音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 学部・大学院 > 理工学部 > 電子工学科

学科の概要

電子工学科

情報、システム、回路、通信、電波、光、画像、物性、デバイスなどをエレクトロニクスというキーワードでまとめた学問分野

どんな学問?

電子工学科授業風景

20世紀の科学技術の代表であったエレクトロニクスは、原子・電子の世界に踏み込んで微視的な挙動を理解する学問の上に、リソグラフィ技術や精密制御技術によって花開いた総合技術です。多様化した高度情報化社会の到来が予想される21世紀も、社会を支える基盤技術の主役はエレクトロニクスに他なりません。電子工学科が取り組んでいる21世紀のエレクトロニクスとは、原子・分子レベルの物性および極限の科学を積極的に利用したデバイスや、エレクトロンとフォトンの融合から生まれる新しいフォトニックデバイスの開発、そしてこれらの基盤技術から生まれる、新しい適応システムを構築する学問分野です。

学習・教育目標

新素材を扱う科学、超微細なプロセス技術、精密なデバイス制御・応用技術を総合的に学び、人工知能、超高速・超並列コンピュータに代表される21世紀の技術開発に不可欠な新しい発想のもとのエレクトロニクス分野を開拓していける人材の育成を目的としています。一方では、卒業後どのような分野に進んでも指導的役割を果たせるような人材の育成をめざし、密度の高い個人指導を行い、高い適応性が養われるように配慮しています。

教育内容

  • 物性・量子工学、電磁気学、回路・計測、情報・通信といった階層構造をなす基礎学問の十分な理解が得られるように配慮したカリキュラム編成
  • 「電子物性」「光・波動」「回路・情報システム」の3本柱の学科専門科目群を設置
  • 「電気電子工学実験」などの実験・演習を通してテーマ・解法に即したコンピュターの駆使とソフトウェアの設計能力が自然と身につく実践教育を重視
  • 所定の設置科目を履修することで、「電気主任技術者」などの国家試験が免除
  • 国際的にその研究成果が認められている多くの教員や大学院生と一緒になって、各分野から自分のチャレンジする最先端の研究テーマに取り組む卒業研究

進路

電子工学科では毎年約8割の学生が当大学大学院修士課程に進学しています。電子工学科及び電気電子分野(大学院)は、理工学部の中で最も求人面談が多く、幅広い就職の選択肢を持っていますので、卒業後には多彩な分野で活躍する道が開けます。主な就職先の比率は、電気・機械製造業が50%、通信・電力・ガス・運輸等公共サービス業が15%、情報・調査サービス業が15%です。

↑PAGE TOP