音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2009年度 > 荒井恒憲教授が不整脈治療装置の開発を推進するベンチャー企業を設立

ニュース一覧

荒井恒憲教授が不整脈治療装置の開発を推進するベンチャー企業を設立

2009/09/28 更新

 理工学部物理情報学科 荒井恒憲教授は、平成19年度よりJST(独立行政法人科学技術振興機構)から委託され、医学部循環器内科と共同研究を行ってきた研究開発課題「早期Photodynamic Therapyによる経カテーテル的心房細動治療器」において、心筋組織に対する新しい光照射による治療法「光線力学的治療(PDT)」技術を開発し、大型動物(豚)を用いた治療効果の検証に成功しました。このたび、この成果をもとに、大学発ベンチャー企業として「株式会社アライ・メッドフォトン研究所」が設立されました。

↑PAGE TOP