音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 学部・大学院 > 理工学部 > 管理工学科

学科の概要

管理工学科

科学技術を社会基盤へと変えるために、人間、ハードウェア、情報、資金などの異質な要素をシステムとして組織化・統合化する学問分野

どんな学問?

管理工学科授業風景

情報、資金、ハードウェアなどの異質な諸要素を有機的に関連付け、人間や社会にとって価値のあるアウトプットを効果的に産み出すための、広義のソフトウェア・システムの構築とそのコントロール、さらには新たなマネジメント技法の開発をめざすのが管理工学です。研究対象も、生産システム、企業体、公的組織体といった規模のものから、交通システム、都市システム、世界経済や環境問題まで、非常な広がりを持っています。

学習・教育目標

管理工学科は、従来の理工学のようなハードウェアを直接の対象にはしませんが、1)理工学の基礎的素養を備え、2)科学的・工学的な問題解決の考え方とアプローチを身につけ、3)旺盛な問題意識と異質な諸要素への関心に支えられた総合的な視野を持つ人材を教育し社会に送り出しています。

教育内容

以下に挙げる4つの領域に教育の重点をおいたカリキュラムを組んでいます。(カッコ内に示すものは各領域における研究分野の例です)

  1. システムと人間:人、機械、情報などから構成されたシステムをとりあげ、各構成要素の特性やそれらの間の関係について原則や法則を見つけ、システムとして分析、設計する方法を扱う。(IE、経済性工学、人間工学、システムエ学)
  2. 応用統計と最適化:数学・数理統計学の基礎の上に、データ処理の手法、諸分野における統計的手法の応用、モデル化の基礎、最適化の数学的手法を扱う。(品質管理、多変量解析、数理モデルの構造、OR)
  3. 情報処理:人間や組織体を対象にして、さまざまな分野でコンピュータを有効に利用した情報処理を行うための新たな方法論と理論を開発すること、およびその実践。(ソフトウェア工学、プログラミング理論、アルゴリズム論、情報システム、人工知能)
  4. 経営と経済:組織体の経営活動を有効に計画・運営するために必要となる経営管理のしくみ、有効な経営計画のたて方、経営成果の計算と評価の方法を扱い、さらに経営活動をとりまく国、システムの経済分析を扱う。(経営管理論、経営計算、経営工学、数理経済学、経済分析、決定理論)

進路

卒業研究を仕上げた4年生のうちの4割以上が大学院に進学します。社会での二一ズが高い学科なので、学部・大学院共に企業等からの求人数が学生定員を大幅に上回っている状態が続いています。卒業生がメーカーにとどまらず、商社、金融、公共企業体等の幅広い分野で活動していることが本学科の特徴です。また、理工系のみならず文科系の分野をも含む学際的な領域で活発に研究活動をしている卒業生をたくさん輩出しています。

↑PAGE TOP