募集人員

特任助教、研究員、または臨時職員のいずれかの職位で1名

所属

慶應義塾大学大学院 理工学研究科

専門分野

環境化学、もしくは環境化学研究の推進に貢献できる研究分野

職務

空間中の化学物質濃度の制御管理に関する産学連携プロジェクトの研究推進に加えて、環境化学研究室で推進している実験的研究、特に、大気化学または微粒子工学を基礎として、環境中の微小粒子を含む多様な大気汚染物質の分析および生体影響評価等の研究業務に従事する。なお、これまでの専門分野が環境化学でなくとも、理工系の修士以上の学位を有し、産学連携や環境研究の社会実装に興味があり、ご自身の専門的な知見を環境化学の分野に活かしてみたいという意欲のある方の応募も歓迎いたします。また、フルタイム以外の勤務形態も可能です(要相談)。なお、臨時職員として採用される場合は上記職務の補助業務となります。

勤務場所: 慶應義塾大学理工学部 応用化学科 環境化学研究室

応募資格

  • 博士号取得者および募集時点で学位取得見込の者(研究員の場合は修士相当の学位も可)
  • 環境化学(大気化学または微粒子工学を基礎として、環境中の微小粒子を含む多様な大気汚染物質の分析および生体影響評価等を行う分野)の研究推進に貢献し得る知見や技術を有していること
  • 奥田知明 教授および 環境化学研究室 のメンバーと協力して研究活動を遂行できること

着任時期

2022年11月1日以降のできるだけ早い時期

契約期間

単年度契約とし、双方の合意に基づき契約更新を行います。最長2025年10月末日までです。ただし予算等の状況により更新ができない場合があります。

待遇

給与は年齢・学歴・職歴・業績等を考慮の上、慶應義塾の規程に基づき決定します。

応募方法

提出書類を書類送付先に電子メールに添付でお送りください。

提出書類

      以下を全てまとめて1つのpdfファイルとして結合し、提出してください。なお臨時職員への応募の場合は(1)(5)のみ必須とし、他の書類の提出は任意です。
  1. 履歴書(写真付)
  2. 研究業績リスト(査読付き雑誌論文、国際会議論文、著作、解説、その他すべての研究発表、特許、受賞、外部資金獲得実績、資格(技術士等)などに分類したもの)
  3. 主要論文の別刷りまたはコピー(3編まで)
  4. これまでの研究概要(A4用紙1~2枚程度)
  5. 職務に対して具体的に貢献できる応募者の知見(A4用紙1枚程度)
  6. 応募者について意見を伺える方1名の氏名(所属およびE-mailアドレスを記載してください)

応募締切

2022年9月30日(金)
※ただし適任者が見つかり次第募集を終了しますので、応募を検討される際はお早めに一度ご連絡ください。

選考方法

書類選考に通過した場合は面接を実施します。なお面接はオンラインの場合もあります。
採否はメールで通知を行います。

書類送付および問い合わせ先

〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部 応用化学科
教授 奥田 知明
E-mail:okuda@applc.keio.ac.jp
※応募を受け付けた場合、受領メールをお送りします。送付後、1週間以内に返信が無い場合はメール等でお問い合わせください。

その他

1.応募書類は、返却しません。
2.応募書類は、本選考以外の目的には使用しません。

ナビゲーションの始まり