Emerging 2016
78/158

開放環境科学専攻76理工学研究科要覧●空間・環境デザイン工学専修理念と目標自然環境に人工空間・環境をデザインする工学としては、都市・建築工学、交通・土木工学、宇宙・機械工学、ロボット工学、環境工学、エネルギー工学、情報・通信工学などの分野があげられます。このような空間・環境システムデザインにおいては、その複雑化と大規模化に対応するために諸分野間のダイナミックなインタラクションを探求しながら有機的に統合させる計算能力およびシミュレーション技術が必要です。さらに、そのシステムは、美しくかつ十分に考えられたデザインにより創造する必要があります。空間・環境デザイン工学専修は、空間・環境システムをデザインする基盤科学技術を確立し、その上に新しい空間・環境システムを創発してゆきます。The Center for Space and Environment Design Engineering aims at establishing fundamental Science and technologies for design engineering of space and environments relating to humans: transportation, aerospace, and architecture, among others. This is based upon creation and integration of innovative systems for the techno-humanity society. This Center exemplifies transdisciplinary and advanced research and education, all supported by advanced information technology including computational science and human media technology.Key words: 〈Aerospace, Architecture, Computational Engineering, Human, Space and Environment, Transportation〉

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 78

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です