音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2007年度 > IBM Scholars Challenge Program 2007で修士1年の手島拓也君が最優秀賞を受賞しました

ニュース一覧

IBM Scholars Challenge Program 2007で修士1年の手島拓也君が最優秀賞を受賞しました

2007/12/27 更新

 日本IBMが「日本のイノベーションを担う学生の育成支援の一環」として主催する、IBM Scholars Challenge Program 2007「MashUp Contest」において、理工学研究科開放環境科学専攻 修士課程1年の手島拓也君(管理工学科 山口研究室)が最優秀賞を受賞しました。

 「MashUp(マッシュアップ)」とは、Web上に公開されている複数のサービスを組み合わせて新しいサービスを作ること。手島君は「さくっとデートにGO!!」と題して、デートプランを立てる際に欲しい情報を総合的に提供するサービスを構築し、そのアイデア、内容の充実度、インターフェースへの工夫、技術の高さなどが高く評価されました。
 

↑PAGE TOP