Emerging 2016
90/158

開放環境科学専攻88理工学研究科要覧情報工学専修The Center for Information and Computer ScienceNatural Language Processing/Spoken Language Understanding/Artificial Intelligence自然言語処理/音声言語理解/人工知能SAITO, Hiroaki斎藤 博昭言語、抑揚、身振り、表情といったモダリティを通して、われわれは日常のコミュニケーションを行なっている。したがって、人間同士のような自然な振舞いをコンピュータにも求めるならば、そのような種々のモダリティを統合的に扱う必要がある。この際、安定した情報量を獲得できる言語処理を中心として、韻律認識、画像処理といった人工知能の要素技術を組み込むことで実現を図りたい。Our communication is carried out through such means as language, prosody, gesture, and facial expressions. Thus integrated processing of those modalities is required for achievement of friendly man-machine interface. Language processing plays a central role in handling multi-modalness due to its stability and informative power. Huge quantity of annotated video data will make possible automatic learning as well as precise analysis.准教授Associate Professor情報工学科Department of Information and Computer Science工学博士Ph.D.Computer Networks / Mobile Computingコンピュータネットワーク/モバイルコンピューティングSHIGENO, Hiroshi重野 寛コンピュータネットワーク、モバイル・ユビキタスコンピューティングの分野で、通信のプロトコルや仕組み、アーキテクチャ、アプリケーションを研究しています。現在は、通信品質の保証、アドホック・ネットワークやITSのための通信プロトコル、P2Pネットワーク、ネットワークセキュリティの研究を進めています。This laboratory is focused on computer networking, mobile computing, and ubiquitous computing, as well as building protocols, mechanisms, architectures, and applications for multimedia high-speed networks and wireless networks to provide better performance, higher availability, and secure network services. Current research is aimed at quality of service (QoS) provisioning, wireless medium access control protocols, and mobility support protocols for ad- hoc networks and intelligent transport systems (ITS), P2P networking, and network security.教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(工学)Ph.D.Broadband Mobile and Wireless Communications / Photonic networksブロードバンド・モバイルワイヤレス通信/フォトニックネットワークSASASE, Iwao笹瀬 巌モバイル・ワイヤレス通信とセキュリティ、IoTの研究分野の研究を行っています。主な研究テーマとしては、ブロードバンド移動通信・ワイヤレスアクセス方式、アドホックネットワーク、センサネットワーク、ネットワークセキュリティ、無線ホームリンク、フォトニックネットワーク、光CDMA などがあります。This laboratory focuses on broadband mobile and wireless communications, ad hoc network, sensor network, network security, photonic network and optical CDMA.教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science工学博士Ph.D.Image Processing / Computer Vision / Virtual Reality画像処理/コンピュータ・ビジョン/仮想現実感SAITO, Hideo斎藤 英雄カメラ等により撮影された対象の形状や意味等を計測・認識するためのコンピュータビジョン(CV)の研究を行っています。さらにCVを仮想現実・拡張現実・複合現実技術等に応用するための映像生成や、人工知能のための知識処理に応用する研究等も進めています。This laboratory’s research topic is computer vision (CV): a technique to recognize and understand object scenes contained in images. Based on CV, we perform research on virtual reality, augmented reality, mixed reality, image sensing, and pattern recognition, aiming to realize next generation visual media and knowledge processing for artificial intelligence.教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(工学)Ph.D.Human Interfaces / Augmented Reality / Entertainment Computingヒューマンインタフェース/拡張現実感/エンタテイメントコンピューティングSUGIMOTO, Maki 杉本 麻樹拡張現実感(AR)技術を用いたヒューマンインタフェースやエンタテインメント環境の構築に関連する研究を行っています。画像提示装置を用いた計測・制御の技術、日常環境における機器連携・操作を実現するインタフェース、情報環境への自己投射による身体動揺などにも興味を持っています。Main topics of my research are Display-based computing techniques, tele-operation interfaces and entertainment computing environments with augmented reality technology. My research interests further include tangible programming interfaces for home appliances and vestibular effects of self projection for virtual environments.准教授Associate Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(工学)Ph.D.Lifestyle Computing / Real World Interfaceライフスタイルコンピューティング / 実世界インタフェースSUGIURA, Yuta杉浦 裕太メディアデザイン研究科で博士課程を修了した後、産業技術総合研究所を経て情報工学科へ赴任して参りました。日常に溶け込む人間密着型インタフェースとデジタルヒューマン技術を基盤とした、生活者の膨大な身体行動情報の収集・モデル化に基づくサービス設計と、生活者への介入によるライフスタイル革新を目指します。I received a Ph.D from the Graduated School of Media Design at Keio in 2013. Before joining Department of Information and Computer Science as assistant professor, I worked at National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST). My research theme is Lifestyle Innovation through creating novel services from collected and modeled Human-Data by ubiquitously blending Real World Interface and Digital Human technologies into our everyday environment.助教(有期)Research Associate(Non-tenured)情報工学科Department of Information and Computer Science博士(メディアデザイン学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 90

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です