社会の第一線で顕著な活躍をされている同窓生へ贈られる「矢上賞」。
今年もその授賞式典と講演会が開催されます。とくに講演会は受賞者の在学中の活動や卒業後のキャリアについて聞くことのできる貴重な機会で、理工学部で学ぶ諸君が将来のキャリアを考え、夢を現実のものとしていくための糧と道標となることでしょう。

◆同窓会研究教育奨励基金とは
同基金は、理工学部同窓会が同学部の前身である藤原工業大学設立60周年記念事業として行った、2000年理工学部記念募金活動の寄付金によって創設されました。
卒業後社会で顕著な活躍をしている工学部・理工学部ならびに大学院工学研究科・理工学研究科の同窓生のうち毎年5名程度に矢上賞を贈り、受賞者による講演会を開催しています。

2019年度矢上賞・2018年度矢上賞(起業支援)の受賞者が決定いたしました。
2019年度矢上賞・矢上賞(起業支援)授賞式典ならびに講演会は以下のとおり開催いたします。

2019年度矢上賞・矢上賞(起業支援)授賞式典ならびに講演会

開催日時

2019年9月28日(土)15時~

開催場所

矢上キャンパス14棟地下2階マルチメディアルーム

矢上賞(起業支援)受賞者

手島 拓也(管理工学科 2007年卒 タイ法人GAO GAO Asia Co.,Ltd.)

長谷部 直大(管理工学科 2001年卒 株式会社フィンプラネット)

矢上賞受賞者

山田 茂史(計測工学科 1998年卒 株式会社富士通研究所 知識情報処理研究所 セキュリティ研究センター認証&IoTセキュリティプロジェクト 主任研究員)

【受賞理由】生体認証技術の開発と手のひら静脈センサーへの貢献

後藤田 浩(機械工学科 1998年卒 東京理科大学 工学部 機械工学科 准教授)

【受賞理由】ガスタービン燃焼器開発をはじめとする反応性熱流体研究における複雑系科学の工学的応用

久本 秀明(応用化学科 1991年卒 大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野分析化学研究グループ 教授)

【受賞理由】診断・バイオ研究応用を指向した多機能集積マイクロ分析デバイスの基盤技術開発研究

曄道 佳明(機械工学科 1985年卒 上智大学 学長)

【受賞理由】機械力学研究の発展と大学運営への貢献

五十嵐 一浩(機械工学科 1979年卒 富士フロンテック株式会社 代表取締役社長 経営執行役社長)

【受賞理由】ファックス・ノートパソコンおよびストレージシステムなどのITビジネスにおける貢献

武田 京三郎(計測工学科 1978年卒 早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命学科 教授)

【受賞理由】計算機を用いた第一原理電子論による同分野の開拓と計算物質探索の先導

参加について

授賞式典・講演会は事前申込不要、どなたでもご参加できます。

懇親会は関係者のみご参加できます。学生証の提示または名刺のご提出をお願いします。

ナビゲーションの始まり