音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > ニュース一覧 > ニュース 2004年度 > 自工研が学生フォーミュラ大会で活躍

ニュース一覧

自工研が学生フォーミュラ大会で活躍

2004/09/13 更新

 自動車工学研究会(自工研)Keio-Formula.Comは、2004年8月30日~9月2日にかけて栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行われた「第2回全日本学生フォーミュラ大会」に出場しました。昨年の第一回大会では、残念ながらマシンの故障により途中リタイアしてしまいましたので、雪辱を期しての再出場です。
 この大会は、学生が1年間かけて自分達の手でフォーミュラカーを設計・製作し、競技を行います。競技内容には、動的イベント(車両の加速性能、旋回性能や耐久性を競うもの)と静的イベント(車両試作費用、設計の良否、車両販売のプレゼンテーション能力などを競うもの)があります。学生が実際にものに接し、ものを創っていくことによって、ものづくりの本質、厳しさ、面白さ、喜びなどを実感すると同時に、チーム活動などを通してチームワークを育むことを目的にしています。
 今年は、海外からの参戦チームを含め30校以上が参加して、競技が行われました。自工研のチームは、全ての動的イベントの競技種目を完走し、総合で28 チーム中14位、静的イベントのプレゼンテーション審査では4位になるなど、大いに活躍しました。来年は,是非とも優勝を目指して頑張って欲しいものです。
 詳細は、自動車工学研究会のホームページをご覧ください。

競技大会会場の風景

競技大会会場の風景

軽やかに疾走する自工研のマシン

軽やかに疾走する自工研のマシン

自工研チームのドライバーとメカニック一同(左は顧問の飯田先生)

自工研チームのドライバーとメカニック一同(左は顧問の飯田先生)

↑PAGE TOP