Emerging 2016
52/158

総合デザイン工学専攻50理工学研究科要覧総合デザイン工学専攻総合デザイン工学専攻「デザイン」とは、人間の創造力、構想力、実行力をもって、生活、産業、環境に働きかけ、それらの改善を図る営みを指します。すなわち、人間のクオリティ・オブ・ライフの向上という目的のもとに、創造力と構想力を駆使して、私たちの周囲に働きかけ、諸要素を意図的に調整・適合する行為を総称して「デザイン」と呼ぶことができます。これまでのサイエンス指向の理工学ではデザインをえてして軽視する傾向がありましたが、テクノロジーの観点から見れば、まさにこのデザインこそが工学的営みの本質であり、原点であると言えます。本専攻ではこうした認識に基づいて、具体的な「ものつくり」に取り組む姿勢を重視し、創造性が要求され、構成要素を統合してより優れたデザインのartifact(人工物)を開発する科学技術の諸分野を、1つの領域として総合しています。Design is a process whereby the human powers of creativity, conception and action are used to improve life, industry and nature. It is a generic term for activities involving the use of imagination and creativity to improve the quality of human life by modifying our surroundings and deliberately adapting various factors as an integrated whole. There has been a tendency to down play the role of design because of the emphasis on science in engineering fields. From the viewpoint of technology, however, design is the soul and basis of engineering. Our new school builds on this perspective. We focus on specific approaches to the creation of products by bringing together, into a single area of specialization, the various fields of science and technology that are involved in the development of well-designed products through creativity and the integration of components.新時代のキーワードとしてのDESIGNーデザインーそれは工学の本質21世紀の科学技術には、機能性や利便性を満たしていると同時に、地球環境に対する危険性、あるいはリサイクルの容易さといった点でのデザインの卓越性がますます求められてくるでしょう。20世紀の科学技術に不備だった点はまさにこの点です。科学技術というサブシステムを、エコシステムというトータルシステムにうまく接合できず、地球環境問題、人口過剰、資源枯渇などを起こしてしまったと言えるのです。21世紀の科学技術には、ともすればアドホックな現行の要素技術を、より広いコンテクストにおいて位置づけし直して、よりジェネリックな工学システムへと最適化し、生活や産業、国際社会あるいは文明のあり方を結ぶ、「重要な絆」となる役割がますます期待されているのです。産業社会ではともすれば生産性・経済性優先の中で科学技術本来の重要性が見失われがちなだけに、大学がそのあり方を提案し先導する意義は深いと考えています。In the 21st century it will be increasingly important to link science and technology with excellence in design. The quality of design will be measured not only in terms of functionality and ease of use, but also on the basis of environmental considerations, including the degree of impact on the global environment, and ease of recycling. Such considerations were not adequately addressed by the science and technology of the 20th century. Science and technology as a subsystem were not properly integrated into the ecosystem as the supra-system, leading to global environmental problems, over-population and resource depletion. The science and technology of the 21st century must reposition existing disparate technological elements within a broader context, and optimize those elements into a more generic engineering system that integrates life, industry, the international community and civilization itself. The fundamental importance of science and technology is waning in a socio-industrial context that places priority on productivity and economic performance. It is therefore significant that a university has taken the initiative in defining the role of science and technology. ジェネリックな工学システムの開発の必要性Design -The Keyword for a New Era

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 52

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です