Emerging 2016
71/158

総合デザイン工学専攻総合デザイン工学専攻69マテリアルデザイン科学専修The Center for Material Design ScienceElectrochemistry / Ionic liquid / Battery電気化学/イオン液体/電池KATAYAMA, Yasushi片山 靖室温イオン液体(溶融塩)中における電気化学をテーマとした研究を行っています。それらの系における電気化学反応をエネルギー貯蔵・変換(電池,燃料電池)や、マテリアルデザイン(めっき,合成)に応用することを目的としています。This laboratory investigates electrochemistry in room temperature ionic liquid (molten salt) systems, with the primary purpose being to apply electrochemical reactions in systems used in energy storage/conversion (battery and fuel cell) and material design (plating and synthesis).教授Professor応用化学科Department of Applied Chemistry京都大学博士(工学)Dr. Eng. (Kyoto University)Photonics Polymer / High-Speed Polymer Optical Fiber / Highly Scattered Optical Transmission Polymerフォトニクスポリマー/高速ポリマー光ファイバー/光散乱導光ポリマーKOIKE, Yasuhiro小池 康博ポリマーの構造と光機能の相互作用を本質まで遡ることにより、新しい機能を有するフォトニクスポリマーを創造しています。フォトニクスポリマー技術から達成された「世界最速プラスチック光ファイバー」、また、高輝度光散乱導光ポリマー、ゼロ複屈折ポリマーなど新規光機能フィルムによる「高精細ディスプレイ」により人間に軸足を置いたFace-to-Faceコミュニケーションの実現を目指します。Based on the fundamental studies on how light or photon relates to various polymer structures going back to its origins, we have proposed “photonics polymer” with novel optical functions. We aim to realize the Face-to-Face communication by the world’s fastest graded-index plastic optical fiber (GI POF), high definition display with novel optical functional films with “highly scattered optical transmission (HSOT) polymer” and “zero-birefringence optical polymer”, which have been achieved by the photonics polymer technologies.教授Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-Informatics工学博士Ph.D.Solid State Physics/Magnetics/Nanoscale magnetic materials固体物性/磁気工学/ナノサイズ磁性体SATO, Tetsuya佐藤 徹哉凝縮系物質の物性を基礎物理から探求することにより新しい機能を見出し、その工学的応用への道を開拓することを目指す。複合的な性質を持つ物質群を中心に、超微粒子,超薄膜などの条件下で出現する新しい磁気と関連した物質および非平衡状態に特有の物理現象を探索し、それらのデバイスへの利用法を提言していく。This laboratory focuses on finding a new function suitable for engineering applications associated with condensed matter based on physical properties, with particular interest aimed at physical phenomenon unique to materials having complex properties observable under nanoscale structures or non-equilibrium conditions. Development and fabrication of a new functional devices is the ultimate goal.教授Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics工学博士Ph.D.nano technology / surface / interface / thin film / coatingナノテクノロジー/表面/界面/薄膜/コーティングSHIRATORI, Seimei白鳥 世明白鳥研究室ではバイオミメティクス(生体模倣)を基本としてウェットプロセスを用いたナノテクノロジーをコアとした表面、界面物理、界面化学の研究に力を注いでいる。有機エレクトロニクスの分野を中心にアンモニアガスセンサ、口臭センサやフィルタ、太陽電池、撥水などの研究開発を行なっている。また、薄膜製造技術や超撥水、撥油技術、食品包装に関する研究、ナノ粒子・ナノファイバーによる空気浄化等の研究開発を行っている。This laboratory is focused on power directed towards utilization of research producing core nanotechnology using the wet process by mimicking natural biological body. Research is mainly aimed at eco-friendly technology, as well as development of an ammonia gas sensor, bad breath sensor/filter, solar cell, water repellent, oil repellent and air purification using nanofiber technology.教授Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics博士(工学)Ph.D.Analytical Chemistry / Chemical Sensor / Biochemical sensing化学センサー/バイオケミカルプローブ/スマートケミカルセンサーSUZUKI, Koji鈴木 孝治医療、環境、プロセス、及び個人モニターなどの次世代のスマートな化学センシング・バイオセンシングを実現するための目的で研究を推進しています。化学物質をセンシングする方法については、センシング分子・ナノ材料のデザイン及び化学合成から、化学センサーやバイオケミカルプローブなどのデバイス開発、さらには化学成分測定システムの開発まで、化学、物理、生物、薬学などの領域を融合させて研究を進めています。Smart chemical and biochemical sensors / sensing are the main interests of our research. Based on our techniques and knowledge of the design and synthesis of highly functional molecules, we can create novel sensing molecules, probes and devices (labeling probes, ultrasmall electrodes and optodes, multi-sensing chips, and neural network sensing systems) for analyses in the biological, medical, environmental, and industrial fields.教授Professor応用化学科Department of Applied Chemistry工学博士Ph.D.Chemical Sensors / Multi-Analyte Sensing / Functional Dyes化学センサー/多成分同時測定/機能性色素CITTERIO, Danielチッテリオ, ダニエル産業・医療・環境・バイオ分析への応用を目指した化学センサーの開発を目的とし、機能性有機色素を始めとする新規機能性材料の創製を行っている。また電気化学・光学・質量応答を利用した、においや味覚センサーのような多成分センサー、さらには、新たな化学センサーの作製技術開発にも取り組んでいる。My current research is devoted to the development of chemical sensors with focus on multi-analyte sensing systems for industrial, medical, environmental and biological applications. For this purpose, we design and synthesize novel functional materials, such as functional organic dyes. We are also developing multi-analyte sensing systems useful as artificial noses and artificial tongues, based on electrochemical, optical and mass-sensitive devices. Furthermore, novel fabrication techniques for chemical sensors are evaluated.教授Professor応用化学科Department of Applied ChemistryDr.sc.nat.Dr.sc.nat.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 71

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です