Emerging 2016
75/158

開放環境科学専攻開放環境科学専攻73開放環境科学専攻の概要と特色Open your mind to human-beings.Overview of the School of Science for Open and Environmental Systemこうした開放系に取り組む研究環境が整いつつあります。たとえばコンピュータ・シミュレーション技術の発達です。可能世界(現実化していないが可能な世界)の探求、つまり真の世界ではけっして実験できない大規模な現象あるいは一回性の現象をコンピュータを使って模擬実験することが可能になってきました。従来は無視され捨象されてきた不確定要素(変数)の多い膨大な演算も可能です。あるいは人工生命、遺伝アルゴリズム、ニューラルネットワークなど、時々刻々の相互作用の変化に即応して、新しいシステムを自己組織化していくメカニズムの研究も盛んになっています。これらの探求を一層精力的に進めることによって、たとえば生命あるいは人間社会について、21世紀での科学的な理解と工学的な取り組みの可能性がさらに開かれるものと期待されます。A research environment to come to grips with the open systems described above is being organized. One example is seen in the development of computer simulation technology. It has become possible to probe virtual reality (a realm that is not yet real but can be so). In other words, simulating a large-scale or transient phenomenon that does not lend itself to experimentation has become possible with the aid of a computer. Computation with enormous numbers encompassing many uncertain elements (variables) that have been ignored or abstracted has now become possible. Active studies are being conducted on mechanisms that incorporate new systems in response to constant changes in mutual actions (e.g., artificial life, genetic algorithms, and neural networks). By pursuing researches in these areas more energetically, one may expect that the possibilities for scientific understanding and technological progress for the living and human society will be further strengthened. 急速に整いつつある研究環境開放系の科学に関して私たちが現在手にしているのは、ジグソーパズルの限られたピースに過ぎません。一方でパズルの完成、つまりオルタナティブとしての新しい科学的方法論の開発に取り組む必要があります。しかしもう一方では、完璧ではないにしてもいま手元にある材料で、目前の課題の解決も急がねばなりません。このため開放環境科学専攻では、空間、都市、資源、エネルギー、環境、情報ネットワーク、社会組織など、幅広い分野にわたって、現実世界の具体的な問題について考究する科目を設けています。同時に社会基盤システムの構築に資する新しい方法として、問題空間の探索や現象学的解析、システムに自律性や不測の事態への適応能力などを具備するデザインの実例を豊富に紹介し、新たな学問的基盤の充実に注力します。What we have on hand in the field of open system science is only a piece of a huge jigsaw puzzle. Yet there is an urgent need to complete the puzzle-or initiate the development of a new scientific methodology as an alternative to the current approach. On the other hand, there is a need to solve current problems by using the available materials (though they may not be complete). The discipline of environmental science offers subsections to investigate specific problems in wide areas of the real world (such as space, the urban environment, resources, energy, ecology, information networks, and societal structures). For a new methodology to contribute to the construction of a societal basis, ample examples of searching for problem spaces, phenomenological analysis, and designs that can control a system or adapt to unexpected developments are offered and efforts are underway to substantiate this new academic basis.現実世界の課題解決に資する科学技術をめざして

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 75

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です