音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2014年度 > 横浜市経済局主催による「慶應義塾大学矢上キャンパスツアー」を開催しました

ニュース一覧

横浜市経済局主催による「慶應義塾大学矢上キャンパスツアー」を開催しました

2014/11/18 更新

 銀杏が色づき始めた11月13日(木)、理工学部矢上キャンパスにて横浜市内および近隣地域の企業を対象に慶應義塾大学矢上キャンパスツアーを開催しました。

 慶應義塾大学理工学部(以下、矢上キャンパス)は今年創立75年の節目を迎え、最先端の工作機械や計測装置等を導入した施設をキャンパス内に開所し、授業や実習で活用し始めています。横浜市では、「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」の活動の一環としてライフイノベーションを推進しており、特区の一拠点である矢上キャンパスでも設備を地域の企業向けに一部開放することで新たな地域連携の活性化を図っています。

 本ツアーでは冒頭、牧野孝一横浜市経済局長および青山藤詞郎理工学部長の挨拶で開会し、横浜市経済局より特区概要説明が行われました。続いて理工学部から医工連携に関連するプロジェクト紹介を行うとともに、施設見学に先立ち創想館マルチメディアルーム前に理工学部の医工連携デモンストレーションや事例紹介コーナーが設けられました。その後、参加者は矢上キャンパスを歩きながら「神奈川ものづくり技術実証・評価センター」「マニュファクチュアリングセンター」を見学し、青山学部長、鈴木哲也先端科学技術研究センター(KLL)所長、三谷智明中央試験所事務主任の説明に傾聴し質問も多く出されました。

 地域の企業を対象とした矢上キャンパスツアーは初の試みでしたが、神奈川県、東京都の精密機械・医療機器の企業を中心に行政関係者も含め約70名の参加を得ました。医療機器産業は我が国の成長基幹産業に想定されており、医工連携やものづくりを通した地域連携の実現が大いに期待されます。

青山藤詞郎理工学部長の開会挨拶

青山藤詞郎理工学部長の開会挨拶

マニュファクチュアリングセンター前にて

マニュファクチュアリングセンター前にて

鈴木KLL所長によるテクノロジーセンター棟(神奈川ものづくり技術実証・評価センター)ご案内

鈴木KLL所長によるテクノロジーセンター棟(神奈川ものづくり技術実証・評価センター)ご案内

34棟 デザインセンター

34棟 デザインセンター

↑PAGE TOP