音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 塾員来往 > [第4回] 千野 晃 セイコーエプソン株式会社 情報化技術企画開発部長

塾員来往

[第4回] 千野 晃 セイコーエプソン株式会社 情報化技術企画開発部長

研究発表

修士論文発表会(学生時代)

私が工学部(現・理工学部)を選択した理由は、3年次において学科を決定できるという理由が大きかったと思います。3年次で機械工学科、4年次で安藤・棚橋研究室に進みました。研究室の選択理由は、どうしても数値計算をやってみたかったという理由からです。当時、流体解析の分野において有限要素法などの数値解析の研究が盛んに行われていました。数値シミュレーションにより支配方程式という数式の世界をコンピュータの中で可視化、再現する事に夢中になった事を懐かしく思い出します。当時の研究室は非常にまとまりがよく、一番印象に残っているのは蓼科にある塾の山荘でラジコン模型飛行機を飛ばした事です。前日まで研究室のメンバーと徹夜で完成させましたが、飛行時間はたった数秒でした。失敗談ではありますが、今でもこの時のメンバーと飲むとよくこの話になります。

研究室仲間

学生時代の研究室仲間(千野さんはどこでしょうか?)

千野晃氏

島津家仙巌園にて(鹿児島)

現在の会社に入社してからは、機械設計、ソフトウェア開発と幾つかの業務を経験しました。学生時代に学んだ事は現在の業務には直接関係はありませんが、学生時代からのコンピュータとの関わり合いが今でも続いています。また教養課程での実験や研究室での研究などの当時は苦しかった事が、会社生活で重要な本質を見抜く能力を養ったと今でも思っています。また、大学時代特に研究室の仲間とは今でも年数回逢って会社、人生の事などを語り合っています。私にとってこの仲間が大学生活の最大の宝物であると思います。

プロフィール

千野 晃(ちの あきら)(長野県立諏訪清陵高校 出身)

1981年3月

本塾大学工学部機械工学科卒

1983年3月

本塾大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了

1983年4月

セイコーエプソン株式会社入社
工機設計部、生産技術部、水晶デバイス事業部(システムG)などを経る。

現在

本社(長野県諏訪市) 情報化技術企画開発部 部長

↑PAGE TOP