音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 学問のすゝめ > 呼吸パターンをちゃんと見ると、いろいろな病気がわかる

学問のすゝめ

呼吸パターンをちゃんと見ると、いろいろな病気がわかる

中島 真人 (電子工学科教授)

モニタリングイメージ

ファイバーグレーティング視覚センサを用いた睡眠時呼吸モニタリング装置、無侵襲、無拘束、非接触で、睡眠時の呼吸動作をモニタリングすることができる。

新聞記事やテレビ画面で、睡眠時無呼吸症候群に起因した重大な事故のニュースを目にすることが多くなってきました。昨年暮にも高速道路を走行中の大型トラックが、運転手の居眠りによって追突事故を起こし、多くの人が亡くなったのを覚えておられる方は少なくないでしょう。その他にも、新幹線運転手や飛行機パイロット、また飛行場管制官の居眠りが社会を賑しました。

私たちは最近、人体には全く触れずに、睡眠時の呼吸動作をモニタリングする手法を発明し、実際に病院で使用することのできる装置を開発しました。この装置の大きさは、リビングルームなどで使用されているフロアスタンド程度です。ベッドの枕元に立てて使用し、患者さんは、「何かあるな?」程度にしか感じません。

我々の開発した装置は、我が慶應義塾大学病院をはじめとして、すでに5つの病院に研究用という名目で貸し出され、試用して頂いた全ての病院のお医者様方によって、その有用性を確認していただいております。特に、はじめにこの装置を御使用頂いた、新潟県の老人病院の脳外科の先生は、「この装置の使用によって、睡眠時無呼吸症候群と老人性痴呆症の間に深い関係があるということがわかった!」という非常に興味深い学会発表を行っておられます。この春、この装置の特許が慶應義塾大学から某大手医療機器メーカーにライセンス(実施許諾)されました。実際に製品として社会に登場するのは、2年程先のことになると思います。将来は、世界中の病院になくてはならない装置となっていることと期待しています。

↑PAGE TOP