新板 窮理図解
ロケット好きだった少年が、長じて出会った「燃焼研究」の世界。
勤勉な友人や研究室の優秀な先輩たち、
さらには国際色豊かな教授との出会いや海外留学を経て、
研究者として身につけたのは、日々の努力を怠らない姿勢だった。
うまくいかないときでも、
「コツコツ努力をすれば、必ず出口は見えてくる」と横森さんは力強く語る。

どんなお子さんだったのですか?
 スペースシャトルなどのロケットが大好きな少年でした。ロケットが空に飛んでいく際に、お尻のところにエンジンから吹き出された炎がぼぉっと光って見えますよね。その迫力に魅せられて、興味をもつようになったのです。それから、テレビアニメや映画で人気になった『宇宙戦艦ヤマト』にも夢中になりました。戦艦自体がカッコいいし、やはり船尾の炎の部分がなんともいえず好きで……。今から思えば、当時から燃焼に興味があったのかもしれませんね(笑)。その後、成長するにつれ、クルマや電車など、内燃機関をもつもたないに限らず、メカ全般に興味をもつようになりました。
 それから、生まれは埼玉なのですが、父親が都内で電気工事の会社を経営していて、よく現場に遊びに連れて行ってもらいました。中学くらいからは現場で配線工事や機器の取り付け工事などの手伝いもするようになり、自然と理系に染まっていった感じです。子どもながらも責任感を持ってやっていたと思いますが、機械をいじるのは好きだったので、楽しみながら取り組んでいたように思います。
photo 身体を動かすことも好きで、小中高は公立の学校に通い、小学生の頃はスイミングスクール、中学ではバスケット部、高校ではテニス部に所属していました。最近は忙しくてサボっていますが、基本的に体育会系なんですね。
 一方、小学生の頃から学習教室に通い、そこで数学の問題を解く面白さに目覚めました。小学6年生の頃には、すでに大学の数学の問題まで進めていて、表彰されたこともあります。それでますます数学が好きになりました。僕は、褒められて伸びるタイプなんですね(笑)。親もわかっていたようで、「勉強しろ」と言われたことはありません。とにかく褒めて、子どものやる気を引き出して、自発的に勉強させていたのだと思います。

数学科に進もうという気はなかったのですか?
 当時はまだ、大人になって何をしようかと考えたことはなかったですね。将来を意識し始めたのは高校3年になってからでしょうか。父の仕事の影響で、電気工学科か機械工学科に進めたらいいなぁ、と考えていました。浪人も覚悟していましたが、無事、慶應義塾大学理工学部に合格し、機械工学科に進学しました。