Emerging 2016
94/158

開放環境科学専攻92理工学研究科要覧オープンシステムマネジメント専修The Center for Open Systems ManagementSoftware Engineering / Agent Technology / Artificial Intelligenceソフトウェア工学/エージェント技術/人工知能IIJIMA, Tadashi飯島 正人間が持っている知性、スキル、感性をエージェント技術のもとに計算モデル化することに興味を持っています。ビジネスプロセスやルールのモデリングとマイニング、避難行動シミュレーションなども研究しています。This laboratory is focused on computational modeling of human intelligence, skills, and kansei (sensing and emotional information processing) with agent technology. We are investigating about a business process and rule modeling and mining, and an evacuation simulalation, too.専任講師 Assistant Professor管理工学科Department of Administration Engineering博士(工学)Ph.D.Operations Research / Mathematical Optimization / Urban Analysisオペレーションズ・リサーチ/数理最適化/都市解析UKAI, Takamori鵜飼 孝盛組織や社会において生じる課題に対する解決策を提供することを目指しています。諸問題を数学的にモデル化し、ORの手法を用いてより良い方策を探っています。最近は、特に地域における医療の供給体制に関して興味があります。We aim to provide solutions for problems in an organization and a society. We formulate mathematical model for these problems, and investigate better policies by using operations research. Recently, we are interested in regional medical providing system.助教(有期)Research Associate(Non-tenured)管理工学科Department of Administration Engineering博士(工学)Ph.D.Human Factors / Ergonomic Design / Human Error Managementヒューマンファクターズ/人間工学/ヒューマンエラー・マネジメントOKADA, Yusaku岡田 有策安全管理に関するヒューマンファクダーズに関する次のような研究を行っています。ヒューマンエラーの誘因となるPSFを抽出・分析することによって、ヒューマンエラーの発生可能性を低減させる策の提案を図ります。また、組織における安全管理体制を評価し、安全活動を円滑にするためのマネジメント支援も行っています。This laboratory is focused on human factors engineering. Especially, we have studied the strategic method to increase human reliability. 1) Propose the effective countermeasures to reduce human error by analyzing performance shaping factors (PSFs) that can be the causes of human error incidents. 2) Support the safety management in the organizations to enhance the safety activities from the view point of users centered design.教授Professor管理工学科Department of Administration Engineering博士(工学)Ph.D.Industrial Engineering / Production System Design / Engineering Economyインダストリアル・エンジニアリング/生産管理/経済性工学INADA, Shuhei稲田 周平様々な仕事のシステムを設計・改善するための基礎理論である“IE(Industrial Engineering)”や、将来の製造投資に関して方策を金銭的な面から評価してより良い案を見出すための理論となる“経済性工学”に基づいて研究を進めています。This laboratory is focused on problem solving associated with production systems, optimization of production processes from an economic standpoint, investment theory for economically producing a product, analysis methods used in product design to improve productivity, and make-or-buy decision problems.准教授Associate Professor管理工学科Department of Administration Engineering博士(工学)Ph.D.Operations Research/Mathematical Modeling/Decision Makingオペレーションズ・リサーチ/数学モデル/最適化理論OZAWA, Masanori小澤 正典意思決定問題とスケジューリングの問題について主に扱っているが、意思決定の問題では、AHPとANPの持つ性質を明らかにすることをめざしている。また、スケジューリングの問題では、確率的な需要を持つ最適化問題の近似解法について研究している。This laboratory focuses on decision making methods, scheduling problems, and logistics problems of manufacturing systems. The recent interests are characterization of analytical hierarchy process (AHP), analytical network process (ANP) on group decision making, and finding a heuristic method for solving a scheduling problem with stochastic demands.専任講師 Assistant Professor管理工学科Department of Administration Engineering工学博士Ph.D.Financial Engineering / Monte Carlo method / Real Option Analysis金融工学/モンテカルロ法/リアルオプション分析IMAI, Junichi今井 潤一複雑な金融デリバティブの評価やそのリスク管理に用いられる計算手法、特にモンテカルロ法や準モンテカルロ法の効率化の研究を行っています。また、オプションの考え方を企業や個人の意思決定に応用したリアルオプション分析の研究も行っています。We focus on developing efficient computational methods in finance, especially Monte Carlo and quasi-Monte Carlo methods. These methods are used to price complex financial derivatives and to control financial risk. We are also interested in the real option approach that helps management obtain the optimal investment decisions under uncertainty.教授Professor管理工学科Department of Administration Engineering博士(工学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 94

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です