Emerging 2016
88/158

開放環境科学専攻86理工学研究科要覧●情報工学専修人間社会において、情報はエネルギー、物質と並んで大きな位置を占めています。情報は人間と人間、人間と自然、人間と機械、機械と機械を結んでいます。こうした結び目の役割を円滑にするための基盤技術である情報工学なくして社会基盤を形成することはできません。本専修では、コンピュータサイエンス、情報通信ネットワーク、インタラクティブメディア、という3つの分野から、新たな情報工学技術の構築を目指した研究を行い、産業界・アカデミアにおいて人間を中心としたデジタル情報社会基盤の創造に貢献できる人材を養成します。Information is considered to be one of the most important entities in our lives, as much as energy and material. Information helps to relate nature to humans, human to human contact, and the machine to human and machine to machine interface. ICT is the fundamental technology that achieves such excellent relations for social infrastructure. By promoting researches for establishing new ICT from three different field, computer science, information communication networks, and interactive media, members of the Center for Information and Computer Science is promoting researches train talented persons who contribute to emerging a human-centered digital information society in both industry and academia.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 88

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です