音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2006年度 > KEIO TECHNO-MALL2006(第7回慶應科学技術展)が開催されました

ニュース一覧

KEIO TECHNO-MALL2006(第7回慶應科学技術展)が開催されました

2006/12/15 更新

 慶應義塾大学理工学部/大学院理工学研究科の研究成果を広く社会に発信し、産学連携の推進を主な目的とする、「KEIO TECHNO-MALL 2006(第7回慶應科学技術展)」(総合テーマ「RE-FOCUSING YOUR TRACKS:発想のワンダーランド」)(主催:慶應義塾先端科学技術研究センター)が、12月1日(金)、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催されました。

 7回目となる今回、57のブースと12のパネル展示が配置された会場は、様々なレベルのニーズに対応できるように、「技術展開ゾーン」と「萌芽発掘ゾーン」に分けられ、それぞれの窓口として「技術移転窓口」と「研究連携窓口」が設置されました。また、会場内に設けられた2つのセミナー会場では、20テーマに及ぶ「連携技術セミナー」が常時実施されるなど、企画面でも新たな試みがなされました。

 各ブースでは、研究成果について教員と研究室の学生によるデモンストレーションや現物展示が紹介され、来場者との積極的な質疑応答が行われていました。また、セミナー会場と関連ブースの間を人々が行き交う光景もみられ、来場者本位の新たな試みも成果を上げたようです。当日は、師走の慌ただしい時期にもかかわらず1200名を超える来場者が訪れ、年の瀬の風物詩ともいえるこのイベントは盛況のうちに幕を閉じました。

 

会場となった国際フォーラムBホール

会場となった国際フォーラムBホール

各ブースには多くの人が訪れました

各ブースには多くの人が訪れました

「連携技術セミナー」の様子

「連携技術セミナー」の様子

「技術移転窓口」と「研究連携窓口」

「技術移転窓口」と「研究連携窓口」

↑PAGE TOP