音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 矢上賞(同窓会研究教育推奨基金) > 2008年度

矢上賞

これまでの受賞者 2008年度

横溝 陽一氏 ((株)ローソン)

'77年・機械工学科卒
サプライチェーンマネージメント(SCM)手法における企業業務改革に理工学思想からの『エンジニアリング・アプローチ』を提唱し、その実績により大きな社会貢献を果たしていること

岡 貞治氏 (横河電機(株))

'85年・計測工学科卒
高速回路向けの化合物半導体プロセスの研究開発を担当し、独自のInP HBT(インジウムリン ヘトロバイポーラトランジスタ)を開発し、世界に先駆けて40Gデバイス・通信装置や超高速光スイッチ・光パケット装置の開発に成功したこと

和田 学明氏 (松下電器産業(株)パナソニックAVCネットワークス社)

'86年・電気工学科卒
放送用カメラの研究開発に従事し放送業界に貢献してきたこと

本間 徹氏 (経済協力開発機構(OECD))

'89年・管理工学科卒
開発途上国における技術協力の現場を中心に活躍しており、特にアフリカと東南アジアにおける民間セクター開発(中小企業振興、貿易投資環境整備)分野の国際協力に多大な貢献を果たしていること

湯浅 新治氏 (産業技術総合研究所)

'91年・物理学科卒
トンネル磁気抵抗効果(TMR)に関する学理を究明し、それを高機能エレクトロニクス素子として実用化した功績

↑PAGE TOP