音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2008年度 > 「翔べ!宇宙へ!!星出彰彦君を応援する会」が開催されました

ニュース一覧

「翔べ!宇宙へ!!星出彰彦君を応援する会」が開催されました

2008/06/03 更新

 6月1日(日)早朝、矢上キャンパスでは、理工学部機械工学科卒業生で宇宙飛行士の星出彰彦(ほしであきひこ)さんが搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー号」の打ち上げに際して、「翔べ!宇宙へ!!星出彰彦君を応援する会」が開催されました。星出さんの初飛行であり、国際宇宙ステーション(ISS)への日本実験棟「きぼう」の第2便となる今回の打ち上げをインターネット中継し、理工学部の塾生・OB・教職員で応援しようというものです。

 早朝5時半という早い時間にもかかわらず、会場は約150名の関係者と多くの報道陣で埋まりました。前日に撮影された星出さんからの「矢上キャンパスに集まった皆さんへのメッセージ」が上映された後、研究室後輩の伏見光明さん、理工学部体育会ラグビー部でチームメイトだった中山智浩さん、「宇宙ソロバン」を発案した澤田教授と、作成に協力いただいたトモエそろばん(株)代表取締役の藤本トモエさん、それぞれからのスピーチがあり、6時2分打ち上げのカウントダウンを迎えました。

 轟音と共に飛び立つスペースシャトルの画像がスクリーンに映し出されると、会場は大きな歓声と拍手に包まれました。ラグビー部の現役学生やOB は、壇上で一斉に天井へ向けてボールを投げ上げて喜びを分かち合い、続いて会場全員で若き血が斉唱された後、応援指導部の学生から星出さんに向けてエールが送られました。

 その後、現地で打ち上げを見守った星出さんの指導教員である菱田教授との国際電話が会場と繋がれ、打ち上げの様子が興奮と共に伝えられました。ラグビー部の先輩として会場に駆けつけた安西塾長からも祝いの言葉が述べられ、会場が一体となって盛り上がりを見せた会は終了しました。

打ち上げの瞬間

打ち上げの瞬間

ラグビーボールを投げ上げるラグビー部員やOB

ラグビーボールを投げ上げるラグビー部員やOB

応援指導部によるエールと若き血斉唱

応援指導部によるエールと若き血斉唱

満場のマルチメディアホール

満場のマルチメディアホール

現地の菱田教授に打ち上げの様子を質問

現地の菱田教授に打ち上げの様子を質問

理工学部体育会ラグビー部OB会長でもある塾長からのスピーチ

理工学部体育会ラグビー部OB会長でもある塾長からのスピーチ

会場横では、写真展示などが行われました

会場横では、写真展示などが行われました

宇宙ソロバン試作品の展示

宇宙ソロバン試作品の展示

高橋研究室で研究中のシャトル模型も展示されました

高橋研究室で研究中のシャトル模型も展示されました

撮影:井上 悟

↑PAGE TOP