膨張の一途をたどってきた人類の生産活動や経済活動の結果、環境とエネルギーの点で地球の許容限界が見えて来ました。今、社会は地球環境と調和した継続的な科学技術の発展に寄与しうる若い人材を必要としています。その育成を目指して、本専修では、環境とエネルギーをキーワードにした幅広い分野にまたがる課題を研究・教育の対象としています。特に、分子レベルから地球環境まで、空間・時間スケールと学問分野の広がりに特徴があります。

環境エネルギー科学専修

ナビゲーションの始まり