Emerging 2016
45/158

43基礎理工学専攻基礎理工学専攻生物化学専修The Center for Chemical BiologyPolymer science / Biomaterials / Hybrid materials高分子化学/バイオマテリアル/ハイブリッドマテリアルFUKUI, Yuuka福井 有香生物のナノテクノロジーから学んだ、高分子ナノマテリアル(ナノ粒子、ナノカプセル)の開発、および薬物送達システムや再生医療への応用を目指しています。また有機物と無機物の特性を併せ持つ、ナノハイブリッドマテリアルの創製およびポリマー薄膜やバイオマテリアルへの応用を行っています。We focus on design and synthesis of polymeric nanomaterials(nanoparticle, nanocapsule) inspired from biological systems to aim for applications in drug delivery system and tissue engineering. Current research also includes development of organic-inorganic nano-hybrid materials possessing novel functionalities.助教Research Associate応用化学科Department of Applied Chemistry博士(工学)Ph.D.Synthetic Organic Chemistry / Natural Product Synthesis / Bioorganic Chemistry有機合成化学/天然物合成/生物有機化学INUKI, Shinsuke井貫 晋輔有機合成化学、天然物合成を基盤として、分子レベルで生命現象の解明することを目指し研究を行っている。特に生体防御を担う機能である、自然免疫機構、また自然免疫と獲得免疫の連携機構を中心に、鍵分子となる小分子化合物を合成し、それらを用いた免疫機構の解析、制御に取り組んでいる。The major research project is the elucidation of life phenomena at the molecular level, on the basis of synthetic organic chemistry and natural product synthesis. In particular, our laboratory focuses on the functional analysis and the modulation of the innate immune system and also of the correlation between the innate- and acquired immune system, by utilizing synthesized key molecules.助教Research Associate化学科Department of Chemistry博士(薬学)Ph.D.Natural Products Chemistry / Structure Determination / Chemical Biology天然物化学/構造決定/ケミカルバイオロジーIWASAKI, Arihiro岩﨑 有紘医薬品や生化学試薬のリード化合物となる物質の発見を目的に、海洋生物に含まれる有用な生物活性物質の探索研究を行っています。単離した化合物は分光学的手法や有機合成的手法によって構造を決定します。構造を決定した化合物はケミカルバイオロジー的手法を駆使し、その作用機序を解明します。Our research focuses on useful marine bioactive substances applicable to drugs and biochemical reagents. We seek to isolate such compounds from marine organisms and elucidate the structures of them by spectroscopic and organic synthetic methods. Elucidation of the mode-of-action of these compounds are also carried out using chemical biology approaches.助教(有期)Research Associate(Non-tenured)化学科Department of Chemistry博士(理学)Ph.D.Chemical biology/Bio-functional molecules/Chemical probesケミカルバイオロジー/生体機能分子/ケミカルプローブTAKAHASHI, Daisuke高橋 大介ケミカルバイオロジーとは、有機低分子を利用し生命現象を解明する新しい研究分野であり、本分野では、生体高分子(核酸、蛋白、糖鎖)と特異的に結合し、かつ生理活性を発現する生体機能分子が必要となります。そこで本研究室では、新たな人工生体機能分子のデザインと合成、さらには細胞内機能評価を行っています。We focus on molecular design, chemical synthesis of bio-functional molecules (chemical probes), and chemical biological study utilizing artificial chemical probes.准教授Associate Professor応用化学科Department of Applied Chemistry博士(工学)Ph.D.Glycobiology / Cell biology / Molecular target therapy糖鎖生物学/細胞生物学/分子標的治療NIWA, Yuki丹羽 祐貴糖鎖は、多くのタンパク質に結合することで、様々な機能を制御することが知られている。我々は、癌などの疾患に関与するとされるタンパク質の糖鎖修飾に着目し、糖鎖修飾がタンパク質の機能に与える影響の検討を行っている。さらにこれらの結果を基に、糖鎖修飾が分子標的治療のターゲットになり得るかを検討している。We focus on protein glycosylation that regulates various functions in many proteins. We analyze roles of glycosylation on protein functions, which related to diseases such as cancer. Furthermore, from the basis of our results, we consider whether or not glycosylation is the target for cancer therapy.助教(有期)Research Associate(Non-tenured)応用化学科Department of Applied Chemistry博士(理学)Ph.D.Medicinal chemistry / Drug design / Antibiotics創薬化学/ドラッグデザイン/抗生物質TAKAHASHI, Yoshiaki高橋 良昭微生物化学研究所創薬化学研究部では抗生物質(アミノ配糖体、マクロライド、リポヌクレオシド、リポペプチドなど)の標的細菌に対する抗菌活性向上を目的に作用機序や耐性機構に基づいたドラッグデザインを行い、合成して得られた化合物群の構造と活性の相関を研究し、医薬品や動物薬の候補化合物の探索を行っている。At the Institute of Microbial Chemistry, Laboratory of Medicinal Chemistry, we focus on drug design, synthesis, and structure-activity relationship (SAR) studies of antibiotics (aminoglycosides, macrolides, lipopeptides, liponucleosides, and others) in order to obtain a candidate for a medicine contributing to human or animal health.客員教授(非常勤)Guest Professor(Part-time)応用化学科Department of Applied Chemistry博士(工学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 45

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です