Emerging 2016
40/158

基礎理工学専攻38理工学研究科要覧物理情報専修The Center for Applied Physics and Physico-InformaticsImage Processing for Medical Images / Personal Identification / Nondestructive Inspection / GPS医用画像処理/個人認証/非破壊検査/GPSTANAKA, Toshiyuki田中 敏幸研究室では信号処理と画像処理の全般にわたって研究している。画像を扱ったテーマとしては、医用画像処理、逆問題、非破壊検査を中心に行っている。画像データとして、光学顕微鏡画像、X線CT画像などを扱っている。信号処理関連のテーマとしてはGPSによる測位や音声信号処理を行っている。This laboratory focuses on image and signal processing, particularly investigating medical images used in image processing, e.g., X-ray CT and photomicrography. Also studied is inverse problem, nondestructive inspection, application of a global positioning system (GPS), and acoustic signal processing.教授Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics工学博士Ph.D.Biomechanism / Measurement of human / Mechanomyogram / Biocyberneticsバイオメカニズム/生体計測/筋音図/バイオサイバネティクスUCHIYAMA, Takanori内山 孝憲ヒトの軟らかで滑らかな運動を実現する筋肉の収縮力と粘弾性の調節機構を解明するために、筋肉が収縮するときの微細振動である筋音や筋肉を押し込むときの反力を計測して解析しています。また、運動のスキルを計測するために、画像処理技術を応用して研究しています。This laboratory focuses on clarifying the control mechanism of contractile and visco-elastic properties of muscles. A mechanomyogram, that is a mechanical vibration detected on the skin surface, is measured. The relationship between the indentation depth and force is also measured. The system identification technique is applied to the measured signals. The sports skills are also our research interests. Image analysis technique is applied to the human motion.教授Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics博士(工学)Ph.D.Silicon sensors / MEMS / micromachining半導体センサ/MEMS/マイクロマシニングMATSUMOTO, Yoshinori松本 佳宣集積化センサやアナログLSI、MEMSなどの微小システムを研究している。製作にはマイクロマシニング技術やシミュレーション技術、LSI-CADなどを利用する。また、センサネットワーク技術と集積回路技術を用いた無線式放射線計測システムを開発している。This laboratory focuses on the development of micro systems such as smart sensor, LSI, and MEMS devices. New devices are proposed using micromachining technology, simulation, computer aided design (CAD). A wireless radiation monitoring system has been developed using a sensor network and integrated circuit technology.教授Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics博士(工学)Ph.D.chemical phsyiscs/intermolecular interaction/molecular simulation化学物理学/分子間相互作用/分子シミュレーションYOKOI, Kohei横井 康平電子・原子・分子レベルの基本原理をもとにして、それらにより構成される分子と分子集合体の構造と性質をコンピュータシミュレーション手法により研究しています。This laboratory is focused on molecular interactions and electronic processes in organic molecular systems. Areas studied include computer simulations as molecular dynamics, Monte Carlo, quantum chemistry, and quantum physics.准教授Associate Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics工学博士Ph.D.Quantum Optoelectronics / Semiconductor Quantum Structure量子光エレクトロニクス/半導体量子構造HAYASE, Junko早瀬 潤子光子や電子の量子力学的性質を自在に制御・利用する「量子光エレクトロニクス」を追求し、革新的な量子情報技術の開発を目指します。半導体をナノスケールで加工した「半導体量子構造」や、フェムト秒オーダーの超高速現象を計測・制御する「超高速非線形分光」技術を駆使して、光子と電子の相互作用を研究していきます。Our research focuses on quantum optoelectronics to completely manipulate quantum-mechanical properties of photons and electrons toward realizing quantum information technology. Ultrafast nonlinear spectroscopy is developed to investigate light-matter interactions in nanometer-sized semiconductor quantum structures.准教授Associate Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics博士(理学)Ph.D.Quantum Control Theory/Quantum Information Theory量子制御理論/量子情報理論YAMAMOTO, Naoki山本 直樹量子系の設計理論を、数理工学の立場から構築することを目指しています。例えば、量子系のフィードバック制御器や量子誤り訂正符号の、数値最適化を用いた効率的な設計法を提案しています。さらに、次世代情報処理系である大規模量子ネットワークの最適設計および可制御性・ロバスト性・複雑さなどを追及しています。My research objective is to develop a designing theory for quantum systems via mathematical engineering approach; e.g., efficient numerical methods to compute an optimal quantum feedback controller or an optimal quantum error correction. Furthermore, the optimal synthesis for a large-scale quantum network, with its controllability, robustness, and complexity, is of particular interest.准教授Associate Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics博士(情報理工学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 40

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です