音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2011年度 > 中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)による人間教育講座が開催されました

ニュース一覧

中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)による人間教育講座が開催されました

2011/12/01 更新

去る11月12日、日吉キャンパスで「日米での教育、研究、ベンチャーマインド、司法制度等の違いについて」と題した中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)による「人間教育講座~社会の中でどう生きるか~」が開催されました。

理工学部が主催するこの講座は、現代社会の先導者とも言える方々に、世界観、人生観、哲学を語っていただくことによって、学生が「社会の中でどう生きるか」を考えることを目的としています。当日は200人以上の学生が日吉キャンパス第4校舎J24番教室に集まり、中村氏の講演で大いににぎわいました。

講演では、日本での大学時代の就職活動についての体験談や、世界で初めて製品化に成功した青色発光ダイオードの開発のエピソードについて、また、アメリカでの経験をもとに日本の高等教育や日米の司法制度の違いについて熱くご講演いただきました。また、自身が知りたいと思える研究テーマを突き詰めていく者が「研究者」であり、そのためにはベンチャー企業を立ち上げることや、海外留学等で国外の視点から日本を再認識することで、既成概念から抜け出すことが重要であると語られました。

また、講演終了後の質疑応答では、日本の教育制度、ベンチャー企業について、司法制度についてなど幅広い質問が寄せられました。中村氏はどの質問にも滞ることなく力強いお言葉で回答され、活発な議論が交わされました。さらに、青山理工学部長からは、「世界に通じる人材育成のためにも、積極的に海外にとびだし、タフな人材となってほしい」といったメッセージも伝えられました。

2004年秋学期から始まった本講座は、今回で第39回目となります。次回は、美内すずえ氏(漫画家)をお招きして、12月2日(金)18:15~19:45、日吉キャンパスJ24番教室で行います。

 

中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)

中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)

会場の様子

会場の様子

多くの質問にお答えいただきました

多くの質問にお答えいただきました

↑PAGE TOP