音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2004年度 > Gerard 't Hooft教授(1999年度ノーベル物理学賞)による講演会が行われる

ニュース一覧

Gerard 't Hooft教授(1999年度ノーベル物理学賞)による講演会が行われる

2005/02/08 更新

  1999年度ノーベル物理学賞の受賞者であるGerard 't Hooft教授(Utrecht University, Netherlands)による講演会が、2月3日、21世紀COEプログラム「統合数理科学:現象解明を通した数学の発展」によるレクチャーシリーズ(Pathways Lecture Series in Mathematics)の一環として行われました。
演題は、「私たちの宇宙における一番のミステリー:なぜ量子力学は存在するのか?そしてなぜ真空は安定なのか?」。量子論が大切な理由を、古典力学から量子論へ物理が歩んだ歴史をふまえて解説し、量子論の現在の問題や、教授が現在研究している量子重力とブラックホールの問題についても言及しました。
会場は立ち見の出る盛況ぶりで、参加者からも質問が多数寄せられたため、予定時間を大幅に超える講演会となりました。

Gerard 't Hooft教授

Gerard 't Hooft教授

満席となった会場

満席となった会場

質問への丁寧な回答が印象的でした

質問への丁寧な回答が印象的でした

↑PAGE TOP