音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2010年度 > 触覚を伝える手術支援用両腕ロボットを世界で初めて開発しました

ニュース一覧

触覚を伝える手術支援用両腕ロボットを世界で初めて開発しました

2010/08/05 更新

スレーブロボット

スレーブロボット

 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 大西公平教授、同医学部外科学 森川康英教授らの研究グループは、触覚を伝える手術支援用マスター・スレーブロボット(触覚鉗子付16自由度低侵襲性外科手術支援ロボットシステム)の開発に世界で初めて成功いたしました。
 このロボットシステムでは、医師がマスターロボットの鉗子を操作すると、患者側にあるスレーブロボットの鉗子がそっくり同じ動作をするとともに、その触覚が医師側にあるマスターロボットで忠実に再現され、医師があたかも直接触っているかのような感覚が得られます。これまで不可能とされてきた高難度手術治療への道が拓かれるほか、X線診断では発見の難しいスキルス癌等の早期発見に有効であるとされる体内触診などが可能になります。
 このような触覚を持つ手術支援ロボットは安全で高度な治療や診断に必要であり、その開発が嘱望されておりましたが、今回、慶應義塾大学は医工連携することによって、世界で初めてその開発に成功したものです。
 8月4日、新川崎タウンキャンパスにて、このロボットの公開ならびにデモンストレーションを行いました。今までも手術を支援するロボットは開発され、使用されてきましたが、これらは触覚情報を伝達することはありませんでした。触覚伝達を実現したことによって、術者が直接触っているような感覚を得られるため、より安全な手術が可能となります。また、感覚を強調することもできるため、さらに微細な手術を行うことも可能となります。
 デモンストレーションでは、実際に水風船とこんにゃくを触った時の感覚の違いや、新川崎と日吉の研究室をつないだ遠隔操作、またスレーブロボットの先でテイッュペーパーに穴をあけて微妙な力加減や特定動作の感覚を強調する技術などが示されました。

理工学部 システムデザイン工学科 大西公平教授

理工学部 システムデザイン工学科 大西公平教授

医学部 外科学 森川康英教授

医学部 外科学 森川康英教授

マスターロボを操作し、触覚の違いを体験する記者

マスターロボを操作し、触覚の違いを体験する記者

感覚強調実験の様子

感覚強調実験の様子

↑PAGE TOP