音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2006年度 > 2006年度「飛翔ファンド21」助成金の授与式が行われました

ニュース一覧

2006年度「飛翔ファンド21」助成金の授与式が行われました

2006/12/15 更新

 理工学部では、科学技術関連コンテストへの参加を通して学生自らが学び研究し、創造(creation)力と想像(imagination)力を伸ばしつつ、自分自身も成長しようとする団体の活動に対し、「飛翔ファンド21」を2004年度に設置して支援や助成を行っています。

 今年度の飛翔ファンド21助成金の授与式は、2006年12月6日10時から理工学部長室において行われ、つぎの各学生団体に授与証と助成金30万円が、稲崎学部長より授与されました。
 

授与式の様子

授与式の様子

 
(1)Keio CanSat 2006 Team Wolve'z 第2回能代宇宙イベント(2006.8.16-8.20開催)に参加

Keio CanSat 2006 Team Wolve'z

Keio CanSat 2006 Team Wolve'z

 
(2)自動車工学研究会 Keio-Formula.Com 第四回全日本学生フォーミュラ大会(2006.9.13‐9.16開催)に参加

自動車工学研究会 Keio-Formula.Com

自動車工学研究会 Keio-Formula.Com

 
(3)RoboCup チーム EIGEN RoboCup2006世界大会(2006.6.14‐6.20開催)に参加

RoboCupチームEIGEN

RoboCupチームEIGEN

 
 なお、審査会のヒアリングでは、準備段階からコンテスト参加にいたるまでの苦労話や、大会当日の様子や貴重な体験など、審査員も感動するような話を熱く語ってもらいました。また、授与式終了後引き続き、受賞代表者と稲崎学部長および審査委員の先生方とで懇談会が開かれ、今後の目標など、夢のある話が語られました。
 来年度も「飛翔ファンド21」を募集する予定です。さまざまなコンテストへの学生諸君の積極的な参加とこのファンドへの応募を期待しています。

↑PAGE TOP