音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2014年度 > KEIO TECHNO-MALL 2014(第15回慶應科学技術展)開催

ニュース一覧

KEIO TECHNO-MALL 2014(第15回慶應科学技術展)開催

2014/12/11 更新

 12月5日(金)、慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)主催の「KEIO TECHNO-MALL 2014」(第15回慶應科学技術展)を東京国際フォーラムにて開催しました。

 KLLは大学発の技術を産業界に発信する場として、他大学に先駆けてKEIO TECHNO-MALLを2000年から毎年、開催してまいりました。15回目となる今回は、企業関係者を中心に最多となる1763名の皆様にご来場いただきました。

KEIO TECHNO-MALL 2014 (東京国際フォーラム)

KEIO TECHNO-MALL 2014 (東京国際フォーラム)

展示ブースの概観

展示ブースの概観

 例年、KEIO TECHNO-MALLでは「研究者、研究テーマとの出会い」「広がりと柔軟性」「開発成果の社PR」「 製品/技術の可能性探索」の場を提供しております。展示会場では慶應義塾大学理工学部の教員等による説明やデモンストレーションが行われ、最新の研究成果と技術を紹介する61の展示ブースと13のパネル展示の前には人の波ができ、活発な議論や意見交換が繰り広げられました。

パネル展示の様子

パネル展示の様子

展示ブースでの説明

展示ブースでの説明

 KEIO TECHNO-MALL 2014では、理工学部の最新研究・技術を紹介する展示に加えて、理工学部創立75年記念特別プログラムを企画しました。展示会場に隣接したイベント会場では、基調講演「大学発ベンチャー37年_夢とうつつ」、基調講演「日本経済の展望:科学技術のイノベーションと産学連携」、トークセッション「真に社会が求める革新的産官学連携の姿:実学(サイヤンス)実践のイノベーション拠点」、ラウンドテーブルセッション「病気にならないための健康社会 〜テクノロジー・イノベーション〜」が行われました。いずれのプログラムも会場が狭く見えるほど参加者が溢れ、活発な議論や質疑応答が続きました。

基調講演「大学発ベンチャー37年_夢とうつつ」

基調講演「大学発ベンチャー37年_夢とうつつ」

基調講演「日本経済の展望」

基調講演「日本経済の展望」

 理工学部創立75年記念事業として設立された慶應義塾イノベーションファウンダリー(KIF)の設立記念イベントのトークセッションでは、「真に社会が求める革新的産官学連携の姿:実学(サイヤンス)実践のイノベーション拠点」をテーマに、ゲストパネリスト3名と理工学部教員5名による意見交換が行われました。
ゲストパネリスト3名(井上友二氏、村上憲郎氏、藤原洋氏)によるオープニングトークでは、ものづくりメーカー、グローバル企業、ベンチャー企業のそれぞれの視点から大学に期待していることが述べられました。またKLL所長の鈴木哲也教授は「大学とビジネスが結びつくこと。研究が製造業や産業とつながり社会貢献することが大切。これからは企業と教員の1対1の線の関係ではなく線から面へ広げていく必要がある。企業にまずは大学に来てもらい、大いに利用してもらう土壌を作っていきたい」と語りました。

 続いて、新浪剛史氏から「日本でも大学のうちに学生がチャレンジしようとする意欲を持ち、企業も新しいことをやりたい人を応援するという形を作ってほしい」というビデオメッセージがあり、ゲストパネリストからは、大学側に労働の質を高める高等教育を期待する声があがりました。大学側からは、産業界でトップを務める人材の育成プログラムとして、異なる2つの修士、1つの博士を有する人材を輩出するリーディングプログラムの紹介がありました。

 最後に、「学者は国の奴雁(どがん)なり」という福澤諭吉の言葉を引用し、これからの大学に期待される視点をまとめてセッション終了となりました。

トークセッションの登壇者

トークセッションの登壇者

トークセッションに聞き入る参加者

トークセッションに聞き入る参加者

 平行してセミナー会場では、本年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞」受賞者3名による萌芽的研究について紹介する連携技術セミナーが開かれました。特別展示では、KIFやKIFのもとで行われている代表的な研究プロジェクトや理工学部の産官学連携施設の1つである「慶應-神奈川ものづくり技術実証・評価センター」について紹介し、また、地域連携の一環として、川崎市産業振興財団、横浜企業経営支援財団からも初めてKEIO TECHNO-MALLの展示にご参加いただきました。さらに、連携相談窓口では企業やメディア、関係団体から今後の新しい産学連携の具現化とともに地域連携や国際連携を含めた多角的な連携について、様々な質問や相談が寄せられました。

研究者へのインタビュー中継

研究者へのインタビュー中継

会場でのデモンストレーション

会場でのデモンストレーション

連携相談窓口

連携相談窓口

会場の様子

会場の様子

来年は12月4日(金)に、同じ東京国際フォーラムでKEIO TECHNO-MALL 2015を開催する予定です。

撮影:竹松 明季

↑PAGE TOP