音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2005年度 > 経済産業省の「平成17年度 産学連携製造中核人材育成事業」に採択されました

ニュース一覧

経済産業省の「平成17年度 産学連携製造中核人材育成事業」に採択されました

2005/06/09 更新

 経済産業省による「平成17年度 産学連携製造中核人材育成事業」に、理工学部が中核教育機関となる「テクノフェイスプログラム-高度機械部品の開発・設計・生産能力を有する融合型人材の育成」が、先導的なモデルプロジェクトとして採択されました。

 「産学連携製造中核人材育成事業」は、産業を支える製造現場の中核人材を育成・強化し、日本の産業競争力の強化を図ることを目的として、産学連携で行なう人材育成カリキュラム開発を支援する事業です。

 今回のプロジェクトでは、以下のとおり本理工学部が中核教育機関となり、日産自動車株式会社、株式会社ミツトヨ、神奈川県産業技術総合研究所とコンソーシアムを組織し、事業を行います。

テーマ名:テクノフェイスプログラム
  -高度機械部品の開発・設計・生産能力を有する融合型人材の育成

申請者 :財団法人 慶応工学会

主たる事業実施場所(中核教育機関):
 慶應義塾大学理工学部
 日産自動車株式会社
 株式会社ミツトヨ
 神奈川県産業技術総合研究所

↑PAGE TOP