音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2007年度 > 川崎市立木月小学校との連携事業「ケーキ☆サイエンス」が行われています

ニュース一覧

川崎市立木月小学校との連携事業「ケーキ☆サイエンス」が行われています

2007/11/28 更新

 理工学部と川崎市立木月小学校(小林祐司校長、川崎市中原区)が提携して、子ども達に科学に関する授業を行う「ケーキ☆サイエンス」が、昨年度に引き続き行われています。「慶應義塾の慶と木月の木を併せた「慶木」が、楽しくおいしい「ケーキ」のような授業であって欲しい」という児童の願いが込められたこの特別授業は、川崎市教育委員会が実施する「特別非常勤講師配置事業-かわさき子ども夢教育:魅力ある学習活動にチャレンジする学校づくり-」に矢上川をはさんで向かい合う両校が参画して、平成17年度から行っているものです。この11月から来年2月にかけて、以下の6つのテーマによる授業が、木月小学校の3年生から6年生までの児童に対して開催されることになっています。(昨年度の授業については、下記の過去のニュースをご覧ください。)

 日程、担当教員、授業タイトル、学年および授業場所は、以下のとおりです。
 

実施日

講師

内容

場所

11月9日

戸嶋一敦 教授

身の回りにある化学の不思議(5年生)

矢上キャンパス

12月6日

鈴木哲也 教授

顕微鏡でミクロの世界はどこまで見える?(6年生)

木月小学校

12月12日

柿沼康弘 助教

コンピュータでモノづくり(4年生)

矢上キャンパス

2月13日

的場正憲 教授

大きな数と小さな数の数え方(6年生)

矢上キャンパス

2月14日

富田豊 教授

たまねぎのDNA(いでんし)を取り出してみよう(3年生)

木月小学校

2月28日

白鳥世明 准教授

電子顕微鏡でのぞくミクロの世界、ナノの世界(5年生)

矢上キャンパス

 去る11月9日、今年度の第1回となる戸嶋一敦応用化学科教授による授業が、「身の回りにある化学の不思議」をテーマに5年生を対象として行われました。この授業では、大学の化学実験室を教室にして、化学に関する様々な実験を行いました。木月小学校の児童たちは、"ドライアイスで動き続けるシーソー"や、"ペットボトルの中に作る雪の結晶"、"液体窒素で凍らせた花"を始めとする色々な実験を、目を輝かせて行っていました。  次回は、12月6日に行われる第2回、鈴木哲也 教授による「顕微鏡でミクロの世界はどこまで見える?」です。この取り組みについて、ご不明な点や取材のご希望などがありましたら、以下までご連絡ください。  慶應義塾大学理工学部学事課:  Tel: 045-566-1463 Fax: 045-566-1464  川崎市立木月小学校:  Tel: 044-433-3286 Fax: 044-411-9537  

ドライアイスをいっぱい使って雪の結晶をつくります

ドライアイスをいっぱい使って雪の結晶をつくります

細い糸にできた雪の結晶が見えますか?

細い糸にできた雪の結晶が見えますか?

紫キャベツ抽出液の色の変化を観察

紫キャベツ抽出液の色の変化を観察

他の実験中もずっと動き続ける不思議なシーソー

他の実験中もずっと動き続ける不思議なシーソー

液体窒素で凍った花は握っただけで粉々です

液体窒素で凍った花は握っただけで粉々です

↑PAGE TOP