Emerging 2016
72/158

総合デザイン工学専攻70理工学研究科要覧Inorganic Materials Chemistry / Electroceramics / Ferroelectrics無機材料化学/ 電子セラミックス/ 強誘電体HAGIWARA, Manabu萩原 学電子セラミックスが示す物性はその結晶構造や微細構造によって大きく変化します。わたしたちは、とくにセラミックスの誘電性・強誘電性・圧電性・光応答性に着目し、これらの物性と結晶構造との関係を明らかにする基礎的な研究から、セラミックスの形状・形態・微細構造を制御した機能材料の合成と評価までの幅広い研究を行ない、結晶構造と微細構造がともにデザインされた新たな電子デバイス用材料の開発を目指します。This laboratory aims to develop novel functional materials utilizing dielectric, ferroelectric, piezoelectric, and optical properties of electroceramics through understanding of relationships between these properties and crystal and electrical structures of ceramics. Topics of our research also include fabrication and characterization of microstructured ceramic materials with enhanced electrical and optical functions.助教Research Associate応用化学科Department of Applied Chemistry博士(工学)Ph.D.Electrochemistry / Ionic Liquid / Metal nanoparticles / Energy devices電気化学/イオン液体/金属ナノ粒子/エネルギーデバイスYOSHII, Kazuki吉井 一記イオン液体を用いた電気化学や、金属ナノ粒子などの材料創製に関する研究に取り組んでいます。イオン液体が持つ特異な性質をうまく利用し、エネルギーデバイスや機能性材料創製に応用することを目的としています。また、電気化学的な応用を目指した新規なイオン液体の設計・合成・物理化学的性質の評価も行っています。This laboratory is focused on the application of room temperature ionic liquid by using electrochemical techniques. Base on the unique properties of room temperature ionic liquid, we apply them to fabrication of energy storage devices and functional materials.助教(有期)Research Associate(Non-tenured)応用化学科Department of Applied Chemistry博士(工学)Ph.D.Inorganic Nanosheet / Photochromism / Electronic Property無機ナノシート/フォトクロミズム/電子物性YAMAMOTO, Takashi山本 崇史半導体性や強磁性などの特性を示す無機ナノシートをビルディングブロックとした積層構造体の電子物性を光制御することに取り組んでいます。特に、ウェットプロセスを適用することによって、積層シークエンスに依存した新奇機能の発現を目指しています。また、フォトクロミズムを利用した、無機−有機ヘテロ界面の物性制御も行っています。My research project is to develop a multilayered system composed of an inorganic nanosheet, in which electronic properties can be controlled upon photoirradiation. Also, an inorganic–organic hetero-interface is fabricated whose property can be induced by photochromism.専任講師Assistant Professor化学科Department of Chemistry博士(理学)Ph.D.Inorganic Structural Science / Functional Ceramics / Smart Materials無機構造科学/機能性セラミックス/スマートマテリアルFUJIHARA, Shinobu藤原 忍金属酸化物や水酸化物などの無機固体物質は、その結晶構造と化学結合の多様性によりさまざまな機能物性を示します。ミクロ・マクロな形状・形態・微細構造制御を行うことでこれらの物質を材料化し、発光デバイス、光起電力デバイス、センサーデバイス等へ応用することを目指しています。また、新たな電子活性機能・光学活性機能を有する機能性有機・無機ナノハイブリッド材料を設計するとともに、それらの合成プロセス技術を開発しています。This laboratory focuses on nanostructured metal oxide, hydroxide, and inorganic-organic hybrid materials prepared using chemical solution methods so as to develop functional ceramics and smart materials with various electronic, optical and photonic functions. Also studied are their practical applications to phosphors, luminescence sensors, and electrodes of photovoltaic devices.教授Professor応用化学科Department of Applied Chemistry博士(工学)Ph.D.マテリアルデザイン科学専修The Center for Material Design Sciencepolymer / refractive-index / ray tracing高分子/屈折率分布/光線追跡NIHEI, Eisuke二瓶 栄輔本研究室では、屈折率分布型光学素子や、発光材料の実現を目指しています。まずポリマー材料や無機材料からなる新規材料を合成し評価します。続いて得られた結果に基づいて新たな光制御素子の設計、特性シミュレーション、作製を行っています。This laboratory focuses on developing new refractive-index distribution-type optical elements and optoelectronic devices. Research includes evaluation of physical properties of optical materials consisting of polymer/organic materials, and design of a new light control element, characteristic simulation, and production based on obtained results.専任講師Assistant Professor物理情報工学科Department of Applied Physics and Physico-informatics工学博士Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 72

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です