音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2013年度 > 石黒浩氏(大阪大学大学院教授 ATR石黒浩特別研究室室長)による人間教育講座が開催されました

ニュース一覧

石黒浩氏(大阪大学大学院教授 ATR石黒浩特別研究室室長)による人間教育講座が開催されました

2013/05/15 更新

 2013年4月19日、日吉キャンパスで「人間理解のためのロボット研究とロボットと共生する未来社会」と題した石黒浩氏(大阪大学大学院教授 ATR石黒浩特別研究室室長)による「(第47回)人間教育講座~社会の中でどう生きるか~」が開催されました。

 理工学部が主催するこの講座は、現代社会の先導者とも言える方々に、世界観、人生観、哲学を語っていただくことによって、学生が「社会の中でどう生きるか」を考えることを目的としています。当日は350人を超える学生が日吉キャンパス第4校舎J24番教室に集まりました。

 講演では、石黒氏の研究室で作った様々なロボットの具体例を交えながら、どのような技術を用い、そしてどのような試験をして人間に似せているかを説明されました。石黒氏がアンドロイドを作る目的は「人間理解のため」であり、アンドロイドを作るために用いる「技術」や「試験」をつうじて、人間を再現するための要素を知り、「人を知る」ことができると語られました。

 また、講演後の質疑応答では、学部学年を問わず様々な質問が寄せられ、どの質問にも明確に回答されました。アンドロイドに心はあるかという質問が挙がった際には、人の心は人が持っていると思うからあるのであり、アンドロイドも同様であるとご自身の見解を話され、講演は盛況のうちに終了しました。

 次回は、村上憲郎氏(株式会社村上憲郎事務所代表取締役 Google Japan 元社長)を招き、2013年5月16日(木)18:15~19:45、日吉キャンパスJ24番教室で開催します。

石黒浩氏(大阪大学大学院教授)

石黒浩氏(大阪大学大学院教授)

会場の様子

会場の様子

撮影:井上 悟

↑PAGE TOP