音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2007年度 > 理工学部が「高圧ガス優良製造事業所」として神奈川県から表彰されました

ニュース一覧

理工学部が「高圧ガス優良製造事業所」として神奈川県から表彰されました

2007/07/27 更新

 この度、慶應義塾大学理工学部は、「多年にわたり高圧ガスの製造事業に精励するとともに 高圧ガスによる災害の防止に努め 公共の安全確保に尽くした」として、神奈川県安全防災局から「高圧ガス優良製造事業所」の表彰を受けました。

 1981年、工学部が物理学科と化学科を設置して理工学部へ改組する際に、「物性物理学の研究には液体ヘリウムが欠かせない」として、"液体ヘリウム製造装置"と、液体窒素を貯蔵する"CE(Cold Evaporater)タンク"を学部内に設置しました。それ以来、理工学部は大学機関としては珍しい「高圧ガス製造事業所」として、維持管理および安全確保に努めながら、実験に使用する液体ヘリウムをキャンパス内で製造しています。

表彰状と楯

表彰状と楯

液体ヘリウム製造装置の一部

液体ヘリウム製造装置の一部

液体窒素を貯蔵するCE(Cold Evaporater)タンク

液体窒素を貯蔵するCE(Cold Evaporater)タンク

↑PAGE TOP