Emerging 2016
31/158

29基礎理工学専攻基礎理工学専攻物理学専修The Center for PhysicsSpintronics / Magnonics / Magnetismスピントロニクス/マグノニクス/磁性物理学SEKIGUCHI, Koji関口 康爾強磁性体では電子系のスピン自由度が偏極しており、相対論と量子論の間の子であるスピンが主役となります。超微細加工技術によるナノ磁性構造作製、高周波・極低温実験などの手法を駆使して、固体中の電子スピンが、素励起マグノン・フォノンなどと織りなす多彩な物理現象を実験的に研究しています。We study novel spin dynamics in nano-scaled magnets. Utilizing the ultrafine-patterning technique and RF measurements, we seek the novel interaction between electron-spin and magnon/phonon.専任講師Assistant Professor物理学科Department of Physics博士(理学)Ph.D.Theoretical Physics / General relativity / Quantum information理論物理学/一般相対性理論/量子情報KOIKE, Tatsuhiko古池 達彦一般相対性理論:重力崩壊やブラックホール、時空特異点などの重力により生じる現象および対象を、主に因果構造の方法、位相幾何、微分幾何等の数理的な方法を用いて研究している。量子情報・計算理論:計算アルゴリズムの最適性を量子状態空間などにおける幾何学として理解する。General relativity: Grativational phenomena and objects including gravitational collapse, black holes and space-time singularities by mathematical methods based on causal structure, topology and differential geometry. Quantum information/computation theory: Toward understanding of the optimality of computation algorithms as geometry of the quantum state space and other spaces.専任講師Assistant Professor物理学科Department of Physics博士(理学)Ph.D.Solid state spectroscopy / Functional nanomaterials / Low-dimensional semiconductors光物性物理学/機能性ナノ材料/低次元半導体OKANO, Makoto岡野 真人電子の運動を制御したナノ物質においては、通常の物質とは大きく異なる物性が発現することが知られています。低次元半導体や機能性ナノ材料などの特色あるナノ物質に潜んだ新奇な光物性や光機能を、最先端の分光技術を駆使して明らかにするとともに、それらを利用した新しい光デバイスの開拓を目指しています。Our research interest is to understand the optical properties and functionalities of unique nanomaterials such as low-dimensional semiconductors and nanoparticles by means of advanced space- and time-resolved spectroscopy. Through the studies on the nanomaterials photonics, we aim to develop novel optoelectronic devices.専任講師Assistant Professor物理学科Department of Physics博士(理学)Ph.D.Biophysics / protein structural analysis / molecular simulation生物物理学/蛋白質構造解析/分子シミュレーションOROGUCHI, Tomotaka苙口 友隆溶液中では蛋白質は軟らかく揺らいでおり、蛋白質機能にはこの軟らかさが重要である。溶液散乱等の実験と、分子動力学シミュレーションや溶液理論を用いた計算を併用することで、蛋白質の軟らかさと機能の関係を原子レベルで探る研究を行っている。Information on protein dynamics in solution is crucial to understand protein functions. We study the relationship between the protein dynamics and functions in atomic detail by the combination of experiments such as solution scattering, and computations using molecular dynamics simulation and molecular liquid theory.専任講師Assistant Professor物理学科Department of Physics博士(理学)Ph.D.Laser Physics / Atomic and Molecular Physics / Quantum Electronicsレーザー物理学/原子分子物理学/量子エレクトロニクスHASEGAWA, Taro長谷川 太郎1.イオントラップでのレーザー冷却2.レーザー冷却に使用するレーザー装置の開発3.光コム発生器を利用した分光1. Laser cooling in ion traps2. Development of lasers for the laser cooling experiments3. Spectroscopy with the optical frequency comb generator専任講師Assistant Professor物理学科Department of Physics博士(理学)Ph.D.Liquids / Polymers / High Pressure液体/高分子/高圧力CHIBA, Ayano千葉 文野単体から高分子系まで、物質の新しい構造を実験によって探索しています。主として液体やガラスを扱い、原子スケールからナノスケールまでの構造を研究しています。その構造や相転移の背後にある物理の解明を目指すと同時に、応用展開を考えています。特に圧力効果に注目しています。We study materials ranging from elemental to polymer systems and look for new structures particularly in disordered systems. We aim to find physics and basis behind the new structural transitions and we also set out to develop industrial applications. Our main experimental method is structural analysis of disordered systems under pressure.専任講師Assistant Professor物理学科Department of Physics博士(理学)Ph.D.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です