音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2010年度 > 慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート(KPRI)国際シンポジウム開催

ニュース一覧

慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート(KPRI)国際シンポジウム開催

2010/11/05 更新

 10月19日(火)日吉キャンパス協生館 藤原洋記念ホールで、KPRI国際シンポジウム スペシャルセッションが開催されました。
 内閣府の最先端研究開発支援プログラムのもと、KPRIが目指す研究開発の方向性とビジョンを明らかにすることを目的として開催されたもので、産官学および一般から500名以上の参加がありました。

 清家塾長による挨拶で開会し、鳩山前内閣総理大臣の来賓祝辞、KPRI小池所長の基調講演「KPRIとしての研究開発のビジョン~Face-to-Faceコミュニケーションの世界へ~」、末松医学部長による講演「すべては患者さんのために~一身独立の基礎・臨床一体型医学・医療を目指して~」が行われました。続いて、協生館とお台場の日本科学未来館を遠隔ネットワークで繋いだ、日本科学未来館館長の毛利衛氏の講演「世界地図 400年目のイノベーション」の後、コーディネーターとして村井環境情報学部長が加わり、毛利館長と小池所長との「地球の光」と題した遠隔パネルディスカッションが行われました。
 シンポジウムのエンディングとなった3D映像デモンストレーションは、小池研究室で開発された高精細・大画面のディスプレイを使った150インチ大画面の迫力ある実演で、翌日20日の日本経済新聞に「巨大TVで高精細3D 遠隔手術にも活用、患部鮮明 — 慶大が実演、実用化急ぐ」と題して、毛利館長と小池所長が画面上で握手をしている写真とともに記事が掲載されました。

 また、来往舎の展示会場では、「ギガハウスの世界」として家のリビングが外と大画面で繋がった世界の体験が、「Road to “Giga Town”」コーナーでは小池研究室が歩んできた道とこれから進んでいく道の紹介が行われ、多くの来場者を集めました。
 大学で生まれた基礎研究の成果を社会に還元するためにも、今後のKPRIを中心とした産官学や、慶應内の学部を越えた連携での活動に大いに期待が持たれます。

清家塾長による開会挨拶

清家塾長による開会挨拶

KPRI小池所長の基調講演

KPRI小池所長の基調講演

遠隔パネルディスカッション

遠隔パネルディスカッション

スペシャルセッション会場の様子

スペシャルセッション会場の様子

展示会場の様子

展示会場の様子

↑PAGE TOP