音声ブラウザ専用。こちらより利用者別メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学理工学部
English
サイトマップ
KEIO NAVI
受験生の方
在学生の方
卒業生の方
企業・研究者の方
YAG@MIX(学内向)
概要
学部・大学院
教育・研究
教員プロフィール
関連リンク
交通アクセス
理工学部創立75年

理工学部HOME > 学問のすゝめ > 一生懸命に考えると頭の血の巡りがよくなります。

学問のすゝめ

一生懸命に考えると頭の血の巡りがよくなります。

富田 豊 (生命情報学科教授)

光トポグラフィ装置を装着

光トポグラフィ装置を装着したところ

前頭葉の活動

(上)簡単な動作をしているときの前頭葉の活動は少ない
(下)複雑な動作をしているときの前頭葉の活動は大きい

私の研究室は生体計測をやっています。計測には電気生理的な計測もありますし、力を測ったり、長さを測ったりすることもあります。今日お話する脳の活動を測ることもあります。私たちの何気ない動きには脳はほとんど活動しません。それはそうですよね、歩くときにいちいち右足を出して、体重を右足に乗せて、右足のつま先で地面を後に蹴りながら、次に左足を出して、...なんてことを考えていたら電車に乗り遅れてしまいます。歩行はほとんど反射です。さて、皆さんは右手で3拍子、左手で2拍子を打つことができますか?ピアノを弾く人はできるでしょう。3連符を弾いている感じです。ドラムを叩く人もできるでしょう。こういう人は右手で3拍子、左手で2拍子を打っても大脳はほとんど活動しません。しかし、ピアノやドラムをやらない人は、一生懸命考えないとずれた拍子は打てません。そこで、脳の血流を頭皮の上から測る、左上の絵にある光トポグラフィという道具を使うと、前頭葉とよばれる、意思をつかさどる部位が活動していることがわかります。真中の絵を見てください。これは右手も左手も3拍子で叩いているときの活動状態です。ほとんど活動していませんね。簡単な動作だからです。しかし、右手で3拍子、左手で2拍子になると、手の動かし方を一生懸命考えるので一番下の絵にあるように前頭葉が活動してきます。でも、この運動を1週間位訓練すると慣れてしまって、前頭葉が活動しなくなります。もう歩くのと同じ反射で両手が動くようになってしまいます。ちょっと前までは、脳機能を測定するというと、脳波、脳磁図、fMRI(機能測定用磁気共鳴画像装置)、PET(陽電子放出断層装置)などしかありませんでしたが、いい計測装置ができると、もっといろいろな機能が測れるようになります。

↑PAGE TOP