プラスチック光ファイバー国際会議(POF2019)スペシャルセッション

2019年08月02日

本年は、慶應義塾大学理工学部創立80年、ならび内閣府FIRSTプログラムのPOF研究推進拠点として設立されました慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート(KPRI)の設立10年目にあたります。これを機に、「プラスチック光ファイバー国際会議(POF2019)」の初日に、「8K、5G時代への新たな展開」をテーマにスペシャルセッションを開催致します。多数の皆様のご参加をお待ち致しております。

開催概要

日 時

2019年11月20日(水)15:00 〜

会 場

慶應義塾大学 日吉キャンパス

協生館2階 藤原洋記念ホール

参加者

一般公開 約500名

(POF2019参加者、一般参加者)

主言語

日本語

(日本語→英語 同時通訳付き)

特別講演

講演者

演題

児玉 圭司

 日本放送協会(NHK)技術局長

新4K8K衛星放送

〜東京オリンピックへ向けて〜(仮)

井伊 基之

 日本電信電話株式会社(NTT)代表取締役副社長

5Gとその先の未来

末松 誠

 日本医療研究開発機構(AMED)理事長

データシェアリングによる医学・医療の課題解決

KPRI成果発表
Nitto・慶應義塾大学光ケーブル共同研究センター

講演者

演題

梅原 俊志

 日東電工株式会社 代表取締役 専務執行役員 CTO CIO
小池 康博

 慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート 所長

8K、5G時代へ向けてのGI-POF(仮)

ゲストスピーチ(英語→日本語逐次通訳)

David N. Payne

 Professor and Director of Optoelectronics Research Centre

 The University of Southampton(英国)

Duncan T. Moore

 Professor of Optical Engineering

 University of Rochester(米国)

ナビゲーションの始まり