音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2014年度 > 井手真也氏(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)による人間教育講座が開催されました

ニュース一覧

井手真也氏(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)による人間教育講座が開催されました

2014/07/16 更新

 2014年6月4日、日吉キャンパスで「ハード・サイエンスがテレビ番組になるわけないじゃん!~文系vs理系・マスコミ現場の“ 冷戦”~」と題し、井手真也氏(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)による人間教育講座が開催されました。

 理工学部が主催するこの講座は、現代社会の先導者とも言える方々に、世界観、人生観、哲学を語っていただくことによって、学生が「社会の中でどう生きる か」を考えることを目的としています。当日は80人以上の学生が日吉キャンパス第4校舎J24番教室に集まりました。

 講演では、理系学部出身の井手氏が、なぜTV業界を就職先として選択したのか、また、理系テーマの番組製作で苦心したエピソードを、これまで自身が携わった番組を紹介しながら話されました。井手氏は、社会にとって理系とは首尾一貫している感覚であり、絶えず変化する社会に生きる上で、心の拠り所となると語られ、講演を締めくくりました。

 講演後の質疑応答では、文系理系という物事の捉え方について多数の質問が寄せられました。「文系理系に限らず、TVをとおして、専門性の高いテーマを伝えるのは難しいのでは?」という質問に対しては、「哲学をテーマにした番組は、確かに形にはならなかったが、それでも取り組もうという風は吹いていた。理系はそんな風すら起こらなかった。」と、現場の空気が伝わる回答がありました。「しかし、NHKは学問的な番組に取り組みやすい土台がある」ことも語られ、井手氏のハード・サイエンスの番組制作の熱意が伝わる講演となりました。

次回は秋学期に開催予定です。

井出真也氏

井出真也氏

↑PAGE TOP