Emerging 2016
63/158

総合デザイン工学専攻総合デザイン工学専攻61システム統合工学専修The Center for System Integration EngineeringInternet applications / Network based control system / Multipath routingインターネット応用/ネットワークベース制御システム/マルチパスルーティングYAKOH, Takahiro矢向 高弘ネットワークベース制御システムや工場内通信システムなどに要求される実時間性能をインターネット上で実現することを目標に掲げ、マルチホップネットワークを介した実時間処理の設計手法と実装手法に関して研究している。応用例題として、視覚・聴覚・触覚の遠隔実現システムの構築を行なっている。This laboratory focuses on realizing real-time facilities required by communicating control systems over the Internet, with proposed technology making it possible to simultaneously support both end-to-end delay guaranteed connections and conventional TCP/IP flows over a same multi-hop network infrastructure. We are building visual-auditory-haptic communication system over the target network as an application.准教授Associate Professorシステムデザイン工学科Department of System Design Engineering博士(工学)Ph.D.Power Electronics / Motor Drive / Motion Controlパワーエレクトロニクス/モータドライブ/モーションコントロールNOZAKI, Takahiro野崎 貴裕多様な個人に対し柔軟に適応可能な物理的人間支援システムの実現を目指し、パワーエレクトロニクスを軸に駆動技術の高機能化に取り組んでいる。センシング、アクチュエーション、モーションコントロールに至る一連のシステムを総合的に設計することで、複数電動機への独立な電力供給や非定常駆動の高効率化を目指している。My study focuses on improvement of drive technologies based on power electronics to realize physical human support systems, which can flexibly adapt to various individuals. I am especially working toward achievement of controlling multiple motors by multiplexing signals generated from a power supply and achievement of high-efficient drive in non-steady-state by designing a system from the view point of sensing, actuation, and motion control.助教(有期)Research Associate(Non-tenured)システムデザイン工学科Department of System Design Engineering博士(工学)Ph.D.Transport Phenomena in Thermo-Fluid / Dynamic Flow Measurements using Laser Technique.熱流体中の移動現象/レーザ利用熱流体計測HISHIDA, Koichi菱田 公一気泡を含む複雑な流れ、熱の移動や物質の拡散が生じている流動場などの熱流体現象を実験および数値シミュレーションも用いて明らかにしている。また同時に熱流体現象をセンシングするための新たな計測システムの構築を行っている。レーザー・高速コンピューター・エレクトロニクスを駆使して、流体の速度・温度・濃度を画像処理・信号処理によって定量化し、物理過程の解明に貢献している。This laboratory is focused on experimentally and numerically simulating turbulent modification of two-phase flow (particle laden and bubble flows), heat transfer control, development of laser-based instrumentation for dynamic flow measurements, e.g., laser Doppler velocimetry with particle sizing and particle image velcimetry combined with laser-induced fluorescence techniques.教授Professorシステムデザイン工学科Department of System Design Engineering工学博士Ph.D.Welfare System Control福祉機器システム制御MURAKAMI, Toshiyuki村上 俊之当研究室では、Flexible Human Assist(FHA)を目指したロボット制御、計測・センサ応用システム制御に関する研究を行っています。プロジェクトとしては、環境認識のための視覚センサ応用制御、知的車椅子の制御、人間支援型電動二輪車の制御、振動抑制制御、移動マニピュレータの制御、知的生産システムのためのAGV制御等があります。This laboratory focuses on robot control/instrumentation and sensor applicationa to achieve a flexible human assist (FHA) system. Areas investigated include sensor application, intelligent wheelchair control, vibration control, mobile manipulator control, and intelligent manufacturing systems; areas yielding many conference papers and articles.教授Professorシステムデザイン工学科Department of System Design Engineering博士(工学)Ph.D.Bio-signal Processing / EEG Analysis / Image Processing / Impression Analysis生体信号処理/脳波解析/画像処理/画像意味解析/印象解析MITSUKURA, Yasue満倉 靖恵当研究室ではマルチメディア信号処理や生体信号解析に関する研究を行っています。特に、ヘッドマウントディスプレイを用いた次世代情報提示システム、考えただけで思考を通信できるシステムを目指した基礎研究、脳波によるオン・オフ制御、生体情報解析によるストレス検出などの研究に重点的に取り組んでいます。This laboratory focus on various signal processing and it’s applications. The current main topics of our research are bio-signal analysis (EEG, EMG, EOG, ECG, GSR, Body temp. Breath, Salivary amylase, NIRS, fMRI), brain computer interfaces, and impression & situation analysis of animation images.准教授Associate Professorシステムデザイン工学科Department of System Design Engineering博士(工学)Ph.D.Systems and Control Theory / Distributed, Cooperative and Predictive Controlシステム制御/分散・協調・予測制御NAMERIKAWA, Toru滑川 徹大規模複雑システムの最適管理のための分散協調制御理論とその応用に関する研究を行っています。具体的には、再生可能エネルギーを含む分散型電力ネットワークの分散最適制御、マルチUAVの分散協調フォーメーション制御、分散推定理論に基づく電力ネットワーク、特に最近は社会インフラや超Smart City の研究に力を入れています。Distributed and cooperative control problems for large-scale networked systems are studied in Namerikawa laboratory via both of control theoretical and application approaches. The current main topic of Namerikawa Lab is the developments of safe, reliable and resilient control/prediction methodologies for electrical power network and smart city and smart infrastructure systems. The other important topic is the developments of cooperative formation control strategies for multi-agent systems including unmanned aerial vehicles.教授Professorシステムデザイン工学科Department of System Design Engineering博士(工学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 63

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です