音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 学部・大学院 > 総合デザイン工学専攻

大学院の概要

総合デザイン工学専攻

-デザイン- それは工学の本質

「デザイン」とは、人間の創造力、構想力、実行力をもって、生活、産業、環境に働きかけ、それらの改善を図る営みを指します。すなわち、人間のクオリティ・オブ・ライフの向上という目的のもとに、創造力と構想力を駆使して、私たちの周囲に働きかけ、諸要素を意図的に調整・適合する行為を総称して「デザイン」と呼ぶことができます。これまでのサイエンス指向の理工学ではデザインをえてして軽視する傾向がありましたが、テクノロジーの観点から見れば、まさにこのデザインこそが工学的営みの本質であり、原点であると言えます。新組織ではこうした認識に基づいて、具体的な「ものつくり」に取り組む姿勢を重視し、創造性が要求され、構成要素を統合してより優れたデザインのartifact(人工物)を開発する科学技術の諸分野を、1つの専攻領域として総合しています。

ジェネリックな工学システムの開発の必要性

21世紀の科学技術には、機能性や利便性を満たしていると同時に、地球環境に対する危険性、あるいはリサイクルの容易さといった点でのデザインの卓越性がますます求められてくるでしょう。20世紀の科学技術に不備だった点はまさにこの点です。科学技術というサブシステムを、エコシステムというトータルシステムにうまく接合できず、地球環境問題、人口過剰、資源枯渇などを起こしてしまったと言えるのです。21世紀の科学技術には、ともすればアドホックな現行の要素技術を、より広いコンテクストにおいて位置づけし直して、よりジェネリックな工学システムへと最適化し、生活や産業、国際社会あるいは文明のあり方を結ぶ、「重要な絆」となる役割がますます期待されているのです。産業社会ではともすれば生産性・経済性優先の中で科学技術本来の重要性が見失われがちなだけに、大学がそのあり方を提案し先導する意義は深いと考えています。

社会に有用な人工物を具体的に生み出していく

サイエンスとテクノロジーは、同じ道具立てを利用しますが、目的は異にしています。科学が現象を解析(アナリシス)し、解析結果から現象をモデル化する方向に強く働くのに対して、工学の目的はむしろその解析結果やモデルに基づいて、社会的に有用な人工物を設計(シンセシス)し、あるいは統合(インテグレーション)して、具体的な課題解決に結びつける点に主眼があります。現在の学問としての理工学では、いわば技術の「科学化」が進み、具体的な「ものつくり」が充分に行われていない懸念があります。本専攻では、工学の本流である創造的活動を重視した研究教育を展開し、広く社会の発展に貢献できる人工物および工学システムを開発しうる人材の育成を目指しています。

技術開発活動の、システムとしての最適化をめざして

私たちがつくろうとしているものは、個別の人工物にとどまらず、それらを最適に組み合わせた工学システムです。これまでは分野別に研究が展開されてきたため、見方によってはまとまりのない要素技術開発に終わっていた諸活動を、広く工学的営為全般の中で改めて位置づけし直し、さらには利用者や環境への影響を考慮することで、いわばテクノロジー自体のより望ましい活動形態をデザインしようというものです。それがデザイン工学に「総合」を冠した狙いです。研究教育では、総合デザイン工学がめざす基本概念や必要なアプローチ・思考方法を各研究領域で求められている具体的な課題との関係で理解してもらうと同時に、各研究領域において技術開発に実際に取り組むことに主眼を置いています。さらに、未開拓の領域に積極的に挑戦してもらう狙いから、先端的・萌芽的な研究分野を紹介する科目を充実させています。

↑PAGE TOP