から医療面への応用まで幅広く手がけています。

牛場研究室 - 念じるだけで動き出す機械 脳を活かした新しい医療と福祉を目指して
#生命情報学科 #学門C #学門E

牛場研究室 - 念じるだけで動き出す機械 脳を活かした新しい医療と福祉を目指して

More Information
牛場研究室 - 念じるだけで動き出す機械 脳を活かした新しい医療と福祉を目指して
#生命情報学科 #学門C #学門E

牛場研究室では人間と機械を直接つなぐブレインマシンインターフェイスと呼ばれる技術の開発を進めています。
私たちの生活を支える電化製品の中では電気が瞬間的に流れる事によって情報の交信を行なっていますが、私たち人間も同様に「手を動かそう」と考えると瞬時に脳の中で電気信号が発生し神経細胞を通して筋肉に命令を伝える事で身体の動作を行なっています。
こういった電気の力で情報をやり取りする事を利用し、手足が不自由な方々がより良い生活を送るために研究を活かそうと取り組んでいます。

岡研究室 - 生命現象の時間・空間的な変化をイメージング手法で捉える
#生命情報学科 #学門C #学門E

岡研究室 - 生命現象の時間・空間的な変化をイメージング手法で捉える

More Information
岡研究室 - 生命現象の時間・空間的な変化をイメージング手法で捉える
#生命情報学科 #学門C #学門E

『生きている生物体の空間的境界の内部で起こる時間・空間的事象は、物理学と化学とによってどのように説明されるか?』

物理学者エルヴィン・シュレディンガーがそう語った様に、これまで多くの研究者が生物における時間・空間的事象の解明に挑み続けてきました。
慶應義塾大学 生命情報学科 岡研究室でも、物理学や情報学の立場から生命現象を定量的に評価し、数理レベルで理解するべく日々研究を進めています。
岡研究室で着目しているのは生命現象の時間・空間的な変化を種々のイメージング手法を用いて明らかにしようという試みです。

土居研究室 - バイオ医薬等に役立つタンパク質の進化を目指して
#生命情報学科 #学門C #学門E

土居研究室 - バイオ医薬等に役立つタンパク質の進化を目指して

More Information
土居研究室 - バイオ医薬等に役立つタンパク質の進化を目指して
#生命情報学科 #学門C #学門E

慶應義塾大学理工学部 土居研究室では、多様で高度な機能をもつ現在の「タンパク質」が、生命誕生から40億年の間にどのように進化してきたのかを研究することで、その構築原理を学び、その知識を応用して、医療や環境・エネルギー分野に役立つ新しいタンパク質を創り出すことを目指しています。

榊原研究室 バイオ・インフォマティクス -生物学と情報科学の融合-
#生命情報学科 #学門C #学門E

榊原研究室 バイオ・インフォマティクス -生物学と情報科学の融合-

More Information
榊原研究室 バイオ・インフォマティクス -生物学と情報科学の融合-
#生命情報学科 #学門C #学門E

近年、人間のすべてのDNA配列を解読しようとするヒトゲノム計画の進行とあいまって「バイオ・インフォマティクス」という研究分野が注目を浴びています。
生物学や生命科学を表す「バイオ」と情報科学を表す「インフォマティクス」が結びついてできた「バイオインフォマティクス」という言葉が表すこの新しい研究分野は、コンピュータや情報科学の技術が生命科学の研究を進めるための単なる道具として使われるだけではなく、生命科学における考え方自体に大きな影響を与えると期待されています。

牛場研究室 【ニューロコネクトテクノロジー】 理工学部からの次代医療創出を目指して
#生命情報学科 #学門C #学門E

牛場研究室 【ニューロコネクトテクノロジー】 理工学部からの次代医療創出を目指して

More Information
牛場研究室 【ニューロコネクトテクノロジー】 理工学部からの次代医療創出を目指して
#生命情報学科 #学門C #学門E

慶應義塾大学 理工学部 生命情報学科 牛場研究室では、ヒトの脳をシステムとして理解するために、電気生理学的手法やイメージング技術を用いて神経系の機能と構造を記述するというアプローチをとっています。更には、身体の状態変化や外部環境の変化に適応して脳が身体運動を学習する過程を明らかにするため、脳をコントローラー、手足をプラントと考え、制御理論に基づいてプロセスを記述するアプローチからの研究もおこなっています。
このようにして得られた実験的知見と理論的知見は、ニューロコネクトテクノロジーという、新しい医療技術としての展開を目指した研究に展開されます。

松本研究室 - 生き物たちの生殖戦略を解き明かす
#生命情報学科 #学門C #学門E

松本研究室 - 生き物たちの生殖戦略を解き明かす

More Information
松本研究室 - 生き物たちの生殖戦略を解き明かす
#生命情報学科 #学門C #学門E

慶應義塾大学理工学部生命情報学科 松本研究室では、生き物たちの生殖や発生に関する基礎的な研究を行っています。

特に高い再生能力を持ち、多様な生殖様式をもつプラナリアという原始的な生き物に注目して、そこから生き物の基本的なメカニズムの解明に挑んでいます。

もっと見る

ナビゲーションの始まり