Emerging 2016
89/158

開放環境科学専攻開放環境科学専攻87Communication Robot/Human-Robot Interactionコミュニケーションロボット/ヒューマンロボットインタラクションIMAI, Michita今井 倫太コミュニケーションロボットの研究に従事。道案内や宣伝、介護、警備ロボットに必要となる音声対話機能の研究や、ロボットの知覚機能の観点から、人とロボットのコミュニケーションに関して研究を行っている。技術的な側面だけでなく、ロボットの社会性や、人間の心理状態への影響を加味して、実証実験も行っている。This laboratory focuses on communication mechanisms for a robot, with current investigations being aimed at the development of a speech dialogue system and recognition mechanism for a route guide robot, advertisement robot, caretaker/guard robot. The sociality of the robot and the psychological state of a human is also significant theme in the laboratory.教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(工学)Ph.D Cognitive Linguistics / Corpus Linguistics / Lexical Semantics / Construction Grammar認知言語学/コーパス言語学/語彙意味論/構文理論OHARA, Kyoko Hirose小原 京子人間の持つ言葉の知識とはどのようなものだろうか。コンピュータはどこまで人間の言葉を理解できるのだろうか。コンピュータにとって理解しにくい表現は、ネイティブスピーカーでないと理解しにくいものが多いが、それはなぜなのか。コンピュータという切り口から人間の言葉を見ることで自然言語の本質が見えてくる。This laboratory focuses on study of human language. Work is in progress on the Japanese FrameNet Project to build an online Japanese language database which classifies Japanese words and constructions according to cognitive frames that underlie them. The Japanese FrameNet database contains semantically annotated example sentences taken from electronic corpora and are useful for humans and for various natural language processing applications.教授Professor外国語・総合教育教室Department of Foreign Languages and Liberal ArtsPh.D. Ph.D.情報工学専修The Center for Information and Computer ScienceApplication oriented Networking / Distributed Network Systemsアプリケーション指向ネットワーキング/分散型ネットワークシステムKANEKO, Kunitake金子 晋丈最先端の情報通信技術を寄せ集めても次世代のアプリケーションやシステムを構築することはできない。アプリケーションの視点から要求事項を解きほぐし、先進的なネットワーク技術と分散処理技術により問題を解決して、具現化を図っている。特に大容量化するコンテンツやメディアアプリケーションに注目し研究を進めている。If we lose application viewpoints, even the latest technologies cannot work for a promising application. Aiming at highly information-oriented society, our laboratory investigates the technical requirements from application perspective, develops new applications and systems using cutting-edge networking and distributed computing technologies, and evaluates them with global application communities for the further improvements. We are focusing on high quality media applications with the large number of large files over the world.専任講師Assistant Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(情報理工学)Ph.D.Computer Architecture/Parallel Processing/Reconfigurable Systems計算機アーキテクチャ/並列処理/再構成可能型システムAMANO, Hideharu天野 英晴PCを接続したクラスタコンピュータ、1チップ上のオンチップマルチプロセッサ、動的に構造を変えていくアーキテクチャ、新しい接続法など新しいコンピュータアーキテクチャについて広く研究しています。シミュレーションだけでなく、実際にLSIチップやボードを作成して、システムを構築して検証するのが特徴です。This laboratory is focused on new computer techniques including PC clusters, one-chip multiprocessors, dynamic reconfigurable computers, and novel interconnection networks. Research includes development of real prototype systems with original LSI chips.教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science工学博士Ph.D.Wireless Communications / Monitoring and Security / Communication Theory / Medical Engineering無線通信/見守り・セキュリティ/通信理論/医用工学OTSUKI, Tomoaki大槻 知明高品質で自由度の高い無線通信の実現に必要な各種要素技術(通信理論、時空間信号処理、符号理論等)について研究しています。また、カメラを用いずに人の状態・行動を検出できる新しいセンサなど、見守り・セキュリティについても研究しています。TwitterやHP、ブログなどのソーシャルの研究もしています。This laboratory focuses on fundamental techniques to realize wireless communications with high-quality and high-degree of freedom, such as communication theory, space-time signal processing, coding theory and so on. Sensors that can detect human state and its movement without camera, applicable to monitoring and security, are also current research topics. We are also ding reserach on social network analysis, such as Twitter, HP, and Blog.教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(工学)Ph.D.System Software / Operating Systems / Software Reliability システムソフトウェア/オペレーティングシステム/ソフトウェア信頼性KONO, Kenji河野 健二現在のインターネット環境は、不正攻撃やシステムの突然の停止といった脅威にさらされており、社会的インフラとしてはまだまだ脆弱である。オペレーティングシステム、仮想化技術、Linux 等の大規模ソフトウエアのバグ解析などを武器に、安全で安心して利用できる信頼性の高いインターネット環境の実現を目指している。Today's Internet environment is too fragile to be a real social infrastructure we can rely on, considering the fact that Internet services are exposed to the menace of unexpected failures. To establish a software technology to make the Internet safer and more secure, our research group has worked on designing and development of operating systems, middleware, and programming language systems. 教授Professor情報工学科Department of Information and Computer Science博士(理学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 89

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です